2009年03月18日

お気ラクの失恋と中学最後の成績表

先日、卒業式のほんの少し前だったと思うけど、うちのお気ラク兄ちゃんがどえらく疲れて、不機嫌で帰ってきたことがあったんだ。

おかえりーわーい(嬉しい顔)と声をかけると、いつもならぶっきらぼうに返事をするのに、その日はなんだか違った。

おれは今ショックで何もできないんだ。
うーーー。話しかけないでよっ。
そう言って、洗面所に直行してアタマから水をかけた。
そして、昼ごはんも食べずに布団にもぐりこんじゃったのよ。

どうしたの?と問いかけても返事をしない。
大丈夫?と聞くと、
大丈夫だけど大丈夫じゃねーんだよっ。
ほっといてくれよー!



そして、お稽古日を楽しみにして頑張っているダンスも「そんな気分になれないんだよバッド(下向き矢印)」と休んでしまった・・・。
その日は夕食も摂らずじまいだったなあふらふら


それから数日、食欲なく元気なく登校してはまっすぐ帰宅。

そして迎えた義務教育の卒業式の日。

お気ラクはいつにもまして長く洗面所を占領し、私はというと、事前にお気ラクに見せて承認を受けた服を着る。
たまにだから化粧をきちんとしてみたし、ドライヤーも使った手(チョキ)

関係ないけど、つい数日まえに見かけた時には金髪でタバコを吸っていたNくんもきれいに黒髪に染め替えていたなあわーい(嬉しい顔)

万事滞りない授与式のあとは、とにかく長い来賓の祝辞(来賓さん、ごめん。だってトイレを我慢していたんだもん)。
そして見事な合唱にほろり(;_;)。

先生方と中学生最後の会話をお礼の言葉でしめくくり、友達と写真をとりまくり、15メートル離れて歩く帰路では、手をつないで小学校に入学した日を思い出した。


卒業お祝いで恒例の焼肉を食べて、ビデオを見ていると、垢抜けた女子の授与風景のところで、お気ラクが口を開いたんだ。

オレさあ、この子にコクったけど、ふられたんだよ・・・




・・・そっかー・・・(´д`)。




・・・そうなんだよ・・・(´д`)。




なんとなくそう思ってた。

かわいそうだったな。

でも、勇気を出せたんだよね。
次の高校ではカノジョみつかるよ、きっとさ。

中学校生活の最後の最後の時期。
二度と来る事のない季節。
フラれたのは悲しかったけど、色々な事に気付けて成長できて、本当によかったね。

君の人生は、まだまだこれからなんだよ(*^_^*)。




って、感慨にふけるのはここまで。



さて、本日最後に、ほぼ恒例のコダもどの大爆発。

最後に頂戴した通知表の成績。

受験前に出された内申点から、合計でも上がっていましたたらーっ(汗)

念のためもう一度書くけど、下がっていたんじゃなくて上がっていたんだよ。

おっせーんだよ(=`(∞)´=) フンッ。

なんでこうなんだろ・・・┐( -"-)┌ヤレヤレ...。
posted by コダックもどき2号 at 23:50| Comment(17) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

兄ちゃんがマジに取り組むヤバいこと

さてさて、しばらく更新ができない間に、さまざまなブログネタ(=よく言えば育児日記ともいえるか!?)を提供してくれたうちのお気ラク兄ちゃん。

念のため、お気ラクくんは今、中学生とも高校生とも言えない微妙な位置づけの15歳だ。

寝込んでいる間に、そういえば書いていなかった事・そのときは書けなかったことっていうのがいろいろ思い出されて、メモっておいたのね。

まずはこの話から入らないと後の話が続かない。




お気ラク兄ちゃんは入試が終わってからすぐに習い事を始めたのよ。

以前にこんな記事を書いた事があったんだよ。天変地異が訪れる?

あれ、懐かしいなあって思ってくれる人もいるよね揺れるハート

この時の、話というのは、

話というのは、

なんと、





ジャニーズに入りたいんだ

ということだったのよ(~_~;)。
あまりにも現実的じゃないでしょ?

だけど、今だからのけぞって笑える事なんだけど、当時の我が家では、お気ラク兄ちゃんの反抗と引きこもり状態は深刻な問題だった。

おもしろおかしく書いている時もあるけれど、現実は厳しくて厳しくてどれだけ泣いたかわからなかった。

だから、どんなことであれ、この時のお気ラク兄ちゃんの気持ちを真摯に受け止めて、励まそうと思えることが出来たのかもしれない。


昔から、初対面の人からはフツウに「ジャニーズ系だね」って言われてきて、本人も私コダもども悪い気はしていなかったのは事実。

運動会のダンスもなかなか目立つ(自分の子しか見ていないし、親の欲目そのものだな^◇^;)
身は軽い。

しかし・・・アタマは軽いし性格もちょっとねー(^_^;)。

ジャニーズ系に限らないんだけど、いまどきの芸能人はとにかく努力家だし、しゃべりに長けているし、一芸にも秀でて、何より賢い。
オーディションに通るわけがない。
なによりも、今から入るには遅すぎやないかい?

でも、こいつも本気らしい。
ムリなのは承知のうえだ。
とにかく何かをやりたいというその気持ちとその友達との関係を大事にしてあげたかった。

時はすでに高校受験を数ヵ月後に控えていた。
はいはい、それでは早速対策を講じましょうというわけにもいかない時期。
入試終了後にすぐに対策に入れるように私も考えておくよ、必ずね!と約束して、とにかく励ますこととしたんだ。


それから数ヶ月、入試が終わった。
ダンス部がある高校にはことごとく手(内申)が届かなかったが、合格が決まったら矢の催促なので、話を通しておいたHIOHOPダンスのクラブに入会。

小学生の中級クラスに入れてもらい、小4の弟ちびすけと同じくらいのサイズの男子たちにアドバイスを受ける姿には私コダもど苦笑するけれど、

オレ、あいつらに教えてもらうのも全然恥ずかしく思わねーよ。
だってさ、あいつらチビだけどさ、うまいもん。
おれよりずっとうまいもんわーい(嬉しい顔)


どうやらマジ本気らしいからコワい(^◇^;)
だけど、生き生きとしてきたお気ラク兄ちゃんの姿が、私はうれしくて仕方ない。
ただし、お互い、相変わらずキレまくっているけどね(≧∀≦) 。

とにかく、やるならせいぜい頑張ってもらって、やまピーみたいになって、キミが穴をあけたトイレのドアを取り替えてもらおう。


ところで、前述の天変地異が訪れる?の記事の中で、

公立の志望校に絶対受かるように勉強するからともいう。
マナーや生活態度もきちんと改め、しっかり勉強していくという。


というくだりがあったけど、結局ぜんぜんだめだったじゃんか!この口先男めっ(=`(∞)´=) フン
posted by コダックもどき2号 at 21:00| Comment(16) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

一本勝負受験、結果報告

ご報告です。
さんざんすったもんだしましたが、お蔭様で一本勝負の私立高校の入試に合格できました。
合格できたのは、もちろん我が家のお気ラク兄ちゃんです。

念のため、定員割れとか倍率1倍とかじゃあありません。
とりあえず2倍近くありました。

いやいや危なかったです。
最後の追い込み期間中の集中が出来ていなかったら、とてもヤバかったと思います。

今までずっと運が悪く、色々な持病をもち、挫折してからはじけ気味の反発人生を歩んで参りましたが、一念発起!
こっそりと隠していたすごい集中力で挽回を図ることが出来ました。

これは本人のめばえ(幼児雑誌のようだが)はもちろんのこと、がみがみやかましかったアタクシに叱咤激励くださった皆々様のおかげをもちましてNEWアタクシへと変わってこれたことも、大きな要因として捉えております。
いつもコメくださる皆様には心から心から感謝しております。
ありがとうございましたm(__)m。

お蔭様で、入学手続き書類を飽くことなく見つめられる喜びをかみしめ、お気ラク兄ちゃんを褒めたたえることが出来るこの喜びをかみしめながら、今日一日をすごすことが出来ました。



誇らしげな顔でゴキゲンなお気ラク兄ちゃんは、さっそく一緒に合格できた友達と弟ちびすけと公園に遊びに行っちゃって、
あらまあ、まだ公園で遊びたいんだわ
と、その幼さに仰天。

さらに、膨大な手続き書類に混じって入っているあるものにむかついたんだと言う。
それは何かというと、3教科の問題集。
入学式の翌日に、この問題集をもとに学力テストを行うとのこと。
これには夫もアタシも大爆笑。
あぶり出しをしてみたらきっとこう出るだろう。

受かったからって舞い上がってさぼってるなよ


万年遅刻スレスレオトコだったのに、最近では毎日早めに学校に着ける時間に出かけている。
そして、自宅学習を徹底的にしないで、塾の勉強だけで合格までようやくたどり着いたお気ラク兄ちゃんだったくせに、この問題集にはさっそくとりかかるんだと言う。

今までの自分をリセットして頑張っていくつもりが多少はあるようで、心からうれしい。

中学卒業まであとひと月ほど。
義務教育卒業と同時に3日ボウズも卒業して欲しいものだ。
posted by コダックもどき2号 at 22:31| Comment(16) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

そして単願一般入試が終了。

昨日まで減りに減ってなくなってしまいそうなアタシの神経だったけど、ついに迎えた今日の本番。
待っているアタシは一日千秋のおもい。

一発勝負の単願私立高校一般入試。
単願というよりも嘆願の方が適切と思われる入試。

なんにも緊張していないと言っていたお気ラク兄ちゃんだったが、夜中に起きて冷蔵庫を開けている様子がわかった。
眠ってしまったら、ちょっとやそっとじゃ起きないお気ラクでも、ふと目がさめたんだと言う。
どこかで研ぎ澄まされたものがあったんだろうな。

とにかく、心配していた体調もそこそこ。
家を出る前に持ち物を再確認して、OK。
ちびすけも、兄ちゃんがんばれよ!と言う。
こらっ。がんばれよじゃなくて、頑張ってね、だろーが(^_^;)。
まっ、今日のところはカンベンしとこう(^。^)

車で駅まで送る最中に、持ち物を再確認すると、
大丈夫だよ。さっきも確認したじゃんよー、またかよ(`3´)
とルームミラーの中のお気ラクがむくれる。

(=`(∞)´=) フン
と心の中でその態度にむかつきながらも、笑顔で
言ってらっしゃい、落ち着いてね(^_^)/~
と手をふった。


今日はたまたま弟ちびすけの親子親睦会があり、小学校で長い時間を過ごせたから気が紛れたけれど、気がつくと時計を見て、今は英語か今は数学かと考えている自分がいた。

ちびすけの友達の鼻血くんのママが家に帰ったって落ち着かないでしょ
とお茶に誘ってくれて、高カロリーのパフェで気を紛らわせてくれる。
何となく疲れが軽減される。

お気ラクくんは、いつも最後にはちゃんと辻褄を合わせてこれてるんだから、あれこれ心配して言わなくても大丈夫だよ
とアドバイスをくれる。ありがたい。
そうなんだよね。アタシって言い過ぎなんだよね、いちいちさ(^_^;)


面接では予想通りの質問がなされ、うまく答えられたと思うと言う。
学科は簡単だったと言う。
だけど、ただほど安いものはない、と言うように、簡単だと言ってのけてくれるのは、なんともコワイお気ラク者だ。
しかし、面接の時の話を楽しそうに笑いながら話すお気ラクの顔を見ていたら、ああ、ホントに終わったんだなと何とも言えないキモチになる。


冬の初めからは心を入れ替えてそれなりに集中して頑張ったんだとお気ラクはさっき始めて言った。
不器用きわまりないやつだ揺れるハート

あとは明日の発表を待つばかり。
また今日も長い夜が始まる。
明日は必ず得意げな笑顔が見たい。
posted by コダックもどき2号 at 23:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

バカたれにつける薬とアタシの懺悔

高校受験期で、最近はめっきり早帰りが多くなった中学3年生。

昨日も早い帰宅だったうちの高校受験生のお気ラク兄ちゃんは、さっさと着替えてから
塾の前に、もう合格している友達に面接の練習してもらってくるから早めに行くからさ〜
と言って3時間も早めに出かけたんだ。

いくらなんでも3時間も早くに出かけるとは、と不審に思いつつもわが子の言うことを信頼して送り出すスナオなアタシ。

9時半までの塾の勉強を終わらせ、10時を過ぎて帰宅したお気ラク兄ちゃんは、
はあ〜、疲れた〜〜(⌒3⌒)
と言いながらすこぶる機嫌がいい。

あらまあ、いい顔してすっかり充実した感じじゃん。どうしたお気ラク!また過去問でそこそこの点がとれたのか?!と思ったら、過去問どころか面接練習どころか、こともあろうに塾の時間まで野球をしていたんだと!むかっ(怒り)パンチ爆弾ふらふら

一体、何を考えてるんだ!入試まであと数日じゃないか!
あと数日、なぜもっと勉強しないの!?努力できないの〜〜〜〜!
ばかあ〜〜〜!

怒涛のごとく口からついて出るモンクの数々は、車のように急には止まれない。

しまった、また言いたいだけ言ってしまったと我に帰り、またトイレのドアの穴が増えるかと思ったら、意外や意外
わかってるよ、勉強は集中してやってるよ
と、おとなしい 。あらまあ、どしたの?・・・( ゚ _ ゚ )


今朝は、
右の肩がすっげえ痛いんだ
とつぶやいていたが、シカトした。
こういうバカたれにつける薬はないんだよ(=`(∞)´=) フン。


そして、お気ラクの部屋を掃除していると、塾で受けた最後の模試の結果表が出てきた。
そっと見てみると、お気ラクが言った事を裏付ける結果が出ていた。

4日後に受ける私立高校はほぼ100%合格。
そして、内申点を落とせるところまで落としたためにあきらめた、当初の第1〜第5志望の公立・私立高校すべてが75%以上合格の圏内に入っていた・・・。

挫折してずっとイラついていたお気ラク兄ちゃんをもっとうまく後押ししてあげられれば、もっともっと早くにこういう結果が出せただろう。
そして、本当に行きたかった高校に行かせてあげられたかもしれないと思うと、いたたまれない気持ちでビールに溺れちゃいそうなアタシなのだ(;ヘ;)

ごめんよ、お気ラク兄ちゃん。


塾から帰宅して、まだ右肩が痛いといっているお気ラク兄ちゃんを見ていて、世紀のくだらない発見をした。
入試5日前に野球やって遊んでいるバカたれにつける薬はシップぴかぴか(新しい)だった!ふらふら


追記7日朝:
入試が終わったご子息ご息女をお持ちのそこのアナタ!
中学入試でも高校入試でも幼稚園入園でもなんでもいいから、面接で何を聞かれたか教えてくださ〜〜〜〜い!
今日と明日、ケンカしつつみっちり練習しないとヤバいのです!
お願いしま〜すヽ(^o^)丿
posted by コダックもどき2号 at 23:58| Comment(8) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

内申点と引き換えに出来るようになったこと

今日は公立の推薦選抜日で、公立を断念したうちの高校受験生お気ラク兄ちゃんは、4時間授業で帰宅。
お昼ごはんをたんまり食べてぐうたら寝そべっているのを見たら、疲れた。

言っても自宅勉強やらないし、言っただけキレる。
何も言わないでほうっておけば波風がたたずにお互いに普通に過ごせるから、見ないように会わないようにするのが平和的だ。

ある意味、誤魔化して過ごしているわけで、これからどうなっていくのかと考えるが、先の事はわからん。


今回のお気ラクの高校受験態勢に際して、親っていうものもあきらめきっちゃうとそれほどイラつかなくなり、随分キモチがラクになれるんだと知ることができた(^o^)。
さじを投げたっていうわけじゃないのよ。アタシもようやく、イマのお気ラク自身を理解することができるようになってきたのかなって思っているんだよ。


入試日が迫ってきて、塾の時間割もイレギュラーにたて込んできてひらめき気がついたことがある。
いささか情ない話だが、言われなければできなかったことが、いつの間にか出来る様になっているるんるん

例えば忘れ物がなくなり、期限内に提出物を出せるようになった。
最たる例は、
今日は塾が6時半から9時半までだから、ご飯を5時と10時に頼むよ
なーんて事前に申請してくることだ。


アタシは先走って、秘書のように予定や持ち物を確認してあげすぎて、お気ラクを、自主性がなく依頼心の強い子にしてしまっていた。
なので、中学生になってフォローを一切やめた結果、忘れ物だらけの日が続き提出物が出せず、比例して成績が下がった。
もちろん内申点は惨憺たる点だ。

だけど、3年かけて、こうして考えて行動できるようになってきたのなら、それはそれで大事な勉強ができたんだと考えちゃっている。
そんなアタシはただのバカたれだな。あはは(>_<)


さっき塾から帰宅したお気ラク、受験する高校の過去問では数学100点、英語65点、国語85点だったと(*^^)v

ただでさえ内申点不足のお気ラクが、この点数で合格ラインに達するかどうかは疑問だ。
だが、今までのお気ラクからは考えられない高得点であることは確かだ。
どうやら、お気ラクなりに努力していることを認めざるをえないようだ。心からうれしいことである(´・v・`)。

それにしても、いつ勉強しているんだあ?????
posted by コダックもどき2号 at 23:31| Comment(10) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

兄ちゃんの冬休みの内申点

さてと、我が家の高校受験生お気ラク兄ちゃんと小4ちびすけの明日は、楽しい学校の始業式でございます。

何かと気をもませてくれてきた、お気ラクの中学校生活最後の冬休みも今日で終わりなので、ここらでまた、休暇中恒例の、「コダもどが評価するお気ラク兄ちゃん内申点」をつけてみたいと思いまする。

ご参考までに、夏休みの内申はこちら。
おひまがある方、あるいは興味がおありの方は、どうぞご覧になり、あきれてくださいませ(~_~;)。
また、過ぎたことは気にしないタイプの方は、オレンジ色にきらめく拡大文字のタイトルへお進みくださいまし。

夏休み当初の内申

夏休み中盤の内申

夏休み最終日の内申



お気ラク兄ちゃん冬休みの内申点ぴかぴか(新しい)

冬休み中の自宅学習量 : 1
                  何もやっていないに等しいです。もうやだ〜(悲しい顔)
                  本当に受験する気があるのか疑問に思うほどです。

朝の起きる時間 : お正月に「メジャー」を見ていたときは5でしたが、今は1です。
             今日の塾は朝10時からでした。
             支度に時間がかかるくせに、9時10分にやっと起きました。
             たぶん10分の遅刻だったでしょう。
             許せません<`ヘ´>
            
弟との交流 : 2
          食事の時以外はあまりありません。
          ちびすけも、兄ちゃんがいなくたって全然平気だし、と開き直っています。
          でも、たまに、気持ち悪いくらい仲良くしています。
        
通塾 : 4
      だから、遅刻はいけませんって言ってるでしょ、遅刻は!
      遅刻が続いた塾の先生が一人、クビになったんだと言っていましたね!
      大人の世界ではそういうふうに大変な事になる、ということをよく覚えておきましょう。
      人のふり見てわがふり直しましょう。

食欲 : 5
      ずっと4食だったのに、ここのところ3食で、残すこともたまにあります。
      ちょっと心配です。
      しかし、好きでなかった野菜も頑張って食べるようになったので5。
     
部屋の整頓 : 2
          いちおう多少はまとまっていますが机の表面が見えません。
          まんがを整頓し机上のものがまとまれば3にあがります。
          っていうか、まんがは全部しまっちゃいましょう。
          誘惑がなくなって良いと思います。
          っていうか、読まないで我慢したらどうだ〜〜〜!<`ヘ´>って感じです。
        
笑顔の頻度 : 3
          以前は2でした。
          成績はともかくとして、一日に数回は笑って話すようになりました。
          もっと笑ったらすぐに5に上がります。
          そして、家中が明るくなります。
          ついでに、トイレのドアの穴を増やさないで下さい。

目標の設定 : 4
          ラクな道を選ぼうとしているようにも思えるふしがあるので、4となりました。
          しかし、大学への推薦入学をすでに視野に入れて考えていることや、
            検定試験へのチャレンジ続行志願、塾継続の希望などが評価されています。
          塾に頼らないで自分でやれるようになったら5にしてやろーじゃないかっ!という状況です。
                   
明日の準備 : 1
          何もやっとらんです。
          明日の持ち物をわかっているんでしょうか?
          きっと上履きなどを忘れていくと思います。
          中3にもなっていますが、わざわざ言うべきでしょうか?
          きっと明日の朝は大変なさわぎになるでしょう。アレがないとかコレがないとか・・・って。         
         
総評 : 合計内申点23です。
      まずいですね〜≧〜≦。
      しかし、受験生のくせによく寝ていたせいか、伸び悩んでいた身長がぐいぐいっと伸び、
      ようやく身長162センチのデカいコダもどを超しました。
      寝る子は育つんですね。
      いや、これは手放しでうれしいです。
      まだまだ体重は超されませんが、遅ればせながら、もっともっと大きくなって欲しいと思います。
      あ、大きくなって欲しいのは身長と人間そのもので、態度ではありません。
      くれぐれも勘違いしないようにしましょう!

    
ってか、手放しで喜んでいる場合じゃないだろ!
話が逸れてるぞ!コダもど!しっかりしろ!寝るな〜!喝!
 


あれま、居眠りしていたら、また日付が変わっちゃっていたよふらふら
今日から学校だし、明日はお気ラク生誕15周年記念日だし、何か、サプライズのプレゼントが必要だし。
着膨れだるまにならなくてもいいように、ダサくないジャケットでも買って来ようかね(`∀´)。

posted by コダックもどき2号 at 00:53| Comment(10) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

今後の抱負?その前にやることいっぱいだろ!

前回の記事で執行猶予付きの有罪状態となってしまった我が家のお気ラク兄ちゃん。

この子の対応のまずさや安易な考えなどもこうなった要因として否めない事なのだが、もう仕方がないことだ。
特にそのことに触れることもなく週末を過ごしたが、今朝は念のため聞いてみた。

今度Aくんがまた来たら、あるいは連絡が来るような事があったらどうするべきかわかっているよね?

・・・わかってる。

その答え方は静かながら強かったので、なんだかほっとした。

それでも、お気ラクが学校から帰宅するのが待ち遠しく、所在なく過ごしたコダもどだが、帰宅したお気ラクの様子はごくフツウ。

何事もなかったようだが、しばらくしてから聞いてみると、今日はまったく先生からも何の話もなかったと。

今日が大丈夫だったから明日も大丈夫という保証はないが、とりあえず一安心。
5年縮まった命が1年延びたようなキモチだ。



塾での5時から9時半までの勉強のあと、本日の4食目をほおばっていたお気ラクが、ふとしゃべりはじめた。

おれさあ、高校に入ったら遅刻も欠席も絶対しないよ。
提出物もちゃんと出すし、テスト勉強もちゃんとするよ。
Yシャツも家からちゃんとズボンに入れていくよ。

英語ももうちょっと何とかする。
なんでもちゃーんとやってさあ、上位の成績をとって推薦で大学に行くからさあ。


それと、高1で数検2級をとって、漢検も追いついていくんだ。
だから、高校生になっても数学だけは塾に行かせてくれない?


それからさあ、中2の時にコマーシャルを作る仕事がしたいと思っていた事を思いだしたよ。
学校のPCで検索して調べたんだ。CMプランナーっていうのになりたいんだよ。
それとさあ、ずっとやりたかった習い事もさせてよね。それだって夢には違いないんだからさ。

突然、今後の抱負を機関銃のようにしゃべりはじめるお気ラク兄ちゃんにたまげた。

大人やまじめな生徒さんからすれば、どれもこれもきちんとやって当たり前の事で、お恥ずかしい限りだが、今までの自分をリセットして頑張ろうというキモチを持っている事がわかり、うれしくて目がうるんだ。

抱きしめてほおずりしたい気分だ。
録音しておけばよかった。
忘れるなよ〜〜〜。その言葉!わーい(嬉しい顔)
これが実践できた時には手放しで喜ぶ事とするよ。

そこまでアタマの中で考え感動していたら、そこで続けてまた言い始めた。

でさあ、入試に合格したら、X BOX買ってい〜い?

・・・・・・・・・(ーー;)
はい、前言撤回。
だれがほおずりなんかするもんか!

ってか、その前にやるべきことがい〜〜っぱいあるだろうが!



この学年の生徒には、物を壊したり人を傷つけたりする生徒がまったくいないので、とても安心しているのだと、以前に学年主任の先生が言われていた事を思いだした。

このまま無事に、残りの中学生活を過ごさせてやりたいと、心から願ってやまない。
posted by コダックもどき2号 at 23:18| Comment(12) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

一難去ってまた一難エンドレス

小学生の時に県内の違うところへ引っ越したAくんが、お気ラクの中学の門のところに来るんだと、お気ラクが他の友達から聞いてきた。
Aくんが引っ越してしまった日には、出発時間に見送りに行き、泣きながら別れた友達だ。
久しぶりだから会ってきていいでしょと聞くので、OKしたが、学校の門の前なんかで話していると目立つから、他のところで話すように言っておいた。

その日、お気ラクが帰宅すると、Aは背がすごく高くなってかっこよくなっていた、友達二人を連れてきた、メルアドも交換したんだとうれしそうに言っていたので、久々に会えてよかったねと話した。
ただ、そのうち二人は県内でも有名なヤバい高校を受けることになっているということだったのが気になったが、一度だけのことだろうと気にせずにいた。

そしておとといの夕方、お気ラク兄ちゃんの担任の先生から電話があった。

お気ラクくんはいますか?
はい、おります。
えっ?いるんですか?
あっ、そうですか。じゃあちょっとお願いします。
あのー、なにかあったのでしょうか?
とにかくお気ラクくんに代わっていただけませんか?

ということで、何がどうしたのかとひどく不安になり聞き耳をたてるが内容がよくわからない。
電話での先生の最初の雰囲気もおかしかった。

なに、なに、なんだろう???

電話が終わったお気ラクに聞くと、
こうことがまたあったら、かろうじて試験を受けられるようになった志願校への推薦を取り消さねばならない
ということ。
取り消されたら、この高校を受験することができなくなる。

いろいろと困らせてきてくれたお気ラク兄ちゃんだが、コダもど、一瞬で血の気が引くのを感じたのは初めてのことだ。

どうしたの、何があったの?とお気ラクに聞くと、
Aが今日また学校に来て、校内に入ろうとしたところを教頭先生にたしなめられたけれど、別にオレは何もしていないけど・・・
とのことだった。

すぐに学校に電話をかけて担任の先生に聞いた。

先生が言われるには、最初の時には、お気ラクの中学の先生が一人出てこられて、「話をするのもいいが、他でやるように」と指導が入ったのだと。(コダもどはそんなことは聞いていなかった)

それが、おととい、またその3人がやってきて、今度は学校内でキャッチボールをしようと校庭に入ろうとしたので、教頭先生がたしなめたということ。

お気ラクは、その日、「また行くから」というメールをもらって「あー、そうなんだ」という、無責任な生返事のメールを返したと言う事。

いうなれば、2度目はお気ラクが呼んだようになってしまっているし、2度とも一緒にいたお気ラクに事情聴取および厳重注意がきたということのようだった。
また、Aくんたちの中学へも連絡をいれたと言う話なので、Aくんたちも厳重注意を受ける事になるだろうと思う。

何かあったわけでもないのだが、「次はもうありませんから」という、一般推薦の取り消しを思わせる何とも物悲しい響きを電話口で聞き、また胃が強烈に痛くなり落ち込むコダもどでありましたもうやだ〜(悲しい顔)

お気ラク兄ちゃんの対応に問題があるのも事実だけど、こういうのって・・・う〜ん・・・どうしたらいいんだろう。
またメールが来たり学校に来ちゃったりしたらどうしたらいいんだろう。困ったなあ・・・。
勉強しなくて困っているほうが、もっとましだわ。

悪い方へ悪い方へとばかり考えて、どんどんシミュレーションしちゃうアタシと「流星の絆」の妄想係長高山をついついダブせてしまう。
ためいきばかりで掃除も年賀状も手につかない。

一難去ってまた一難、それでまた一難去ってまた一難、それからまた一難去って・・・

いつまで続くんじゃ!おりゃー!

posted by コダックもどき2号 at 17:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

子は親のかがみ、やれやれ

公立だろが私立だろうが、高校によって選抜基準がそれぞれ違うのはご承知のとおり。
以前にも何度か触れたが、下へ行けば行くほど成績そのものの内申点に英検などの検定試験や生徒会活動暦・部活成績・福祉活動暦などが加点されていく。

このうち、お気ラク兄ちゃんがもつ低い内申点に加えられるのは、部活成績と、つい先日合格したばかりの数検3級。

今回、僭越ながら我が家のお気ラクが志望校として選ばせていただいた高校は、部活成績が加点対象ではないため数検だけがわずかな数値の加点対象になった。
それでも、内申点がわずか1足りないがために、推薦は受けられない。

なのになのになのに、また遊んで帰ってきたーーーちっ(怒った顔)

聞くと、遊んでいた相手はみんな、部活などですでに合格が内定している子やペーパーテストがない高校を受ける子そしてきわめて優秀で、推薦でトップレベル校が狙えそうな子ばかり。

たったの2時間じゃねーかよ、うっせーんだよ!
もうすぐ卒業なんだから、ちょっとぐらいいいでしょーが!
と、吼えていたが、

強しなくても大丈夫そうな子ばかりの中に入って、気楽に遊んでる場合じゃないでしょーがっ!
卒業の前に何があるのよ!
と、こちらはきわめて静かに、しかし吼える。

弟のちびすけですらドリルをちゃーんとやっているっていうのに、もうっもうっもうっ

そのあとはしっかり塾で3時間やるんだからいいでしょって言うが、意識がなさすぎじゃないか?

こんなに受験まで切羽詰っている時期の高校受験生って、いったい毎日何時間くらい勉強するものなんだろか?
アタシってうるさすぎなのか?こまかすぎなのか?

聞いてみたいのに聞けないでいる事がある。
受験した高校全部が不合格だったらどうするの?と。

そんなことはありえないことだと思っていそうで、はっきりと口から聞くのが怖くて聞けないのだふらふら


12月も半分が終わった。
あと1週間足らずで冬休みに突入だ。
年賀状だ、クリスマスだ、大掃除だ、暮れだ、正月だといっているうちに、本番の試験日は、気がついたら翌日へと迫っていることだろう。

エネルギー消耗して、しおしおにしおれてきた自分の顔を鏡で見て何度思ったことか。
子は親のかがみ。
やれやれ。

posted by コダックもどき2号 at 23:54| Comment(8) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

こうなったら塾に缶詰だ

先日、カベ蹴りがなされてから、険悪な雰囲気で過ごしていたが、ようやく今日になって元通り。
お気ラク兄ちゃんがムスッとしていると、とても悲しい気持ちになるので、はっきり言って、うれしい揺れるハートわーい(嬉しい顔)

3時にりんごをむいたが、お気ラクには蜜入りりんごを、夫にはふつうの安いりんごをむいてあげた。
ひいきするわけじゃないけどさ、何となくわかってくれるでしょ?
やっぱりかわいいのはわが子!
へへへ、内緒だよわーい(嬉しい顔)

もう、合格できそうな高校は数えるほどしかないというくらい内申点を落としてしまったお気ラクだが、塾の先生から再度電話があり、

とにかく受験対策の勉強をさせましょう。過去問をやるしかないです!
問題集をおもちならそれをどんどんやらせましょう。

では、家でも促します。

いいえ、お気ラクくんはとにかくこちらに来させるように授業時間を組みます。
例えば、3限目と5限目に入れれば、その間にこちらで自習させられますから!

そういう方法でいきましょう。
お気ラクくんと同じ高校志願者で、推薦で合格できる内申を持っているお子さんでも、数学に関して言えば、お気ラクくんの方が2倍の点数をとれる学力を持っていると思います。
数学は100点をとるつもりで、国語は暗記項目の強化、一番問題の英語はとにかく問題をこなし、わからないところを埋めましょう。

てなわけで、他力本願みたいな形にはなったが、とにかく勉強時間を確保しようという方向になった。

志望校の推薦は内申わずか1の不足。
一般入試で上位に食い込まないといけないが、しょーがないでしょ。やらなきゃね。
鼻先ににんじんもぶらさげてみようか。
この課題ができたら今夜は焼肉にしちゃおうかな、なーんて具合にさ。



さっきは弟のちびすけと二人、なにやらごちゃごちゃと楽しそうにしゃべっていたところに、コダもどが声をかける。

かわいいぼうやちゃん、学校のお手紙はあるの?ちゃんと出してね。

すると、ちびすけ
そうだった。忘れてた。お母さん、彫刻刀の締め切りももうすぐだからね。
お母さん、すぐ忘れるんだからさあ、ぜーったい忘れないでよね。


そして、なぜかお気ラクまで、返事をする。
たぶんねーよ!

ぶっ!(((^O^)))
おいおい!君はかわいいぼうやちゃんなのかい?!
しかも、たぶんって何だい?

明日は何が起きるかわからないが、余計なことを言わないように応援するっきゃないね。



以前に書いた、がんがみつかったお気ラクたちの4歳のハトコは、余命1年の宣告を受けた。

アメリカに住む、コダもどの親友のダーリンは脳腫瘍を患っていたが、昨日亡くなったんだと昨夜遅くに電話が来た。

どんな姿になっても生きていて欲しかったと、10年間働きながら看病した彼女は電話口で泣いていた。
かけつけて支えてあげられないのがもどかしい。

本当は、元気で生きていてくれるだけでしあわせなんだよね。

合掌
posted by コダックもどき2号 at 18:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

公立ボツ、そしてちびすけ発熱

三者面談が終わった。受験志望高校が3校に絞られた。
なんて書き出すと、おっ目ついにあのお気ラクも受験する高校が最終決定したかと思われるだろう。
ところがそうそう期待どおりに動かないのがうちのお気ラク兄ちゃん。

3年生になってから成績を恐ろしく下げたことがたたり、なんと公立の志望校はボツっていうことになってしまったふらふら
まいったが、予測していなかったことではないので、それほど驚かない。
こうやってハハはどんどん強くずうずうしくなっていくんだよ(~o~)。

選べる立場でもないのだが、通える範囲では他に行きたい公立高校がないお気ラク。
ならばどこへ行く?

そう、残るは私立のみだ。
また今週末は神頼み的に高校説明会に行かねばならぬ。

経済的には公立に行って貰いたかったし、お気ラクも公立を希望していた。

夫も公立出身の公立派。
私立出身のコダもどとは経験も考えも違うので随分討論してきたが、とにかく本人の意向を重視しそれに夫も満足していた。

しかしお気ラクには私立が向いていると思っていたコダもどは、正直言って逆にほっとしたような気がしている。
こういうバカたれは、私立でおしりを叩いてもらい、キュッと引き締めてもらう方がいいのではないかと以前から思っていたからである。

首の皮1枚の状態だよ、しっかり勉強しろよとおっしゃる担任の先生に「はい、頑張ります」とにこやかに応えていたが、こいつは何を頑張らなきゃいけないのかわかっているんだろーか?

まあ、いいや、自分の人生好きにやっておくれ。もう知らん。


そういえば、写真撮影前日に髪を自分で切り、失敗してあわててご両親が直したとのうわさ話を聞いたことがあったが、我が家のお気ラクも今夜カットに失敗して騒いでいたわ。
見た目重視のお気ラク兄ちゃんにはとても痛手な失敗だけど、こういうところ、男子中学生ってなんてかわいい愛すべき生き物でございましょうかわーい(嬉しい顔)


ところで、弟の小4のちびすけは昨夜から熱が出て具合が悪くなり、今日は学校をお休み。
3年生からずっと皆勤だったのにーふらふら
さきおととい、海にはるばる出かけ、調子に乗って遊びすぎたせいか?
ごめんね、ちびすけ。ははは・・・。
って笑ってごまかすなー。
コダもどさんよ、アンタもいい加減なハハだねー(~_~;)


最後に一つ驚きの報告。
こんなにひどい成績だけど、数検3級うかりましたーーーー。ぴかぴか(新しい)るんるん揺れるハート
これで内申少々アップです。
これもひとえに皆様の応援のおかげです。
応援を心から有難うございました<(_ _)>。

あとは入試本番のみです・・・

posted by コダックもどき2号 at 23:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

志望高校の決定と海ではしゃぐちびすけ

一昨夜、ひともんちゃくしたあと、お気ラクは昨日一緒に行く予定だった高校説明会2校分、どちらの高校もお母さんとは行かない、自分で話を聞き、様子を見て来ると言った。

一校は、ハハたるコダもどはすでに説明会への参加をしたのでわかっている。
しかし、もう1校は未参加。
あすには志望校一覧を学校に提出しなければならない。
知り合いのお兄ちゃんがその高校へ行っているので、様子は聞いて知っている。
なので、そんなことは敢えて言わずに、いささか不安ではあったが、お気ラク兄ちゃんの意思に任せることとした。

それで、気分転換に思いついたのが、また小4のちびすけと遊びに行く事。
忙しさにかまけて遊びに連れて行っていなかった先週、水族館まで行ったらそれはそれは喜んだことを思いだした。

一日がかりで予定していたことが前日夜にキャンセルとなったわけだ。
では、その分どこへ連れて行こうかと考え、海に決めた。
真夏でもないのに、なかなか勇気がいることだったが、行っちゃった。
海と聞けば思いつく方も多いであろう、海に向かって叫ぶ言葉、「海なんて嫌いだ!ばかやろー!」とやってみたいキモチもあったからね。はは。

ちびすけも想定外のこのハハの行動に戸惑っていたが、海と聞いて大喜び。
ぽかぽか陽気だし、この夏はプールオンリーだったので、はしゃぐはしゃぐ。

あさりのコドモをみつけては感嘆の声をあげ、きれいな貝殻を見つけては喜び、錆びたくぎ・ガラスの破片を見つけては危ないねと拾い、ビニールを見つけては魚が食べたら大変と拾う。

きゃはきゃはと笑いながら、いつの間にかはだしになり、波を避けながら子犬のように砂をかき防壁をつくっている姿を飽くことなく見ていた。

この子もいずれ反抗期を迎え、内申や定期テストに苦労するのかと思うと、せっかくわざわざやってきた海で、また勉強のことやらを考えている自分に苦笑した。

はしゃぐちびすけはコダもどがケータイで写真を撮ろうと向けても、ポーズをとることなく喜び遊び続ける。なんとも自然な姿が撮れて、うれしい限りだ。
そして、こんな様子を見られるのは心から癒される。何時間見ていても飽きない。

そして、かつてはお気ラク兄ちゃんもこうだったと思いながら、お約束の石なげをして、心のなかで「海は嫌いじゃないけど、ばかやろー!」と叫ぶ。
二人でストレスを発散して気分を入れ替え、いたってゴキゲンに帰れたら久々によく眠れたよ。

お気ラク兄ちゃんは今日一日を自室で過ごし、夕方になってようやく出てきた。
第1志望校は変わらないが、中学から却下されたら、こうする・あーすると具体的に考えてきた。
私立の高校も、大学進学を目的とする特別コースを選んでいる。
キモチがはっきりしたようだ。

もう数分で12月だ。めまぐるしい師走の到来。
受験の秒読みが始まった。
posted by コダックもどき2号 at 23:58| Comment(10) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

後悔先にたたず

ついに内申点が決定した。
予測はしていたが、正直言ってもウソを言っても惨憺たる結果に間違いない。
1年生から4も下げ、2年生からさらに6も下げた結果にだれが喜べるだろうか。

3年の1学期のあらゆる面での意欲の低さが成績に反映し、あわてたってもう遅いってことを証明した。
担任の先生からは、手遅れになるのがコワイと言われていたが、忠告を受け入れなかったのだから仕方ない。
今さら後悔しても遅い。

ようやくわかった、ようやくわかったと何度言ってきたことか、わからない。
今度こそは本当にわかったかな?

世の中はそう甘くはないことを今のうちにわかっておくのは賢明なことだよ、お気ラク兄ちゃん。

ここからの挽回はたやすいものじゃあない。

年が明ければすぐにでも入学試験に直面しなければならない。

推薦は不可能なのだから、死に物狂いで一発勝負の一般入試に臨むんだよ。

第1志望もへったくれもあったもんじゃない。
どこか入れていただけませんか?うちのお気ラク兄ちゃんを、って感じだ。

もう高校生になるんだから、自分で尻拭いするんだよ。

頑張るんだよ。

頑張らなきゃだめなんだよ。

頑張るんだよーーーー。

今夜のコダもどは、泣きたい気持ちを抑えビールを飲みながらこれを書いている。
今度は二日酔いにはならないよ。

金曜の夜だけは特別に、「流星の絆」を11時まで見る事を許されているちびすけは、事情を察してか、一生懸命に笑わせてくれた。

こんなかわいかった頃にお気ラクを戻して、もう1回やりなおせるものならやりなおしたい気持ちでいっぱいだ。

信じているつもりが、どこかで「どうせ・・・」と思ってしまうのを読み取られてしまうのだろうか?
今夜も各高校の採点基準を見て考える。
どこが有利か、どこなら入れそうか・・・。
どこもかしこも厳しくて、事実上底辺をさまよう結果となったが、出てしまった結果はどうにもならない。

あー、もう支離滅裂で、何を書いているのかわからん!
入試は明日じゃない!ってことで、是非是非是非頑張ってもらう。
それっきゃない!

今夜も結局、文句を言っている暇があるなら勉強しなさいよっ。結果だしなさいよっ!
っと、やってしまいましたわ。
どうしましょ。あらら・・・。

あ、アタシ、自暴自棄じゃないからね。
開き直ったのよ。

ダイジョブだからねわーい(嬉しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
posted by コダックもどき2号 at 00:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

奇跡の部屋と制服のズボン

期末テストの結果が出揃った。親のアタシからみれば予想通りの壊滅状態だが、お気ラク兄ちゃん本人はまあまあの成績だとのたまっている。
ここまでくると、筋金入りのお気ラクだ。

だが、今日はお気ラクの部屋がきれいになった。
いつもはぬぎっぱなしのズボンも、折り目に合わせてイスの背もたれにかけてある。

奇跡だ。

ブレザーもハンガーにかかっている!

ついにお受験モードにマジに切り替わったなと喜んでみちゃったりしたが、ぬか喜びに終わるのも嫌なので、これが3日続いたら、自分のなかで本当に喜ぶこととした。

もちろん、兄ちゃんのことはほめる。とにかくほめる。

わー、きれいになったね。すごいすごい。机の上の色が見えるようになったじゃん!

余計なひとことを言ってしまったが、お気ラク兄ちゃんはむかつくことなく苦笑い。
たてついてこないと調子が狂うのだが、ほっとする。
このままフツウの受験生なみに頑張っていって欲しいとひっそりと願う。


昨日の朝は大変だった。
学校へ出かけたお気ラク兄ちゃんが引き返してきたのだ。

あら、珍しい、何を忘れたのかなと思ったら、忘れものじゃあない。
制服のズボンのファスナーが壊れたというのだ。

なんで、壊れるの、何をしたら壊れるの(ーー;)と思って聞いたら、遅刻しそうなのでズボンのファスナーを途中までしかあげていない状態で走っていたら足がもつれたということふらふら

あーあふらふらまぬけなやつだ。
この前は夏ズボンのおしりを破いてダメにし、今度は一張羅の冬ズボンのファスナーかい!

って、そんなこと考えている場合じゃない。
学校に遅刻するではないか!
こんなアホ臭い事で遅刻が1回ついちゃうなんて言語道断!

しかし、他に替えはない。
仕方なく学校に電話して遅刻する旨と事情を話した結果、ズボンの替わりにジャージをはくというけったいなイデタチでの重役出勤となった(~_~)。

それからの忙しいこと。ファスナーの付け替えなんて自慢じゃないけど出来ない。
友達に突然大急ぎで頼むのも申し訳ない。
業者に聞いたら次の月曜の仕上がりだと言われたが、今週末の高校説明会に支障があるので困る。
卒業生の知り合い3人にやっとコンタクトがとれて聞いたら、いずれもすでに譲ってしまったとのこと。

ひゃーーー、どないしましょ!がく〜(落胆した顔)

と思って最後に学校に聞いたら、リサイクル品があるかも??とうこと。
あたふたと見に行くと、

あったー\(^o^)/

ちょっとひざがぬけているが、サイズ的にはちょうど。
しまいこんでいたミシンを引っ張り出し、からみまくる糸と奮闘しながらひざの補修をし、見えない針穴に糸を通しすそ上げを終えた頃にはもう薄暗くなっていた。

アタシは一体今日1日何をしていたんだろうと、ハタと気がつき、どっと疲れた。

1昨日にちびすけと二人ではるばる水族館へでかけた際の疲れと足のむくみはまだ回復しない。
10歳の子供と1日でかけるのはつくづく年を感じる。

もうすぐ受験志望校の最終決定をせねばならない。
受験生を抱えるあなたもあなたも、時節柄、どうぞご自愛くださいまし。
くたびれている場合じゃござーませんわよ!
posted by コダックもどき2号 at 23:11| Comment(10) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

テスト終了後の長すぎる息抜きとハハの願い

それはちょっとした一言から始まった。

今時は、最終的に、お気ラク兄ちゃんを入れてくれそうな高校選びをするために、追い込みで説明会等に行かねばならない。
今週末だって例外じゃあない。

以前から行かなきゃならない説明会だってわかっていたのに、「友達が遊びに行くというからオレも行けたらいきたいんだけど」、と言うのだ。

「それはムリって言うものでしょ」

  「そうなんだけどさ、行きたいなー・・・」

「大事な説明会だからだめでしょ。それにしても、こんな時期になってきたのになんでまだ遊びに行きたがるかなー」

  「知らないよ!いちいちうざいんだよ!」

また出た!うざい!
この言葉、許せないちっ(怒った顔)
ものすごく人を不愉快にする言葉。

ちょっと一言言ってよ父さん、と思いながら夫を見ると、ニュースに夢中で聞こえていない。
お気ラク兄ちゃんのすごい集中力は、この人の遺伝子の賜物なんだなと改めて納得しながらも、(なんで聞いてないかなー(-"-))と思う。

そんなことでまた始まった短いすったもんだのあと、息抜きだとゲームを始めたお気ラク兄ちゃんにまた一言言ってしまって、またモメる。

ワタシ一人がこの家をかきまわしているのかとうなだれる・・・。

ふと、ユーミンの「冷たい雨」の一節が頭をよぎる。
この曲の内容はまったくこの話にあてはまらないのだが、アタマをよぎった。

          〜こんなキモチのままじゃ、どこへもいけやしない〜

塾で勉強してきたんだから、家ではゆっくりさせてよ、もういいでしょ、というこの本末転倒な発言に涙があふれ出て止まらない。

そもそも自分でやるべきことだ。
ここらで塾をやめさせてしまうという荒療治も必要になるのだろうか?
それともそれは逆効果になるのか?
どなたかアドバイスいただけないだろうか?

兄ちゃんよ、君の勉強の器はどれだけ小さいのかい?

昨日の続きの人生ゲームでは、ちびすけが弁護士のままで順当に収入を増やしダントツ優勝。

夫は1回転職し医者になるが、支払いが多く、自然災害で家を失い、結局3位。

コダもどもは2度台風に吹き飛ばされてゴールに戻りデザイナー・サラリーマン・タレントを経て最後はプログラマーとなり、派手な生活により大量の約束手形をゲット。借金取りに追いまわされながらも、最後は一世一代の賭けをして50万ドルを手中におさめ2位となった。

人生ゲームとはよく考え、名づけたものだ。

波乱万丈な人生がいいのか、順風満帆で平穏な人生がいいのか、どんな職業がいいのか、どの高校に入れたらいいのかなんて、結果をみなけりゃわかりゃしない。

弁護士や医師を目指して勉強しろと言っているのではない。

誇りをもてる仕事につけるよう、夢を手中に収められるよう、何よりもあたりまえの平穏な日々が過ごせるよう、イマを頑張って生きて欲しいと願ってやまないだけなのだ。

どうしたらわかるかなー?もうやだ〜(悲しい顔)

posted by コダックもどき2号 at 01:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

ズボンは破くし鼻水は出っぱなしだし

あと数ヶ月たてば、とりあえず中学を卒業できる予定のうちのお気ラク兄ちゃんだが、今日はきちんと制服のズボンを破いてきてくれたがく〜(落胆した顔)

ひざを抜いたとか、すそがちぎれたとかではない。
おしりが破けたのだ。
おしりが破けたと言うと、あの、ウンチが出る部分あたりの縫い目がビリッ!、っていうのを想像するが、そうじゃあない。

おしりのほっぺたとでも言おうか、あの、イスに最も当たる部分だ。
どうしたらこんなところを破くことができるのか、まったくもって不思議だ。

冬ズボンはちょっと短いから嫌だと言って、今日まで夏ズボンをはいていたお気ラク兄ちゃんだが、冬も夏も寸法は同じなのだ。
短いわけがない。
まったくもって意味不明だ。

しかし、あんなところが破けたものだから、仕方なくついに冬ズボンをはくことにした。
ざまあみろって感じだ。

だが、このズボンを破られたら、後はない。
これから大事な受験が待っているのにひざを抜いただのおしりが破けただのと言われても卒業だって間近なんだから、新調する気になんてなれないではないか。

世話の焼けるコってのはどうしてこうも1から10まで世話が焼けるのか?
まるで小学生、いや幼稚園児なみだ。

学校から帰宅して、ゆったりと過ごす姿はそれはそれは優雅そのもので、とてもとてもこの時期の高校受験生とは思えないふらふら

しかし、塾2連チャンを終えてから10時半に帰宅したら不機嫌この上ない。
塾で何かあったようだ。
聞いても答えずブスっとしているので、そっとしておく。

明日の朝には機嫌がなおっているといいが、一度はおさまったアレルギー性鼻炎がまた悪くなっている。
これは悪化させると頭痛・鼻水・鼻詰まり・くしゃみの応酬で思考停止になるので非常にヤバい。
テストっていうと必ず鼻の具合が悪くなるお気ラク兄ちゃんだ。
いやなことの前にお腹やアタマが入たくなる幼児のアレと同じか?

内申決定に最後のチャンスとなるテストまであと3日・・・。
アレルギー症状まで出てきて困ったなあ・・・、参ったなあ・・・もうやだ〜(悲しい顔)
喘息まで出ませんように!

posted by コダックもどき2号 at 23:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

数検の前夜

我が家の高校受験生、お気ラク兄ちゃんは明日、数学検定3級を今頃になってようやく受ける。
もちろん、最後のあがきの内申点アップのための苦策

世間には数々の検定試験がある。
特に高校受験を控えているこころざし高い小・中学生であれば、この検定試験を受験するがための努力を怠らず、段階を追って受験し、合格していくのだろう。

ご承知のとおり、高校受験では、漢字検定・英語検定・数学検定なら3級以上(珠算検定なら2級以上)などなど、内申点アップの優遇措置がとられるケースが多い。

運転免許くらいしか資格をもたない私ごときがえらそうにいえることじゃない。
しかし、この3級というレベルだと中学卒業程度レベルらしいので、フツウにちゃんと勉強しておけば、中3の今くらいの時期にはどの検定もなんとか合格できそうなものだと親の心情として思うのだが、どうだろうか?

うちのお気ラク兄ちゃんは何一つ検定など受けた事すらない。
今回が始めてである。
いったい、今まで何をしてきたのかと言うと、・・・親をいらいらさせるお気ラクなことばかりだふらふら

塾ではみっちり対策勉強が出来ていると言う。

今日は遅めに帰宅したお気ラクは、遅くなった理由について、数検を受けるメンバーと一緒に学校で勉強してきたという。

オー、そうかそうか、頑張っているね、もう明日が本番だ、あと今夜一晩頑張るんだよと励ますコダもどに対し、「前に数検受かった女子が、簡単だったよって言ってたーわーい(嬉しい顔)」だと。

もうすっかり簡単だと思いこみ気が緩んでしまっているふらふら

コンパスと定規と電卓と分度器を使うんだ!だからお母さん、貸して!と10時を過ぎてから言ってくるお気ラクに言い放つ。

「あのー、電卓と定規はありますよ。だけど、コンパスと分度器は主婦の生活には必要ないので、ございませんわー・・・。」

コンパスは弟から借りられたが、分度器はみつからない。

いい加減このお気ラクも何とかしないといけないので、ほうっておく。
この際、とことん自分のバカさ加減を思い知るが良いのだ。

内申点アップがかかってはいるが、今のこんな調子で入試に臨んじゃうお気ラクのままでいるよりも、数検を犠牲にしても学習して利口になるほうがいいかもしれない。

今夜はちょっといらついて反抗的なお気ラク兄ちゃん。

いくらお気ラクでもやっぱりどこかで緊張でもしているようだ。
検討を祈る。

posted by コダックもどき2号 at 01:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

むなしいぬか喜び

先日、懇談会にて、県大会出場で内申アップの話を伺って喜んだという話を書いた。
こういうことが内申で評価されることはわかってはいたが、各項目の評価の比率についてまでは
マヌケなことに親子ともども具体的な把握をしていなかったふらふら

本日、よくよく、狙い目の高校の選抜基準を見比べてみると、お気ラク兄ちゃんがどうしても曲げない第一志望の高校は教科部分の加点比率が高かった。

賢い皆様にはもうおわかりのことかと思うが、つまりは先日の懇談会のとらぬ狸の皮算用の話
第1志望校を狙うにあたっては、ぬか喜びに近いものであったということになるがく〜(落胆した顔)

担任の先生は、立派です、と言っては下さったけれど、お気ラク兄ちゃんの低い内申点を把握したうえで、そのレベルに合わせた平均的な評価基準を言われたのだ。たぶん・・・。
なんとも悲しい話であるもうやだ〜(悲しい顔)

トップ高と呼ばれるところはもちろんのこと、そこそこのレベルの高校までは、やはりフツウは
教科の評価=学力を重視した選考基準となることが多い。

教科以外の部分、つまり生徒会での活動内容に加えて、漢検だとか英検だとかいうものから、
地域での貢献・活動やら部活動の顕著な成績についてなどは、内申点と同等の点数となって
評価されるようだが、この、教科と教科でない項目についての加点比率は学校間で大きな差が
あるのを改めて思い知らされた。

一概には言えないしラインをひいていえることでもないが、コダもどが見たところでは、そこそこのレベルから下の高校については、救済措置なのか、教科でない項目の部分について加点される割合がおおきくなるところも多くある。

本人第2志望の高校ならかなり内申点アップに貢献できるのは確かなのだが、この2校の偏差値の差はけっこう開いている。

安全圏を狙って偏差値が高くない(低いともいう)第2志望にして、入学してから良い順位で過ごすか?
今からの最後のあがきで逆転粘り勝ちして第1志望に合格、入学してから下位をうろつくか?

こんな究極の選択、どうやってする?もうやだ〜(悲しい顔)
これが人工の多い都会なら、学校数も多いのだから間の学校がありそうだが、ここじゃそうはいかない。

懇談会には、「ぴかぴか(新しい)詰めて勉強をしていて体を壊さないか心配ですぴかぴか(新しい)」とおっしゃる保護者がいたとの話をお気ラク兄ちゃんにしてみたら、「だからどうしたのさ?」と反抗的な顔。
そんな顔している場合じゃないでしょうが!

元気でたのしくすごしてくれればいいと思っている。
しかし、閉じたままの問題集を目の前においたままテレビの映画に釘付けになっているお気ラク兄ちゃんの後姿をみながら、ヘアマニキュアで隠しきれないストレス白髪のアタマを抱えて苦悩しているコダもどがいるのも曲げられない事実だもうやだ〜(悲しい顔)

posted by コダックもどき2号 at 22:46| Comment(12) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

とらぬ狸の皮算用ふたたび

今日の中学の懇談会では、やはり3年生は当然かなりの受験モードだということで、中には、
ぴかぴか(新しい)詰めて勉強をしていて体を壊さないか心配ですぴかぴか(新しい)
とおっしゃるお母様もいらして羨望のまなざしで見てしまった。
コダもども一度くらいは是非人前で言ってみたいものだ。

社会科の授業中には、試験科目となる重要科目の勉強をやっている生徒がいるとか、
宿題や提出物を自宅でやらず休み時間にやっている生徒がいるなど、この時期ならではの問題が起き、
男女ともに服装の乱れや時間のルーズさなどの指摘もなされた。

なんだかどれもこれもみんなお気ラク兄ちゃんのことばかりを言っているように聞こえてならなかったバッド(下向き矢印)
こういうのを被害妄想とでもいうんだろうか?
ゆううつになるバッド(下向き矢印)

勝手に思い込み、穴があったら入りたいような気持ちで小さく小さくなっていたが、
学校によっては部活動の成果を大きく評価するところもあるという説明にわくわくし始めたら、
えーっと、この中ではお気ラクくんは部活で地区大会入賞と県大会出場を果たしていますから、
この加点は大きいですね。
しかも3年連続なので、さらに評価される可能性も出てきます。いや立派ですぴかぴか(新しい)グッド(上向き矢印)

わーっ!まじっすか?
小さく小さくなっていたコダもどは、まるでハヤタ隊員がベータカプセルを使ってウルトラマン
に変身するように握りこぶしを天にむけて突き出してどわーっとデカくなったグッド(上向き矢印)

そして舞い上がってマヌケな発言をするふらふら
あ、いえいえ、こんなことでしか点数をとれないものですから・・・

それから、部活で内申20点加点だわ、やった!なんて内心で喜んだりもする。

これで数検が受かればさらに10点加点
他には、えーっと他にはないから、合計は・・・

と、さびついた暗算2級のあたまを動かすと、ひらめき結構いけるではないか!
部活の県大会出場は大きかったな、うん、てなことをおでこにしわを寄せて考えていた。
その時のコダもどの顔には「ただいま、取らぬ狸の皮算用中」と書かれていたに違いない。

あとの評価点はもう、テストまでの残りの数週間をどうやって過ごすかにかかってくるのみだ。

家に帰ってお気ラクにおそるおそる確認する。
「こういう話を聞いたんだけど、まさかやってたりしてないよね?」
「社会ではやってないよ。他の科目ではやってるけどね。 宿題は休み時間にやってるよわーい(嬉しい顔)

はあーふらふらこの子は期待を裏切らない子だ。
入試本番でも期待を裏切らないでほしいもんだ。
posted by コダックもどき2号 at 23:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

やっぱりお気ラクはお気ラク

洗濯物を取り込んでいると、向こうから高校受験生のお気ラク兄ちゃんが帰ってくる姿が見えた。

基本的に学校に持参してはいけないはずのケータイを握りしめ、耳にはIi Podのように
イヤホンをしている。
また、Greeeeenでも聞いているのか(eは多すぎたかな?)?
耳と手がふさがっていたら、何はさておきこの上なく危険じゃないかちっ(怒った顔)と思いながら
さらに見ていると、Yシャツのボタンをはずしはじめた。
次にはYシャツのすそをズボンから出し始めた。

坂道を登って帰ってきて暑いのはわかるけど、何で歩きながらやっちゃうかなふらふら
うちの玄関はすぐそこに見えているんだから、玄関に入ってからパンツ一丁にでもなんでも
なってくれればいいのにさ。

お願い、近所の人に見られないで、恥ずかしい・・・と願ったら、ご近所のどなたさまもあらわれず、
みっともない姿を見られずに無事ご帰宅。

ちょっと一言言おうかと思ったら、ただいまあと明るい声で玄関を開けて入ってきた。
はあはあいいながらもにこにこしているので、言うつもりだった「一言」を言うのをやめておいた。

だいたいいつも仏頂面で帰宅するのだが、今日はなんでにこにこ???
と思って顔をみつめていると、「お母さん、昨日やった漢字の小テスト15点だったよ。」だと。

「はあ?15てん?・・・がく〜(落胆した顔) 」 (ちょっとちょっと待ってよー、うそー、やめてーふらふら)
と思った瞬間、お気ラク兄ちゃんニヤリと笑い、
「また100点満点で15点だと思ったんでしょーがーわーい(嬉しい顔)。ところがこれが20点満点なんだな。
はっ、どうだい!」ときたもんだ。

従来のお気ラク兄ちゃんなら100点満点で15点なんてざらだったのに、こうきたか!

うーん、おかしい。これはNEWお気ラク兄ちゃんとでも改名すべきかと考えていると、
さらに驚くべきご発言が!
「今日やった漢字小テストは間違いなく100点だと思うからさ!
おれ休み時間にめちゃ練習したからさ!」

おいおいどうした、どうした風の吹き回しか、
どうやらホントに今更ながらフツーの人なみに勉強に取り組みだしてくれたのか、
なんだか寿命が少し延びたような心地がする、あーよかった、
と一人にやつきながらコーヒーを入れ始めたら、

じゃあオレ、これから友達んち行ってくるわ。行ってきまーす!
と風のように出かけて行ってしまったふらふら

やっぱりただのお気ラクでしかないんだな。はあ・・・もうやだ〜(悲しい顔)

さきほど入ったニュースでは、県立高校では見た目の判断がされないはずであるようだ。
こんなニュースが知れたら、うちのお気ラクはお行儀の悪いままお受験に臨んでしまいそうだわ、と危惧するコダもどでございます。

posted by コダックもどき2号 at 23:52| Comment(7) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

凝っちゃうのもいいけれど

昨日行われたうちのお気ラク兄ちゃんの中学生活最後の合唱発表会。
昨年までは来るなと言われていたけれど、今回は聞きに来てもいいよとお許しが出たので、
喜んで拝聴。

ひと月あまり前からの朝レンの成果は手にとるようにわかった。
いつもは一生懸命に立てていくヘアスタイルも、今日は幾分控えめにしていった。

お気ラク兄ちゃんのクラスは、よく歌声が合っていてまじめな取り組みようが伝わり、
目頭が熱くなってしまった。

歌い終わって舞台からおりるクラスの面々が指揮者とピアノ伴奏者と両手をパチンと叩き合い、
お互いに成功を喜び合う。
どの顔も満足感でいっぱいだった。

ピアノの伴奏も素晴らしかった。

先生の講評によるとピアノ伴奏者は7月からこの発表会にむけて練習をしてきたという。
まったく、アタマが下がる。


うちのお気ラクはピアノが弾けない。
習おうよと何回か誘ってみたが、運動系の習い事に夢中でダメだった。

ちびも何回か誘ったがだめで、コダもどが小1の時から使っていたピアノは、
狭い家の中でいつしか邪魔にされ、寄付へとまわったもうやだ〜(悲しい顔)

かわってあらわれたのが親戚からまわってきた電子ピアノ。

昨夜、合唱発表会の成功で興奮さめやらないお気ラク兄ちゃんは何を思ったか
この電子ピアノを人差し指で押し始めた。

「お母さん、この楽譜読める? 弾き方教えてよわーい(嬉しい顔)。」

しばらくぶりで楽譜というものを見たコダもど、シャープが3つついている楽譜を見て
ちょっと意識が遠のくが、解析してやってみる。んんんんー。今更ながら難しいふらふら
指なんて動くわけがない。楽譜の読み方すら忘れかけていたのだからふらふら

PCのキーボードならばそこそこブラインドタッチで入力できるが、
素晴らしい音色を奏でてなんぼのピアノとなるとそうはいかない。

それでも思い出して教えると、そこはおバカでもさすがに中3。
指のうごきは別としても飲み込みは早い。
「おれ、ピアノ弾ける人、そんけーするわ」といいながら、苦労して弾いている。

お互いにおもしろくなり、茶ばんで物置のにおいがする定価160円と書いてあるソルフェージュを
引っ張り出してのめりこんでいたら夜中の12時をまわってしまった。

そうこうしているうちにそこそこソルフェージュが弾けるようになったお気ラクは、
すっかりいい気分になったらしい。
父は北海道へ旅立ち、弟とうるさいハハはお昼からサッカーの試合へと出かけて不在の今日は
お気ラクにとっては何とも楽しい我が家。

今夜弾いてくれたら、昨夜からさらにかなり上達している・・・。
どうやら今日は一日ソルフェージュ三昧だったらしいふらふら

あのー、受験勉強はどうなっているのでしょうか?
あなた、音大でも目指すおつもりですか?
それとも、今度はミュージシャンになるとか言い出すんでしょうか?

ともあれ、何事も一生懸命やることは大事。
何もせず、暗くカリカリして過ごした夏休みから一変して、明るく頑張ろうとする兄ちゃんなら、
お気ラクでもいいか!って思う。
ここから挽回!

posted by コダックもどき2号 at 23:57| Comment(8) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

喜ぶべきか喜ばざるべきか

うちの高校受験生、お気ラクお調子者兄ちゃん。
今朝はうっかり二度寝。

お気ラク兄ちゃんはとてもだらしない。
何事においてもだらしない人間は朝も起きないものだが、このお気ラクは、
これだけはきちんとできる不思議な輩だ。


さて、そこここで、今週末あたりは合唱発表会だという情報が聞かれるが、
うちのお気ラク兄ちゃんの中学も例外ではない。

9月に行われた体育祭の直後からは、この合唱発表会にむけてクラス一丸となって
毎朝の練習に励んできた。

だいたい、こういうイベントの朝レンをリードするのは、何事にも一生懸命な女子らしい。

朝レン開始時刻に遅刻をすると、
その熱心な女子たちから非難の声が一斉に浴びせかけられるそうで、
本人曰く、「うちのクラスの女子、めちゃこえーんだ。ちょっとでも遅れるとすっげえ怒るんだよ。
やべーんだよお」と。

・・・よほど怖いらしい。
万年遅刻スレスレ男のお気ラク兄ちゃんは必死に早起きして、朝シャンしておぐしを丁寧に整え、
ご飯もしっかり食べたうえで、「やべー」とか「うわー」とか騒ぎながらあたふたと出かけていくのだ。


まえおきが長くなったが、今朝は二度寝をしてしまったせいで、
これまでにない大ピンチになったらしい。

帰宅して開口一番、「お母さん、オレやべえ。明日遅れたらまじやべえ」
(だから、そのしゃべり方はアタマ悪そうに見えるからよしなさいって!)
「明日は、ぶん殴ってもいいから6時半に起こして!」
(えっ、ぶん殴っていいの?今までの分、まとめてやっちゃうよ)
「オレ、今日9時に寝る」
(はあ、どうぞ。でも勉強は?)
「あっ、今日の分の勉強はこれからちゃんとやるから!」
(どんどんやってちょうだい)
と矢継ぎ早に言って、自分の部屋にこもった。

そーっと覗いたら、名探偵コナンを読んでいたふらふら
その後はちびすけを呼びつけて遊戯王カードで 「1回だけだぞ!オレのターンだっ!
お前、ズルするなよ」なんて言っているのが聞こえた。
呼びつけて誘っておいて、「1回だけだぞ」ってのもないんじゃないすか?
それにしても、これが今日の分の勉強の一部か・・・

今朝の未明に、フツーな兄ちゃんは平和だけど物足りないんだって書いたけど、
やっぱりフツーじゃなくて、ちゃーんとネタを提供してくれる。

喜ぶべきか喜ばざるべきか、そこが問題だ。
合唱練習も追い込みだ。中学生、ガンバ!
(言葉遣いが悪くて失礼)

posted by コダックもどき2号 at 21:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

提出物は出せたけど・・・

今日も今日とて、フツウの受験生なみに今日締め切りの提出物をきっちり出してこれたと
楽しげにいうお気ラクお調子者兄ちゃん。
こんなにフツーでは「お気ラク」も「お調子者」も返上して、ただの「兄ちゃん」に戻らなくては
ならない。

素晴らしくうれしい事なのである。
あの、お気ラク兄ちゃんがこんなにフツーなことができるようになったことは!
フツーであるって、こんなにきらきらぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

弟のちびすけとの関係も良好だ。
あれだけ大喧嘩していたのがうそのようだ。

お気ラク兄ちゃんが変わりはじめたのは中学生になってすぐ。
その激変に夫もコダもども戸惑い困惑したが、一番動揺したのはちびすけだったかもしれない。
兄のストレス発散の相手に選ばれたちびすけは、しかし、ちょっとやそっとじゃ兄に
負けてはいない。
5歳離れていたって、同レベルだ。
だが、結局痛い思いをして泣いて悔しがり、泣き寝入りするのだ。

家でのストレスを小学校で発揮して、随分と担任の先生から注意いただいた。
この頃は、毎日泣いて暮らしていたな。

なんか平和〜。こんな平和な日がずっと続いてほしい。
しかし、どこか物足りない。
子育て愚痴自己啓発ブログを書き綴ってきたコダもどとしては、一番のネタの提供元の
兄ちゃんが、フツーのまともな中学生になってしまうと、今後の展開に困ってしまうのである。

と、そう思っている矢先、ちびすけと自転車の修理に出かけていると、
コダもどのケータイに塾から電話が!
「あのー、お気ラク兄ちゃんさん、まだ来ていないんですけど、家は出られましたか?
お家に電話をしたらどなたもお出にならないのですが・・・」
時計を見ると、予定の時間から15分が経過。
あのアホが!

あわてて兄ちゃんのケータイに電話したら、・・・まだしっかり寝ていたがく〜(落胆した顔)
きゃー、何時だと思ってるのよ。ちょっとちょっとしっかりしてよ、おにーちゃんふらふら

やっぱり「お気ラク」はまだまだとれないっすねもうやだ〜(悲しい顔)

また明日にはなにかやらかしてくれるだろう。
でも、元気で明るく過ごしてくれればそれでいいわ揺れるハート
まだまだ、やりなおしはきくわい。ガンバ!
posted by コダックもどき2号 at 00:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

高校受験の最終手段

元気ならばそれでいいんだけど、いよいよ後がなくなったお気ラク兄ちゃん。
言えば反発する、言わなきゃやらない。
最近は、同じやらないなら言わないで穏やかに過ごすことを選んだコダもどである。

それにしても、第1志望校の学校説明会に行くのはいいが、先立つもの=この場合はお金じゃなくお勉強=が伴わないとどうにもねーふらふら

お気ラク兄ちゃんはイジでも第1志望をまげないつもりのようなので、こうなったら、何回も学校説明会に通って、お情けで入れてもらえるようにするのも最終手段としてナイスかもしれない。(現実問題としてそんな手段が通用するとは思えないけど!)


以降、優秀なご子息・ご息女をもたれる貴女にはまったく関連無く、時間の無駄となる話を書くので、為念!

知り合いからこんな話を聞いた事がある。
中学校3年間ろくに勉強しないで、最低ラインのぎりぎり限界うえの公立に落ち、最低ラインぎりぎり限界したの公立にかろうじて入学した男子の話。

それなりのお子様たちが集まる学校に入学し、それなりのお子様とおつきあいしながらも学年トップの成績を保った。

友人とうまくおつきあいしながらもトップを保てた秘訣は、
@友人とはちゃんとおつきあいする
Aだけど、勉強はきちんとする
Bおつきあいを断って勉強するときもある

でも、それでは友人たちから疎まれいじめられるのでは、と思ったらまだ続きがある。
Cテスト前に勉強を教えてあげる。またはノートを見せてあげたりして成績アップに協力する。

この手法でトップを保ったということだ。
そして、その結果待っていたものは、大学の推薦入学および大学の学費の半額免除ぴかぴか(新しい)

おおー、こんなこともありうるのか!!
まるで、その昔の新田義貞の鎌倉攻めの伝説のように一気にみちが切り開かれ成功したような気分にさえなってしまったこの事例ぴかぴか(新しい)

これを聞いた時から目の前が明るくなったような気分でいた。
・・・だけど、この新田義貞の有名な稲村ガ崎のお話、私コダもどが小学校の時に習ったのとだいぶ違う見解になったことが今、わかってしまった。

特にお若いお母様あるいは勉強熱心なお母様はとうにご承知のことかと思われるが、おばさんのコダもどは承知していなかったので大変ショックであった。

さあ、これを読んでみてくださいまし。そして、貴女のご子息・ご息女、貴女自身に確認してみましょう。
あ、くれぐれもうちひしがれないようにお願いしますよ。
新田義貞のウィキペディア(Wikipedia)稲村ガ崎

伝説は伝説のまま、美しく語り継いでいって欲しかった・・・。
そして、我が家のお気ラクくんに奇跡はおきないと暗示しているようで、また奈落の底におちていくコダもどでしたもうやだ〜(悲しい顔)

今日は、どこぞやで飼育されているシャチの出産に初めて成功したらしけど、せめてシャチさんのお子様には、我が家の分まで元気におりこうに育って欲しいと願う。

posted by コダックもどき2号 at 22:04| Comment(10) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

兄ちゃんもついに一念発起か?

よみがえって参りました。いつものコダックもどき2号でございます。

本当はいつまでもくよくよねちねちとしている性分ではありますが、ビールを飲みまくり、あったかいコメに再び泣き、コメ返しをしながらまた泣き、1日かけてよみがえりました!
励ましていただき、感謝カンゲキです。
気持ち切り替えました。

カラオケこどもは笑顔で励ますよう努力をしていくコダックもどき2号。
コダックもどき2号に暖かい1票を、どうぞよろしくお願いいたしますーわーい(嬉しい顔)

さて、昨日のお気ラク兄ちゃんは一念発起(??)。
いつもはメールでこそこそ友達とやりとりしているのに、家電(いえでん:最近はうちの電話をそう呼ぶそうだ)で、聞いて頂戴と言わんばかりに大きな声で話をしている。

内容は数検の申し込みについて目

電話を切ってから、締め切りの迫った数検の申し込みをするから、今度の学校までに三千円ちょうだいねわーい(嬉しい顔)とかわいい顔で言う揺れるハート

おおーっ、何と素晴らしいご発言。こんなご要望を聞けるとは夢にも思わなかったよ。お母さんは涙で前が見えないよわーい(嬉しい顔)と言ったら、ムッとした顔で「って、笑ってるじゃんちっ(怒った顔)

まずいまずい。またやってしまったふらふら

そしてこれから数検の問題集を買いに行くからお金を頂戴ね、と。
はいはい、そんなことなら喜んで差し上げましょう。
じゃあ、階段においておくからねと話した。

時間は4時。
ちょっと友達のうちに寄ってから本屋さんに回るからねと言うので、暗くなるまでには帰っておいでよと言って送り出した。

・・・階段にお金が置きっぱなしだったのに気づいたのは、しばらくしてからのこと。
ケータイに電話をすると、「あー、お金忘れて買えなかったから、今日は友達の家だけにすることにしたよ。本屋さんは明日!」と弾んだ声で言うだけ言ってプツッ。

こりゃー!。君は何を第1目的に出かけたんじゃー!と、ひとこと教育的指導をしようと思ってケータイにかけなおしたら、ハハの逆襲を予測したのか、もうしっかり電源を切っている。

こんなことだけには知恵が働くお気ラク兄ちゃんとのバトルはまだまだ続くのだふらふら

今日の兄ちゃんは、ひととおりぶつぶつお約束の文句を言いながら模試。
夫は・・・自分の世界・・・F1、スポーツ観戦。
小4のちびすけとコダもどは地域の運動会。
ちびすけはリレーで地区優勝。
コダもどは年寄りの冷や水。
間違えて綱引きに出て、肩こり腰痛、帰宅後には近年まれに見る3時間のうたたね。
・・・3時間ってうたたねレベル超しているよね。ははは。

おやすみー手(パー)

posted by コダックもどき2号 at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

成績より大事な事

お気ラク兄ちゃんの成績が恐ろしく下がっていた。
中3のこの時期にきてのことだ。

実際泣けた。三者面談の席で不覚にも涙が出てしまった。
頑張りきれない人間に育ててしまった自分が情けなくて。

下がった理由の多きは、意欲のなさと授業態度の悪さ(騒いだりするわけではなく、私語や姿勢の問題)が占めるとのこと。

本人、それなりに努力を始めていたのはわかっていた。でも、全然足りなかった。遅かった。
最近は一生懸命やっているよ、授業態度もよくしているよと言っていたので信用し安心していた。

成績が下がったこともショックだが、それよりも何か、裏切られたような気持ちばかりが先行して、そんなことを思ってしまう親としての自分が悲しくてしかたなかった。


でも、成績が悪いなんて、そんなことたいした事ないやと思わされることが、今日あった。

うちの兄弟のハトコにあたる、まだたったの4歳のコにガンがみつかり入院したということ。
こんなにかわいそうなことあるだろうか?
わずか4歳で大変な性を背負い、命をかけた闘病生活が始まったのだ。

本人はもちろんママとパパ、おじいちゃんやおばあちゃんたちのつらさにははかりしれないものがあるだろう。


思いだした。
お気ラク兄ちゃんは今まで2回の手術、計3回の入院をしたことがあった。
あの時どれだけ健康のありがたみがわかったことか!

思い出した。
どんなにきかん坊でもどんなに成績が悪くても、元気に友達や家族と過ごせることがどんなにそのコにとって幸せなことか。
そして、コドモが元気に過ごしているのが親にとってどんなに幸せなことか。

思い出した。
日々の当たり前の営みをあたりまえにできることがどんなに平穏無事なことか。

マヌケなコダもどなので、明日は忘れているかもしれない。
でも、元気でいてくれるだけでいい、そう思った今夜は、成績なんて二の次だと思えた。

実際のところ、兄ちゃんの反抗には本当に誰にも言えないほど思い悩み苦しんできた。
どうにもうまくいかなくて、泣いて暮らしていた時もあった。

でも今やっと思考錯誤して、ようやく落ち着いて接することが出来るようになったら、とらえて受け止める余裕ができてきた。
そうしたら、兄ちゃんもおちついてきた。

元気でいてくれればそれでいいんだ。
ほめて励ましていけばいいんだ。
楽しく暮らせるように見守ればいいんだ。


ブログの作り方を教えてくれた友人に大感謝。
彼女のおかげで、私の気持ちの居場所が見つかったのだ。
有難う。本当に有難う。あなたからは学ぶことが本当にたくさんあります。

それから、励ましてくれるコメ友のみなさんにめぐり合えた事に感謝。
何も言わず、でもいつもそっと見てくれているそこのあなたにも、有難う。

・・・なんか、卒業の言葉みたいになっちゃったけど、私はここにいて、今夜も自己啓発育児愚痴ブログをかいています。

明日は(も)みなさん、波風たたない平穏な日でありますように、おやすみ手(パー)

posted by コダックもどき2号 at 00:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

2次方程式で立場逆転

うちのお気ラク長男。ハハたる私はちょっと前までただの「兄ちゃん」と表記していたが、
最近「お気ラク」を追加し、「お気ラク兄ちゃん」へと格下げにしてしまった。

この高校受験生のお気ラク兄ちゃん、たまーーーーーにテストが思うように出来て、思った通りの点がとれたらもう態度のデカいことデカいこと!

昨日の数学の小テストが92点だったのだ。
クラスメイト全員93点以上だったとういケースも考え得るが、今日はこの可能性は考慮せず話そうふらふら

夜のご飯が終わって、今日はご機嫌なお気ラク兄ちゃんは、テストに出た問題のうちのひとつを私に出した。

お母さん、因数分解だからね、因数分解の問題だよと、それはそれは一生懸命に広告の裏に書き出す。

やってみてやってみてと矢の催促なので取り組んでみると、あれまあ、まったくわからない。

理数系さっぱりダメなコダもど。
「だいたい、数学なんてもともとわけがわからないし、因数分解も2次方程式も
どっちがどっちだか忘れているし、主婦の生活に全然必要ないし」、なーんて醜い言い訳をしながら、それでも紙に書いて考えていると、「えーーっ!?なんでそうかなー。2次方程式だよ。わかんないのーーー?」とすごく大きな声で高慢ちきに言い放ってくる。

てやんでえ!何としてでも問いてやるわい!と思ってまた取り組むが、すぐに、「ねー、因数分解ってどうやるんだっけ?」と聞いて、お気ラク兄ちゃんにあきれられた。

なんだい、ちょっとばかりテストができたからってさ!ふんっ!なーんて大人気なく思ったが、
考えてみたらこれって、普段のコダもどとお気ラク兄ちゃんとの関係を逆転させただけのことじゃない!?
こんな風に言われたら、やる気なくすよねふらふら
反省反省。

そして今夜は、してやったり、って感じで高飛車にふるまい優越感にひたり鼻歌を歌うお気ラク兄ちゃんでした。

でも見ててよー。
明日は三者面談よー。また、立場逆戻りよーん。
おーっ、ほっほっほっ。
って、かわいいわが子笑い飛ばしてどうするのよ、アタシのばかーもうやだ〜(悲しい顔)

おやすみー手(パー)

posted by コダックもどき2号 at 00:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

寒くないのかね?

すっかり寒くなってきたのに、まだ家では上半身はだかで勝手な人生を楽しんでいるうちのお気ラク兄ちゃん。
夏からずっと上半身はだかのままのヘンな人だ。

我が家が位置するところは南の楽園ではないし、ホテルのように素晴らしいコンディションの室温であるわけもない。

暑い暑いと常に言っていた真夏と今の気温とでは文字通り温度差がある。

では寒さを感じないのかと思うと、そうでもない。 あー、なんでこんなに寒いんだろうと訴えるので、これはもうヘンな人というレベルをはるかに超越している。
やることとなすことおかしいのに、これ以上おかしいところを増やさないで欲しいもんだ。

昨夜なんて、あまりの眠さと冷えでこの「何でこうなのよ」の更新を途中でリタイアし、お風呂で温まって寝ちゃおう!なんて私が思っているのに、兄ちゃんってば扇風機をつけてハリーポッターの最新作を読み直している。

受験勉強をするわけでもなく遅くまで起きていてまったく!とは思ったけれど、読書ならまだましかなと思い、早く休まないと体を壊すよと一言言って放っておいた。
扇風機なんかかけて・・・なんてまた余計なことを言ったら、「ワルいー?別にいいじゃん!」って反発させるのはわかっているから波風立てずにやりすごしちゃおうって寸法

いずれくる、今は小4のちびすけの反抗期の方が実はもっと恐ろしいのではないかと危惧しているコダもどだが、学校に行くときも放課後友達と遊んでいる時もいまだにTシャツにビーサンのサンシャインこぞうのちびすけはまだまだかわいい。
このかわいいうちをもっと楽しんでおこう。

今日はめずらしくこの時間の更新だけど、もうババシャツ着ちゃって遠赤外線ソックスにひざ掛けで深夜にPCに向かっていると、PCデスクをコタツに変えたいと思う寒がりのおばさんのこのごろでございます。

余談だけど、いつだかに書いたテレビの朝バナナダイエットね。
アレ以来、バナナ買えなくて困っているんだけど。
コドモのおやつに皮剥くだけのバナナってナイスなんだけどなあ・・・。
いつまでつづくかなあ・・・。

posted by コダックもどき2号 at 16:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

あなどるなよ、罰金総額と高校受験

何回目かの兄ちゃんの進路希望の調査が行われた。

うちのお気ラク兄ちゃんは第1志望と第2志望の公立高校以外何も考えていない。
見事に公立高校に合格することだけを視野に入れて頑張っているのだと言えばそれまでだが、兄ちゃんに限ってそうじゃない。
ただ、何も考えていないだけなのだ。
高校受験をなめるなよ、あなどるなよと今まで何度も言ってきたのだが、馬耳東風だったようだ。

今日がその調査表の提出期限なのに、朝になってからあたふたしている。
まあ、提出期限に間に合わせようとしているだけましなのだがふらふら

併願校はどこにしよう、何か書かなきゃ。やべー、お母さんどうしよう。やべー遅刻する。早くしてよ。ヤベー。

またどこかの国の故首相の孫である某ミュージシャンみたいにヤベーを連発している。

今頃何を言ってるんじゃとわが子ながらあきれ果てながら、自分が行きたい高校はどこなんだ、学校に行きながら自分で考えろと申し渡して切り捨てて、はいはい行ってらっしゃい、遅刻厳禁だよと玄関から押し出した。
本当にこのお気ラク兄ちゃんには驚かされることが多すぎてコダもどはひっくり返りそうだ。


今日も今日とて、ご飯までに帰ってくればいいんでしょ!と言いながらまた友達の家に遊びに行ってしまった。

「6時だからね、6時!6時に帰ってくるのよ!わかってるね!6時!」と、くどくどと言うコダもどに対して、
「はいはい。わかってますよ。遅れませんよ。6時ね。」
「帰ったらちゃんと勉強するんだからねっ。わかってるの?」
「はいはい。わかってますよ。やりますよ。」

へたに反発して長々説教されるのを恐れてか、やかましいハハをとりあえずやりすごす手段なのか、妙に従順で無抵抗だ。
くるか!、激しい反抗!っと構えていたのに、こうなるとこちらも調子は狂うしちょっと気持ち悪い。
慣れというものは恐ろしいものだ。

それにしてもおとといのあの大噴火から3日。
とりあえずは続いているお気ラク兄ちゃんの「ちょっと頑張り」

結局遅刻20分でおこづかいから罰金天引き20円の刑を課せられたが、どこ吹く風って感じの兄ちゃん。
たいした金額じゃないとあなどらないでよ!
勉強の成果も罰金総額もちりつもなんだからね!

posted by コダックもどき2号 at 22:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする