2012年02月12日

ちびの欠けた集中力と兄ちゃんのオキラクぶり

中1最後の定期テストまで既に2週間を切ったちび。

例のごとくアタシが仕事をする横で勉強を始める(始めさせられる)のだが、

やれペンだこが出来て痛いだの、やれシャーペンの書き味が悪いから集中できないだのと、

それはそれはよくもまあこんなに言い訳が思いつくもんだというくらい、つべこぬかす。

もう、うるさくてかなわんふらふら


かねてから懸案の集中力についてはノッてくるまでに大変な時間を要するので、

ちびの調子が出てきた頃にはこちらがもうぐったりしてしまう。


やっと集中しはじめたかなと思って油断していると、口をついて出てくる言葉は、

「ねえ、あと何分やればいい?次の休憩時間は何分?アイスある?」

である…もうやだ〜(悲しい顔)




小学生の時には真冬でも半袖ハーフパンツで過ごしていたちびだが、この冬は違う。

ユニク○のヒートテッ○のシャツの「ぬくさ」にハマったちびは、

もうこの冬はコレなしでは生きられないという。


小学生時代はやせ我慢をしていたのだろうか???

それとも、成長するにつれてフツウになっていくのだろうか???

すべては謎に包まれている。




そして、お気ラク兄ちゃんはたしか大学受験を控えていたと思うのだが、

どれだけ勉強が進んでいるのか、これも謎に包まれている。


相変わらずお気ラクな兄ちゃんは、マイペースな生活を変えない。

これもアホな母のもとに生まれたから仕方ないのかなとも思うのだが、

1年浪人されたら家計がどえらいことになる。

これで大丈夫なのかと果てしなく心配だ。


これだけは続けないとダメになるんだと言って、ダンスの練習には行っちゃうしちっ(怒った顔)

カッカとしているアタシに「まあまあ、母さん、週に1回か2回なんだから大丈夫大丈夫」わーい(嬉しい顔)なんて言ってくれちゃうけど、

大丈夫なわけないだろーがっパンチ


進路が決定している同輩やすでに社会人・大学生になっている先輩と一緒に練習している場合じゃないのに…

家に引きこもって青白い顔でいられるよりは、はるかにはるかにいいんだけど、

不登校を克服できたんだから、邁進するっきゃないでしょ!お気ラクよ!


今、通学している通信制高校では卒業アルバムはない。

寂しいものだ。


大学の卒業アルバムは是非見たいと心から願う。



そうそう、前回の日記では、お気ラク兄ちゃんの受検日は2月半ばと書いたのだが、3月上旬でした。

こんなに大事な日程を勘違いして、相当ボケてるアタシ。

自分のほうこそなんとかしなくちゃならんよねふらふら
posted by コダックもどき2号 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 高3兄の大学受験とちび中1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック