2017年03月16日

大学中退を決めたときの兄ちゃん

「やりたいことがやっとわかった」のだと言い、大学3年の夏休み明けに退学の決意をしたお気ラク兄ちゃんは、その秋についに大学を中退した。

  なんでこの勉強を今しているのかわからなかった。
  大学や学部の選び方を間違えた。
  楽しくなかった。
  オレの努力が足りなかったことが原因なんだ。わかっている。わかってるんだよ。
  だけどね。つまらなくてしょうがないんだよ。
  オレもう無理だよ。
  それに、やりたいことがはっきりわかったんだよ。
  ずっと考えてた。
  母さん、オレはネットゲームばっかやってると思ってるでしょ。
  一応、いろいろ考えてるんだよ。
  わからなかったと思うけどさあ。


実際、わからなかった。サイテイの親である。この親のもとにいる子は気の毒だ。
 
…一体これまでアンタにいくらのお金を払ったと思ってるんだいと、まずは思ってしまう心が貧しいアタシ。

しかしながら、その「やりたいこと」を聞いてみれば、ナント、お気ラク兄ちゃんが中学生だった頃に言っていた、将来就きたい職業そのものだったのだよ。

今まで大学に払ったお金でに乗って世界1周できたんじゃない? とか、だったら1000杯たべられたでしょ? とか、みみっちいことがアタシの頭に浮かぶのを無理に振り払って、冷静につとめて考えてみた。


そう、お気ラク兄ちゃんが引きこもって真っ白になって痩せこけていた高校時代を思い出すんだ。

体を壊すことなく生きていてくれて、就きたい職業が明確にわかったんだよ。

年月がかかったけど、いいじゃないか!

貧乏しているけど、いいじゃないか!(これは実際問題、重くのしかかるのだが

お気ラク兄ちゃんの紆余曲折の人生を振り返ってみれば、こんなに若いうちにやりたいことがみつかるなんて夢にも思えなかった。ちゃんと目的に向かって歩き出したいと言ってるんだよ。


いやあ良かった良かった、と、人のいい酔っぱらいオヤジのように連呼しながらうまいビールを飲みまくったことを記憶している。

ヒミツだが、アタシなんて、どんな職業に就きたいかって今ごろになってやっとわかったくらいのバカ親だし


専門学校に入学して、もう1年たとうとしている。

高校を卒業したての生徒ばかりかと思ったら、お気ラク兄ちゃんと同じ年頃やハタチすぎの生徒さんもたくさんいるということ。

そんな中で、過去の自分を隠さず、まんまの姿の自分に友達ができた、毎日学校に行くのが楽しい、授業がおもしろい、と語る。

なんとうれしいことだろうか


アタシから言いことはゴマンとある。

ネットゲームをやめんかい(やかましい)、

就活をもっと熱心にせんかい(自分のためだろ)

靴下は脱ぎ捨てるな(くさいでしょ)

シャワーは1日1回以下にしなさい(水道代払え)

部屋の掃除をせんかい(ホコリが廊下にでてくるじゃん)

ドアは静かに閉めんかい(うるさい)

後略


お気ラク兄ちゃんからアタシに言いたいこともゴマンとあるんだろうなあ。









【関連する記事】
posted by コダックもどき2号 at 23:20| Comment(4) | 兄大2、ちび高1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする