2011年04月14日

ちびの情けない悩みと兄ちゃんの時差ボケ?さぼり寝?

教科書が重い。
今のちびの、情けない悩みだ。

教科書が重いのは別に珍しいことじゃないが、中学のものなら小学校の時よりは確かに重い。

だから何なんだ?と思う方もいるかもしれない。

しかし、このちび、小学生時代のカバンの中はほぼペンケースのみ。
いわゆる完璧なオキベン君だったんだ。

オキベン=置き勉
学校に教科書を置いてくること。


中学生になってからは毎日、時間割を揃えて持っていく。
部活用の水筒、体操着と、サッカーのスパイクも入れる。

あえて特記事項として書くが、スパイクは湿っていて、とてもかぐわしい足の香りが満ちあふれている…(ノ≧∇≦。)ノ))...


「うーーーふらふら入らないーふらふら入らないーふらふら

分けて、別に持てばいいのに、どうしても一つのカバンに入れなくちゃ気が済まないらしい。
変なところに変なこだわりを持つ。


やっと詰め込んでから、必死に背負う。

重みに耐えて、前かがみになって、
「うーーーふらふら重いよーもうやだ〜(悲しい顔)

なんちゅー情けないサッカー少年だろか (≧ω≦。)プププ

しかし、それでも元気に玄関を出ていく。
幼稚園時代からの幼馴染との待ち合わせ場所を目指してわーい(嬉しい顔)





そして、お気ラク兄ちゃんの転校生活回想録


時差ボケ。
そう表現するとぴったりなのか?

昼夜逆転生活から、お天道様と向き合う生活への転向。
高校を転校して、通学をするようになって、これはしばらくキツかったようだ。


しかしながらもなんとか通い、1週間ほど経ったある日、担任の先生から電話が。

「ここ2日ほど学校に来ていませんが、欠席ですか? 連絡は入れていただいていますか?」

「(へっ? 行ってるんだけど…。)いえ、登校しているはずですが…」


翌日、お気ラクが家を出てから学校へ連絡するアタシ。

お気ラクが到着する頃を見計らって、登校したか否かを確認します、と言った先生。

そして、お気ラクはというと、
「登校した姿は目撃されたものの、受けるべき授業が行われる教室には表れない。
探してみたところ、何とも幸せそうに自習室で寝ていた」というのだふらふら


どこで何をしているのだろう?? さぼってる?? まさか登校拒否??
と、それはそれは不安な気持ちでいたのに、自習室で寝ていたとは!

まずは、びっくりしたがく〜(落胆した顔)

次に、ホッとしたわーい(嬉しい顔)

そして、あきれたふらふら

それから、頭にきたちっ(怒った顔)


先生はおっしゃった。
  どこかでふらついていたのとワケが違う。
  何とかして学校に行こう、頑張ろうと努力しているんだ。
  まだ体が慣れなくて疲れている。
  時差ボケみたいなものだ。
  僕からうまく言うから、ご家庭では触れないであげてほしい。
と。


おー、危なかった。
先生の助言がなければ、「まったくもうっちっ(怒った顔)」と、面と向かって言っちゃうところだった(^_^;)

サポート校…… うん、いいじゃん!
親の気持ちの暴走抑制もサポートしてもらえる ァハハ・・(^д^;)



この日、帰宅したお気ラク兄ちゃんは、何も聞かないのに、のたまった。

おれ、授業さぼって自習室で寝ていたの、バレちゃったよ。 へへ(^―^) 。


笑いながら白状とは、余裕じゃん!と思いながらも、何だかすごくすごくうれしかったんだ。
posted by コダックもどき2号 at 23:03| Comment(12) | TrackBack(0) | 高3兄の通信制高校と中1ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちびくん中学生頑張ってますね
だんだん生意気になってきたらどうする(爆)

お兄ちゃん いいねぇ〜
笑って言えるところが成長したね
Posted by KERO at 2011年04月14日 23:07
ちびくん、わかるぅ〜わかるよ〜
うちも前かがみになって歩いてたもん♪
中学校ってなんでこう重いのかね〜

兄ちゃん、よかった!
笑えるってのは本当に嬉しくなるね
毎日通うってことは普通のようで、でも普通が一番難しかったりすることだから…

コダもどさんも先生の助言があって助かるね

我が家も、高校生活…中学のときとはまったく変わった顔で毎日頑張ってます!
Posted by ラフェッタ at 2011年04月15日 08:12
こんにちは!
お兄ちゃん、頑張って、学校に行ってるみたいで何よりです!
うちのお兄ちゃんも、何とか10日ほど、頑張ってくれました。お気ラクお兄ちゃんの後を、うちのお兄ちゃんが追っているようで、お気ラクお兄ちゃんの今後がすごく気になるところです。
このまま、普通で平凡な日々がずっと続いてくれたなら…と祈るばかりです。
中学生になったばかりの下の子は陸上部に入り、エナメルバックの中に、教科書やお弁当、大きな水筒、体操着、ジャージを無理矢理押し込み、今朝はファスナーが閉まらなかったので、私がファスナーを抑えて息子が閉めていました。
どれぐらい重いのか、試してみると、歩くのが、かなり困難な重さで、よく、四階の教室まで頑張って持って行けるなぁと感心してしまいました。

学校に行く、という、世間一般的に言うと、当たり前の事が、今の私にとっては、すごく有り難くて幸せな事だとしみじみ感じています。
お互い、マイペースで頑張りましょう!
Posted by kana at 2011年04月15日 12:47
KEROさーん\(^o^)/
ちびは、かわいさが残りながらも、冷たい対応をしてくる部分が出てきて、私は複雑な気持ちになってきたよ。
笑いながら自白してくれたお気ラクには、安堵感みたいなものを感じた。

KEROさんとこに行っても何故かコメが入らないの。
そちら、本当に気を付けてね。
Posted by コダックもどき2号 at 2011年04月16日 20:50
ラフェッタさん、やっほう!

何かすごく困ったことが起きたときに、当たり前の生活や普通であることの有難たさというものを初めて知ることができるんだよね。

子供の気持ちを大事にするということ、サポート校の先生から教えられている気がします。

うちのちびも楽しく頑張っているし、ピピ君も吹奏楽部への入部で、お互い、新入生のスタートは順調といってよさそうだね(^.^)
Posted by コダックもどき2号 at 2011年04月16日 21:09
Kanaさん、こんばんはー\(^o^)
また来てくださって有難う!

そちらも順調なようで、何よりです(^.^)
ホント、普通な日々を過ごせる幸せは、普通でない日々を過ごしたからこそ格段に素晴らしく感じるのだとつくづく思います。

Kanaさんのお兄ちゃんも続けて頑張ってくれるといいですね。

そして、弟君もやっぱり大荷物に苦労している様子。
「ちゅうぼー」の宿命なのかな?(^_^;)

お気ラク兄ちゃんが中学の時には、オキベンして、しょっちゅう先生に怒られていたみたいだけど、ちびは、とりあえずまだまじめに取り組んでいます。
これがずっと続いてくれるといいんだけど…。
Posted by コダックもどき2号 at 2011年04月16日 21:24
コダもどさ〜ん、お久しぶり!
新しい生活が始まったね♪
我が家の中1も大きなかばんを2つ背中と肩にしょって小さな体で出かけていくよ^^
部活用と授業用・・重いね〜
これを一つにまとめると、相当なものですよ^^;

お兄ちゃん、、なんだかとってもいい感じ☆
たくましくなっただろうなって
想像しています。
お兄ちゃんが自分で拓いた新生活、
 本当におめでとう!♡
Posted by ミロママ at 2011年04月23日 13:15
ごめんね、最後に苦心してハートを書いたのに・・。
Posted by ミロママ at 2011年04月23日 13:16
またまたお邪魔します!
更新が、今か今かと待ち続けています。(急かしてるわけではないのですが…。)
うちのお兄ちゃんも、お気ラクお兄ちゃんのように頑張ってくれると信じてたのに、何だか雲行きが怪しくなり、とても不安な気持ちになり、思わずコメさせていただきました。
どうやって乗り越えればいいのか、何か、アドバイスしていただけたら幸いです。
よろしくお願いします。
Posted by kana at 2011年04月25日 20:14
ミロママさ〜〜〜ん、久しぶりー\(^o^)/

荷物の重さにも慣れてきたのか、ここのところは、「今日は2.5sくらいかな?」なんて言いながら出発しますよ。
たぶんあの重さは、その倍はあると思うんだけど、ショックを受けるだろうから、あえて言わないようにしているの(^◇^)

お気ラクのためにハートを有難うm(__)m
うーん、見たかったなあ。残念っ!

おかげさまで、本人的には順調らしいです(^_^;)。
Posted by コダックもどき2号 at 2011年04月27日 16:51
kanaさーん、こんにちは(^◇^)
雲行きが怪しいって、どんな感じなのかわからないけれど、
たとえば、
  楽しいことがない
  うざったい事がある
  うざったい人がいる
  気分がのらない
  雰囲気に馴染めない
  仲良くなれそうな人にまだ会えない
  不快に思う場面が多い

そんなことが考えられるかな?って思ったのだけれど、どうですか?

アドバイスだなんて大そうなこと、私にできることではないのだけれど、
私の経験上、親としてできることって、

  話をよく聞いて、子供の気持ちを受け止める

そのうえで、

  子供が嫌がっていることすべて肯定しないながら、否定もしない

  その他、とにかく文字通り親身になる

  どんな小さな頑張りでも、ほめる

詳細がわからないので、こんなことしか思いつかなくて、ごめんなさい。

とても不安だと思います。
雲行きが怪しい今のうちの対応が一番重要かもしれない。

kanaさん、お子さんの気持ちになって一緒に考えて、いい方向に向かいますように。
Posted by コダックもどき2号 at 2011年04月27日 17:17
ありがとうございます!貴重なアドバイスを何度も読み返しています。

息子と同じ目線で、一緒に悩み、考え、一つ一つ乗り越えて行くしかないですね。

辛いけれど、やってみます!
ありがとうございました!
Posted by kana at 2011年04月27日 18:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/195855112
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック