2011年01月31日

ハハが意思決定した経緯とちびの親離れ現象

やったーーー

夫の歓喜の大声で目が覚めた。

がばっと飛び起きると、サムライブルーのユニフォームが固まって踊っているようだった。

昨晩深夜のサッカーアジアカップ決勝で、長友選手からの見事なアシストパスから李選手がこれまた見事なボレーシュートでネットを揺らした瞬間。

さも、今までしっかり見ていたかのように知ったかぶりをして、眠っていたちびを起こすと、

うるさいなあ、わかってるよー、見ていたんだからさ(―ω―#)
と非常にご立腹。


今まで真っ暗な寝室で眠っていたのに、何を見ていたって言ってるのよっ( =`ェ´=)
おこしてねわーい(嬉しい顔)って言ってたくせにさっ( ̄・ ̄)

と思いながらも、

あら、ごめんねー、早く知らせたくて(´Д`)

とやさしく布団をかけなおす。

親離れしようとする子供に、アタシもようやく大人の対応ができるようになったな♪(* ̄ー ̄)v、と心の中で自画自賛。



午後になって洗濯物と布団を取り込もうとするが、何しろ首が動かない。

そう、テレビの前でサッカー中継が始まるのを待っているうちに、ホットカーペットでうっかりいぎたなくうたた寝をしてしまったのだ。

リビングでPCに向かっていたお気ラク兄ちゃんに、「首が痛くて動かないから、布団だけでいいから取り込んでよ」と丁重にお願いすると、

あんなところで長々と口を開けて寝ている((´ρ`))からでしょ(~ヘ~;)
そういうのをジゴージトクってーんだよ(* ̄∧ ̄*;)
しょーがねーなー。洗濯物まで全部入れとくよ(* ̄∧ ̄*;)


しまった!
アタシとしたことがコヤツに自業自得だと言われるような真似をしてしまうとは!
しかも口まで開けていたとは…( ̄ヘ ̄;)ウーン

と、1本とられた気持ちではあれど、何ともうれしい言葉だったんだ揺れるハート






お気ラクがあの高校をやめたい・転校したいと言い出してから、何度となく自分の気持ちを整理してみた。

何度も何度も整理してみたが、やっぱりアタシは何とかまた元のさやに戻るのが一番だと考えるばかり。


でも、夫は違った。

あんなに苦しんでいるんだから、もう無理だ。
やりたいようにさせてやれ。
あいつの人生だ。あいつが気づいて考えて決めて進めばいいんだ。


と最初から一貫していた。

それでも、何とかならないかとやりきれない気持ちでいる頃、高校の担任の先生からの電話。

2年になって成績が出ないのもさることながら出席日数が0なので、そろそろ先のことを決定する時期だと。
1年の時はなかなかの成績だったようなので高校側は頑張って復帰して欲しいと思うが、お気ラク君がそれを希望しないなら強くひきとめはしない、との話。


誤解のないよう敢えて書き添えるが、これは、当然の対処だろうと思うから、学校を非難する気持ちなど毛頭ない。
担任の先生だって、学校側からの通達を代弁しただけなのだろうと、容易に推測できた。
電話の向こうで申し訳なさそうに頭を下げている様子が目に浮かんで気の毒にさえ思えた。


でも、それは、何故かとても空虚な代弁としてアタシの中に違和感とも嫌悪感ともつかない感情を引き起こしたんだ。

お気ラクが入学以来ずっと味わってきたであろう感情を、このとき初めて感じた気がした。

アタシもついに決断できた。


でも、まだ、重要なことが残っていた。
高校をやめることでお気ラクに波及するであろう様々なことを予測して、お気ラクに伝えて確認しなくてはならない。…それでもやめるのか?その気持はゆるぎない気持ちなのか、と。

posted by コダックもどき2号 at 02:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 高2兄の転校への道程と小6ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アジアカップ決勝戦、燃えましたね(私はビデオ観戦者ですが・・^^;)

お兄ちゃんのことば、や・さ・し・くて
なんだかホッとしました。

続きが読みたいよ〜。


Posted by ミロママ at 2011年01月31日 13:12
どう書いていいのかわかりませんが
コダもどさんが決断した気持ち
ズンっときました。

続きが気になるわぁ〜

お気楽兄ちゃん やさしいわね
Posted by KERO at 2011年01月31日 13:23
はじめまして
高2と中1の息子をもつ者です。
人事じゃないと
読まさせて頂きました。
本当同じ高校生でも真面目に勉強を
何の疑問ももたないでできる子もいれば
親から見れば破滅の道に進んでいるように見える子もいて・・・
家はゲーム 携帯 依存症
当然成績も下降
本当にどうしたらよいか日々迷っています
これからも是非よろしくお願いします
Posted by ぴこりーの at 2011年01月31日 22:52
コダもどさん、こんにちは。

おにいちゃんは
「高校生活よりダンスの道に進みたい」
ってことなの?

それとも、今の高校が合わないだけ?


私ね、おにいちゃんにとっても
「人間力」を感じたよ。
だって、
>しょーがねーなー。洗濯物まで全部入れとくよ(* ̄∧ ̄*;)

・・言われたこと(ふとんを入れる)はするかもしれないけど、首の痛い母を思って、プラスαまでしてあげるとはなかなか言わないよ。男子高校生は。

学校へ行っても授業をさぼったり、
何しに学校へ行ってるのかわからない子たち。
あるいは荒れたりキレたりする子が多い
このご時世・・・。

そんなのに比べたら、たとえ口は悪くても、思いやりを忘れていないやさしいお気ラクくんはなんの問題もないと思う。

いい子に育ったね、コダもどさん♪



親としては、学校やめたら、この子はこのあとすごく苦労するんじゃないかなって思ってしまうけど、そこはパパさんのおっしゃるとおり、
>お気ラクが気づいて考えて決めて進めばいいんだ

ホントにそうだと思いますよ。







Posted by le-reve at 2011年02月01日 14:22
ミロママさん
遅くなりましたm(__)m
お気ラクはこういう時だけ優しいのです(^_^;)
続き、頑張ります!
Posted by コダックもどき2号 at 2011年02月06日 15:08
KEROさんも遅くなり、すみませんm(__)m
いざという時にやさしいと、こんなやつでもほれぼれしちゃいます(*^_^*)

ところで、
KEROさんのところに行くのだけれど、コメが入れられなかったりエラーになったりしてしまって…
Posted by コダックもどき2号 at 2011年02月06日 15:14
ぴこりーのさん、はじめまして(^.^)
ゲーム・ケータイはうちのお気ラクも必需品ですよ。困ったもんです(^_^;)
ゲームが出来る環境にしてしまったこと、本当に後悔しています。

下降する成績には親としては心配ですよね。
何か原因があるのでしょうか?…

うちは下降どころでなく急降下だったのに、その時点(高1の2学期)でもっと真剣に気持ちの変化に対応してやれなかったことを今更ながら後悔しています。

なんだか後悔することばかりなので、ケータイについては、小6のちびすけにはまだまだ、本当に必要だと思える時まで絶対に持たせないつもりでいるけれど、いずれ、「欲しい欲しい」と、激しい攻撃にあいそうだなあ(^_^;)

ブログ拝見しました。綺麗好きさんの優しいブログですね(^o^)
私も見習って殺風景な我が家を綺麗にしたいと思います。

こちらこそよろしくお願いしますm(__)m
Posted by コダックもどき2号 at 2011年02月06日 15:34
le-reveさんも遅くなってすみませんm(__)m

お気ラクあの高校を去ったのは、一言でいえば「合わなかった」のです。
(時間があれば、2009年4月の入学直後の記事から読んでもらえるとわかると思うのだけれど)
事件を起こした友人への学校側の対応とか、様々なことがお気ラクを不登校へ導いていったの。


「人間力」…
なんだか、うれしくなってしまったわ、le-reveさん(^.^)
まだまだ捨てたもんじゃないかなって思えていきました。とてもうれしい言葉です。
有難うm(__)m

夫の言うこと、わかるのだけれど、私はつい、ああだこうだと言いすぎちゃって、お気ラクにうるさがられています(^_^;)
この私、どうしたもんでしょ?
Posted by コダックもどき2号 at 2011年02月06日 15:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック