2013年02月28日

あと1校。

受検する大学も、残すところあと1校となったお気ラク兄ちゃんの昨今である。

やはりまだまだ勉強が足りなかったのだろう。


高1の秋から高2の夏まで登校拒否。
それから通信制高校に転校するも、すっかりなくなった意欲を取り戻すことで精いっぱい。

通学するようになれたものの、授業を聞いてもよくわからないまま時が過ぎていったようだ。

追試を受けたりして、卒業はできた。
でも、やっともらった「高校卒」は名ばかりの学歴だったのか?


お気ラク兄ちゃんは1年間の浪人生活をどう過ごしたのか?
…自分なりに頑張っているのだと、常々言っていた。

アタシから見たら、努力が全然足りないと思っていた。
高校での2年半近くをろくに勉強していないのだ。
それを1年でとりかえしてさらに大学に受かろうと思ったら、並大抵のものじゃないだろう。

あと1校。

ここが受からなかったら、フリーターになるのだ。

昨年の今頃、アタシはお気ラク兄ちゃんにそう告げておいたはずだ。

でも、今、気持ちが揺らいでいる。

彼の人生を左右する岐路に立っているのは、彼自身だけではない。
親たるアタシと夫も傍らに立って、いくつかの道を閉ざそうとしているのだ。

そんな大罪をおかすことは出来ない。

揺らぐ。

揺らぐ。

迷う。


なーんてマジに悩んでいる今日この頃。
まだ1校残っているんだから、悩むのは時期尚早かな〜(~_~;)
それとももう遅いのかな〜(~_~;)

は〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜どうしようもうやだ〜(悲しい顔)
posted by コダックもどき2号 at 22:51| Comment(0) | 浪人兄と中2ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。