2012年03月25日

中2病と気楽な宇宙人

( ̄o ̄) こんな顔とか

( ̄3 ̄) こんな顔とかしながら「うるせえよ」と言われることが1日に3回はあるだろうか。

言われるたびに、

  何が「うるせえよ」だよ!!(=`(∞)´=) フンって思う。

  言われないようにしたらどうだ!!(=`(∞)´=) フンって思う。

  親離れしようとしているんだろうけどさ、そんなキツイ言い方しないでよ!!って思う。


かわいかったちびももう中2になる。

世でよく言われる中2病ってヤツがちびにも訪れるんだろうか?


最近では、ちびの言動に関して、お気ラク兄ちゃんがごもっともな発言をすることが多々あるようになった。

自分の時のことを思い出して語っているのだろうが、

「なんかさー、やたら髪の毛立ててみたり、前髪で顔を隠したくなったり、

B系
の服着てカッコつけたりすんだよなーψ(`∇´)ψ。

知ったかぶりするしさー(^o^)

そんでもって、何言われてもムカついてさー(^−^)

おれ、あの頃何やってたんだろって、今になって思うよ。うん。」


数年前に中2を経験したヒトからこーんな風に聞かされちゃうと、

ひらめきそっか!中2病の中2にはお母ちゃんが何言ったって暖簾に腕押しなのかひらめき

なーんて考える。

ひらめきだったらマジに熱くならないで冷静にオトナ対応すりゃあいいわーい(嬉しい顔)


お気ラク兄ちゃんの時にはずいぶん泣いた記憶があるけど、いくら脳細胞が日々死滅しているアタシにだって、

まだ、少々の学習能力は残されている。

そう、熱くならなければ静かにコトは解決する。これを肝に銘じておけばいい。



で、これはちびにだけあてはまることでないから、
お気ラク兄ちゃんに対しても当然、「熱くなるな」と既に銘じてある肝を前面に打ち出して日々応対すればいいのだ。 

しかし、この肝、結構頻繁に物忘れがひどくなる。

いつでも気楽なお気ラク兄ちゃんには、やっぱり日々熱くなってしまうんだふらふら

浪人が決まった今、頑張ろうという意思は固くあるらしい。

ずいぶん勉強しているのもわかっている。


だけど、兄ちゃんの短所であり長所でもある気楽な性格だと、

勉強以外のことに集中している部分を隠そうとしない。


不登校時代に築きあげた不規則な生活も、まだ、たまにある。


…みないようにすればいいんだろうけど…ムリふらふら


こうなったら、「ヤツは宇宙人」くらいに思っていればアタシの肝も納得するんだろうか?

posted by コダックもどき2号 at 18:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 高3兄の大学受験とちび中1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

ちびのいたずらと兄ちゃんの受検結果

何かのテレビで、かのフランシスコ・ザビエルのあの肖像画が出たときのこと。


「子供の頃、社会の勉強をしてきた中でも、この人ほどインパクトのある人って珍しいよねえわーい(嬉しい顔)

なーんてことをあたしが言い始めたら、得意気にちびが口をはさんだ。


「これって脳天に毛がないけど、

オレが使っている教科書のザビエルさんは毛が生えてるんだよ!」


えーーーっ!?そんなばかな!と思いながらも、

アタシが子供の頃と今では、漢字の書き順が変わっていたり、円周率が3.14から3に変わっちゃったりした事実もあるから、そういうのもアリか?


なーんて考えているうちに、ちびが社会の教科書を持ってきて、

ザビエルさんが登場するページを開いてあたしに見せた。


(…ホントだ。毛がある。ちゃんと…。えっ、マジ?( ゚ _ ゚ )…)


と、固まっているアタシにちびが大爆笑。

「これはおれが髪の毛を書き込んだんだよ。(≧∀≦)ギャハハハハ!!」


もうすぐ中2になろうっていうのに、まったくまだまだガキンチョだ。(~_~;)

それにしても、うまく髪の毛を書き込んだものだと感心。

こういうつまらんことを考えている間に年号の一つでも覚えたらどうだ?と、ますます思う。



そして、お気ラク兄ちゃん。

秋になってから気まぐれ台風のように大学受検コースに進路変更を決めてから、好きなブレイクダンスの練習回数もぐっと減らして勉強してきた。

もともと浪人覚悟の一発受検だったんだけれど、やっぱり…不合格バッド(下向き矢印)


ダンスの仲間はみんな既に進路が決まっているなか、唯一、浪人決定。


だけど、不登校の末にサポート校に転校して、高校卒業も危ぶまれていたあの最悪の頃から脱出。

高校卒という学歴を獲得でき、大学受検の権利をも得られたのだ。

「まあ、いいじゃないか。高校を卒業できたんだ。おまけに元気でいるんだから。」

…そう思う。来年がある。



お気ラク兄ちゃんが登校拒否してげっそりやせてしまった最悪の頃、

年配のご婦人が、アタシを心配して涙をこぼしながら話してくださったことがある。


 「私の長男はもうずっと前に亡くなったんですよ。
 
  まだ17歳で、とても優秀で優しい子でした。

  車に突っ込まれたんです。

  私は毎日泣いてばかりいました。「どうして?どうして?」と。

  あれから50年も経つ今になっても、まだいくらでも涙が出るんですよ。

  ほら、こうしていつも遺影を持ち歩いているんですよ。

  あなたの息子さんは、今、生きているじゃありませんか。

  かわいがってあげてください。

  息子さんが生きていてくれるだけで、あなたは十分幸せなんですよ。」


声をふりしぼって話してくださったあの時のことは忘れられない。

この言葉のおかげでアタシはどこかで変われたと思う。有りがたいことだ。




4月からこのブログのタイトルを変えねばならない。

「浪人・中2の息子たちと私の奮闘記…」

それにしても、予備校費、どうしよう…もうやだ〜(悲しい顔)

ラベル:中2 高3 大学受検
posted by コダックもどき2号 at 00:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 高3兄の大学受験とちび中1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

ちびの欠けた集中力と兄ちゃんのオキラクぶり

中1最後の定期テストまで既に2週間を切ったちび。

例のごとくアタシが仕事をする横で勉強を始める(始めさせられる)のだが、

やれペンだこが出来て痛いだの、やれシャーペンの書き味が悪いから集中できないだのと、

それはそれはよくもまあこんなに言い訳が思いつくもんだというくらい、つべこぬかす。

もう、うるさくてかなわんふらふら


かねてから懸案の集中力についてはノッてくるまでに大変な時間を要するので、

ちびの調子が出てきた頃にはこちらがもうぐったりしてしまう。


やっと集中しはじめたかなと思って油断していると、口をついて出てくる言葉は、

「ねえ、あと何分やればいい?次の休憩時間は何分?アイスある?」

である…もうやだ〜(悲しい顔)




小学生の時には真冬でも半袖ハーフパンツで過ごしていたちびだが、この冬は違う。

ユニク○のヒートテッ○のシャツの「ぬくさ」にハマったちびは、

もうこの冬はコレなしでは生きられないという。


小学生時代はやせ我慢をしていたのだろうか???

それとも、成長するにつれてフツウになっていくのだろうか???

すべては謎に包まれている。




そして、お気ラク兄ちゃんはたしか大学受験を控えていたと思うのだが、

どれだけ勉強が進んでいるのか、これも謎に包まれている。


相変わらずお気ラクな兄ちゃんは、マイペースな生活を変えない。

これもアホな母のもとに生まれたから仕方ないのかなとも思うのだが、

1年浪人されたら家計がどえらいことになる。

これで大丈夫なのかと果てしなく心配だ。


これだけは続けないとダメになるんだと言って、ダンスの練習には行っちゃうしちっ(怒った顔)

カッカとしているアタシに「まあまあ、母さん、週に1回か2回なんだから大丈夫大丈夫」わーい(嬉しい顔)なんて言ってくれちゃうけど、

大丈夫なわけないだろーがっパンチ


進路が決定している同輩やすでに社会人・大学生になっている先輩と一緒に練習している場合じゃないのに…

家に引きこもって青白い顔でいられるよりは、はるかにはるかにいいんだけど、

不登校を克服できたんだから、邁進するっきゃないでしょ!お気ラクよ!


今、通学している通信制高校では卒業アルバムはない。

寂しいものだ。


大学の卒業アルバムは是非見たいと心から願う。



そうそう、前回の日記では、お気ラク兄ちゃんの受検日は2月半ばと書いたのだが、3月上旬でした。

こんなに大事な日程を勘違いして、相当ボケてるアタシ。

自分のほうこそなんとかしなくちゃならんよねふらふら
posted by コダックもどき2号 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 高3兄の大学受験とちび中1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

降雪に無反応のちびと高3のいま受ける英検3級

やっと乾燥から解放された我が家の地域だが、とにかく寒いね。


昨日までのカラカラ天気はすごかった。


部活を終えて学校から帰ったちびは、

顔はすすけてストッキング(サッカー用のソックス)は何度洗ってもお水が真っ黒けのまま。

余談だが、しかも臭い。半端じゃなく臭い。


「母さん、おれもう嫌だよ。グラウンドさあ、砂埃ですごいんだよ。ほら、頭がさあ、髪の毛がさあ、ざらざらだよふらふら」と言いながら、キッチンで頭を掻く。


ひゃあ、こんなところで頭を掻かないでよー(^◇^;)と、さっさとお風呂に行くことを促す。


去年までは雪が降るととても喜んでいたのに、今朝は無反応。

朝練の有無しか頭に無い様子だった。

もうすぐ中2になるんだもの。子供の域から出るよね。

最近では自分の部屋にばかりいるし、すぐに仏頂面になるし。

あー、つまんないなあ…(;_:)かわいかったのになあ…。



そして、思春期を過ぎてオッサン化しているお気ラク兄ちゃんは、

「オレは18歳だからもうオッサンだ。

お前さあ、若いんだから冷蔵庫からプリンとってきてくれよ。あ、スプーンも!」

と、ちびをパシリに使う。

兄ちゃんという生き物は、えてして下の兄弟を都合のいいようにこき使う。

それは私も経験済だ。


1校だけ受けることにした今季の大学一般入試の試験日は2月半ば。

さて、それまでどれだけのことが出来るのか?


高1の秋から登校拒否。

引きこもってごはんも食べず、ベッドの中にばかりいた不登校時代を経て転校したあと、

昨年秋には、それでも英検3級を受験し1次試験に合格。

もうすぐ2次試験を受験する。


大学受験しようとする高3の学生が今頃3級を受験するなんて

世間一般ではあまり考えられないだろうが、それでもいいじゃないか!と思う。


1歩踏み出せたら2歩目はそんなに難しくないだろう。


今やるべきことを、やれるだけ頑張ってくださいませ。

それだけ。私から言えるのはそれだけだ。

ラベル:思春期 大学受験
posted by コダックもどき2号 at 17:08| Comment(8) | TrackBack(0) | 高3兄の大学受験とちび中1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

兄弟への声掛けの内容の差

これなんて読むの?もし?

もしって、何?


そう聞かれてはっとした。

そうか、この子は塾にまともに行ったことがなかった。

去年、小6の夏の無料の夏期講習くらいしか経験がない。


その夏期講習のあと、引き続き通塾させようという魂胆だったが、
「塾はどうしても嫌だ。自分で頑張るから塾だけは勘弁してほしい」と懇願され、
その頼みを聞いてきた。


しかし、前回の定期テストの結果、ちびはついに塾に行かされることになり、
冬期講習から2対1の個別学習塾に英語を習いにしぶしぶ通っている。

因みに、個別授業はお高いので、家族全員が苦手な英語のみ受講。

数学はお気ラク兄ちゃんが担当、その他はアタシが担当だ。


そして迎えた塾での初めての模試の申込書を見てのちびからの質問が、
「もしって何?」である。


ちびが模試という言葉を知らないだなんて考えたこともなかったので、
まったくたまげたと同時に、
アタシ自身の先入観やら何やらのまずさとでも言うべきものを瞬間に思い知らされた。


「オレ、全然自信ないし、ひどい点だと思うよ…。嫌だなあ」と言うちびに、
「テストの結果をみて、それぞれの教科のどんなところが解っていて、
どんなところが苦手なのか調べて、その後の勉強方法に生かしていくためだよ。
点数が悪かったら、出来なかった部分の勉強をしっかりやっていけばいいんだからさ。」
と説明。

安心した顔で塾へと出かけて行くちびを見送ってから、
お気ラク兄ちゃんの時のことを思い出した。


お気ラク兄ちゃんの時には、そんな声掛けが出来なかったような気がする。

同じ場面があったとしたら、兄ちゃんにはきっとこんな感じで言っていただろう。
「点数が悪かったら、それは普段から勉強をさぼっているせいだよ。」

嫌なことを言ったもんだと思う。反発したくもなるだろう。


それにしても、兄ちゃんの時とちびの時とずいぶんと差が出たもんだ。

これには、第1子のお気ラク兄ちゃんの子育てで失敗して学んだ部分があるし、
アタシ自身もアラフィフになってようやく少しは大人になれてきた部分もあると思う。

子育てしていたつもりなのに、子供に育ててもらってきたんだなと改めて悟る。


小さいお子さんにだだをこねられて余裕のない不機嫌な顔をしているママさんを見かけると、
つい、声をかけたくなる。



お気ラク兄ちゃんは相変わらずマイペースだけど、すっかり穏やかになり、

家族と過ごす時間がとても多くなった。

たぶん、アタシが気持ちを入れ替えられた成果だと自負している。

笑顔を忘れないこと、気持ちを受け止めて理解すること、
些細なことでごちゃごちゃ言わないこと。

たったのこれだけだ。

これだけのことなのに、余裕がもてずにイラついていた自分をとても愚かに思う。


ちびに対しては失敗を繰り返したくない。

そしてお気ラク兄ちゃんには、「今」を大事にしていってほしい。




…なんてしみじみと書いたけど、やっぱりムカつくことが二人ともいっぱいありすぎて、
笑顔でばかりいられなーーーーーいむかっ(怒り)


【余談】

前回の日記を見て苦笑。

「センター試験」のことを「共通1次」と書いてあった。

自分はもうすでに相当古い人間なんだなと改めて思う(~_~;)
ラベル:高3 中1 声掛け
posted by コダックもどき2号 at 22:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 高3兄の大学受験とちび中1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

間に合わない大学受験とちびの反抗期

あっという間に今週末は共通1次試験。


しかし我が家の大学受験生、お気ラク兄ちゃんには無関係の話である。


高校で登校拒否を経験し、

サポート校に転校後もなかなかリズムに乗れなかったお気ラク兄ちゃんだ。


秋になってから希望進路を専門学校から大学へと変更して、

とてもこの冬の受験期に受験勉強が間にあうはずもない。


AO入試は論外。


共通1次試験に臨めるほどの受験勉強もままならないから同じく論外。




進路変更した当初から浪人覚悟ではあったし、どうもまだ不安定な部分が多々ある。


転校先のサポート校では、普通科高校のような学活もなければ

年度初に編成されたクラス単位の授業もない。


毎日登校して授業を受ける生徒、レポートのみ提出をしに週数回登校する生徒。

さまざまな理由で高校を転校した高校生、

仕事をしながら高校卒業資格を得ようとする既卒生などが、

大学のように設定された授業を受けるために不規則な時間に登下校する。


そんな中で学校での友人を得る機会は、そうそう巡ってこないようだから、

相当楽しくない高校生活なのだろう。


今さら仕方ないことだが…。


そんな気持ちを心に隠しながらでは、

もともと好きでない勉強もはかどるはずもなかったのだろう。





通い始めた予備校には、中学時代の知り合いが何人かいたのだと喜んでいた。


でも、その知り合いたちは、この受験期に臨んだ入試でみごと大学に合格し、

予備校も卒業していくだろう。




抜けてしまった高校の勉強は、今、頑張って補うしかないんだよ。

そうして頑張った先には楽しい大学生活が必ず見えてくるんだよ。

だから、今を精一杯がんばって過ごそうよ。ねっ、お気ラク兄ちゃん!





一方の弟、中1のちび。


昨年末の三者面談では担任の先生から厳しいお言葉を頂戴して、がっくりバッド(下向き矢印)

提出物などは出しているものの、定期テストの点数が撃沈。

それから、

    口答えが多い
    頼みごとにいい顔をしない
    クラスメイトのおとなしい男子にちょっかいを出している

等々ふらふら


「テストの点数もそうですが、生活態度にも変化が表れていますね。
 何かお心当たりは?おうちで何かありましたか?」


そう聞かれても、家ではもめごとはない。

強いて言えば、仕事が忙しくてほったらかしになっていたことが挙げられる。


中1のころのお気ラク兄ちゃんは、自分の部屋で過ごすことが多く、

話しかけてもうるさがることが多かった。


甘ったれだったちびも、最近は私をうるさがることが増えてきたから、

少々ほったらかしにした方がお互いにラクだと思っていたのだが、

これがいけなかったのか?ふらふら



お気ラク兄ちゃんの反抗期と高校受験の悩みから始まったこの日記。

そろそろ主役交代の時期だな。
posted by コダックもどき2号 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 高3兄の大学受験とちび中1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

部活から飛躍して考える兄弟の友人関係の違い

ちびの場合、サッカー部の朝練が週に3回ある。

それでもって、放課後の活動はほぼ毎日。

帰宅は6時半くらい。


いま現在の下校時間が5時で、通学時間は15分足らずなのに、なんで6時半???


マヌケなアタシがつい最近ようやく気付いて聞いてみたら、

部活の仲間たちと一緒にY公園まで行って、そこでしばらく話をして、

それから流れ解散をしているんだ
わーい(嬉しい顔)と。


なるほど、寄り道ではないけれど遠回りをしているってことか。

まあ、これもチューボーならではの楽しみだろうなと思い、聞き流す。


お気ラク兄ちゃんが中学生の時にはクラブチームに入っていたから、

そんな楽しみがなかった。


だから、ということではないかもしれないけれど、ちびに比べて友人が少なかっと思う。


ちびは休みの日にはどんどん友達に電話をかける。「今日遊べる?」と。

だから、休みの日に一人でいることなどほとんどない。


お気ラク兄ちゃんはそうじゃなかった。

誰かに誘われるのを待つ。そんな感じだった。


そんな兄弟の違いをちょっと考えてしまった昨夜、

二人は楽しそうに遊戯王カードで勝負をしていた。


あのお、ちびすけさん、中間テスト、あと1週間ちょっとじゃありませんか?

まだ中1だからって油断しないほうがいいと思いますけどー。


あのお、お気ラク兄ちゃんさん、大学入試、もうすぐですよね?

浪人覚悟なのはもっともだけど、現役合格を目指してもらえると、

家計が助かるんですけど…


ってか、しっかりやれー爆弾



posted by コダックもどき2号 at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 高3兄の大学受験とちび中1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

兄ちゃんの進路迷走とちびのヤバい記憶力

ほぼ毎日の部活のあと、泥まみれ汗まみれのくたくたで帰宅する中1のちび。

かわいそうだけど、ムチ打って進研ゼミを頑張ってもらうハハは、つらい。

とてもつらい…。




しかーしexclamation×2




今、ちびすけを悩ませている仇敵である、世界の四大文明、枕草子の「夏」の章。


えーとー、インダス文明いー、チグリスなんとか川のめそぽぽ…ん?めそぽぽ…なんとか文明いー、
………あと、何だっけ?

夏は夜っ!わーい(嬉しい顔)………ん? あと、何だっけ?
ふらふら


ちなみに、世界の四大文明は前回のテスト範囲内のおベンキョ内容だ。はなはだマズイバッド(下向き矢印)

いちおう確認しておこう。→世界四大文明ウィキ


何でどうしても覚えられないのかねえふらふら

あーあバッド(下向き矢印)




そして懸案のお気ラク兄ちゃん。

大学受験を目標に勉強をしてきた(みたい)だけれど、夏直前に突然予定進路が迷走開始。

(仮に運よく志望校に合格しても)今のオレには大学で何を勉強したらいいのかわからないし、大学の授業についていける自信がもてないんだ…。

そして、

今まで言えなかったんだけど、やっぱりダンスの道に進みたいんだ。ダンスのインストラクター、それでダンススクールを始める…って感じなんだけど。

と、言い始めたんだよ。



もとより、高1の後半から半年あまりも高校に行っていないお気ラク兄ちゃんだから、
人1倍努力しないと受験勉強が間に合うはずもない。

模試の成績もなかなか上がらなかったことを気に病んでいたようだけど、
「勝負の夏」を前に気持ちが迷走を開始しちゃったら、もうどうにもならない。


そしてあっという間に節電の夏が終わってしまったんだ。
posted by コダックもどき2号 at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 高3兄の大学受験とちび中1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする