2012年01月12日

間に合わない大学受験とちびの反抗期

あっという間に今週末は共通1次試験。


しかし我が家の大学受験生、お気ラク兄ちゃんには無関係の話である。


高校で登校拒否を経験し、

サポート校に転校後もなかなかリズムに乗れなかったお気ラク兄ちゃんだ。


秋になってから希望進路を専門学校から大学へと変更して、

とてもこの冬の受験期に受験勉強が間にあうはずもない。


AO入試は論外。


共通1次試験に臨めるほどの受験勉強もままならないから同じく論外。




進路変更した当初から浪人覚悟ではあったし、どうもまだ不安定な部分が多々ある。


転校先のサポート校では、普通科高校のような学活もなければ

年度初に編成されたクラス単位の授業もない。


毎日登校して授業を受ける生徒、レポートのみ提出をしに週数回登校する生徒。

さまざまな理由で高校を転校した高校生、

仕事をしながら高校卒業資格を得ようとする既卒生などが、

大学のように設定された授業を受けるために不規則な時間に登下校する。


そんな中で学校での友人を得る機会は、そうそう巡ってこないようだから、

相当楽しくない高校生活なのだろう。


今さら仕方ないことだが…。


そんな気持ちを心に隠しながらでは、

もともと好きでない勉強もはかどるはずもなかったのだろう。





通い始めた予備校には、中学時代の知り合いが何人かいたのだと喜んでいた。


でも、その知り合いたちは、この受験期に臨んだ入試でみごと大学に合格し、

予備校も卒業していくだろう。




抜けてしまった高校の勉強は、今、頑張って補うしかないんだよ。

そうして頑張った先には楽しい大学生活が必ず見えてくるんだよ。

だから、今を精一杯がんばって過ごそうよ。ねっ、お気ラク兄ちゃん!





一方の弟、中1のちび。


昨年末の三者面談では担任の先生から厳しいお言葉を頂戴して、がっくりバッド(下向き矢印)

提出物などは出しているものの、定期テストの点数が撃沈。

それから、

    口答えが多い
    頼みごとにいい顔をしない
    クラスメイトのおとなしい男子にちょっかいを出している

等々ふらふら


「テストの点数もそうですが、生活態度にも変化が表れていますね。
 何かお心当たりは?おうちで何かありましたか?」


そう聞かれても、家ではもめごとはない。

強いて言えば、仕事が忙しくてほったらかしになっていたことが挙げられる。


中1のころのお気ラク兄ちゃんは、自分の部屋で過ごすことが多く、

話しかけてもうるさがることが多かった。


甘ったれだったちびも、最近は私をうるさがることが増えてきたから、

少々ほったらかしにした方がお互いにラクだと思っていたのだが、

これがいけなかったのか?ふらふら



お気ラク兄ちゃんの反抗期と高校受験の悩みから始まったこの日記。

そろそろ主役交代の時期だな。
posted by コダックもどき2号 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 高3兄の大学受験とちび中1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245738004
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック