2010年03月25日

いつまでこもっているのやら

登下校時間にすれ違う、楽しそうに話しながら歩く女子高生。

テニスラケットを背負ったりギターを肩にかけて歩く制服姿の男子高校生。

・・・見かけると、うらやましくて切なくて苦しくて仕方がなかったなあ(;_;)。


だけど、そんな時期も過ぎて、

この子は一体これからどうなるんだろ?どうするんだろ?
通信制高校に転校する?
定時制高校に転校する?
高校受験しなおす?
高校1年で中退する?
頻繁にクビになるフリーター?
それとも引きこもる?

いやいやポジティブに考えてみよう!
頑張って立ち上がって今の高校に復帰する。
さらにあと2年頑張って第一志望の大学に入り、ダンス部で楽しく過ごす。
それともダンサーになってEXILEに引っ張られて一員になる?
いやいやジャニーズのテストに合格して、Hey!Say!Jumpのメンバーに追加してもらって、山田涼介君と仲良くなって、涼介君がうちに遊びにきたりする?
さらにNEWSのやまピーまで来ちゃうなんて言ったら、アタシは家をぴっかぴかにしてすっごいごちそうを作って待つんだけどなあ。

なーんて、マジに悩んでいるにもかかわらず、不謹慎にも変な妄想までしていた母たるアタシ。

アタシの脳みそはこの妄想だけで余裕でキャパを超えていたなあ。




前回の日記の直後には、高校の担任の先生が学年主任の先生を伴って家庭訪問に来て下さったけれど、登校しなかった(できなかった?)。

高校に対しての彼なりの不信感やら何やらの色々なことが積み重なった結果、お気ラク兄ちゃんがかたくなに登校を拒否することになったのだけれど、アタシから言えば、
ワガママ言ってないでとっとと高校へ行かんかい!<`ヘ´>
ってな感じだ。



担任の先生は家庭訪問から3日と空けず電話を下さったけれど、お気ラクはと言えば、昼間はPCに向かって転校と転入とダンスについての検索ばかりして引きこもっているものの、夕方になればダンスのレッスンへと出かけていく(-_-;)

高校を嫌がって行かないのにブレイクダンスのレッスンには行かせちゃうってのはどういうこと?
そう、何度も自問自答したなあ。

担任の先生は親身に考えて下さったけど、ついには、
最後の最後には、高校に行かないならばダンスをやめさせる、という方法もありますね
とまでおっしゃった。
アタシだって、正直、そう思わないことはなかった。

だけど、苦悩し、眠れず、食事もろくに摂らずにいるお気ラク兄ちゃんの心の拠り所ともいうべき位置づけであるダンスがある限り、それを奪い取ろうとする発言すらする度胸をアタシは持ち合わせていなかったよ。



結局どれだけの間、登校を拒否っていたか・・・。



学年末テストだけは仕方なく受けに行ったから首の皮1枚で繋がった状態で留年を免れたけれど、お気ラクの転校志望は変わらなかった。



転校とかについてアタシはアタシなりに調べてはいたけれど、調べた情報を決して彼に伝えなかった。
そんなに今の高校が気に食わないなら、自分で考えて探して来いっ(=`(∞)´=) フン!
っていう気持ちからだ。



アタシは情緒不安定でパニクって、どうにも前に進めなかった。
何か言えば、必ずお気ラクの神経を逆撫ですることになってしまっていた。

夫は不測の事態にとまどい困惑しながらも冷静にアドバイスしていたけれど、かたくななお気ラクには暖簾に腕押しだった。



ある日、県の教育相談センターにお気ラクと二人で出向いてみた。
事前に電話で伝えておいた事情をよく呑みこんで下さったのか、相談員さんは開口一番にお気ラクに向けてこう言った。

長いあいだずっと色々悩んで、とっても辛かっただろうね。

その瞬間、それまで前髪で顔を隠してずっと下を向いていたお気ラクの顔が相談員さんの方に向き、その顔に明るい陽がさしこんだような気がした。

話がすすむにつれ、普通の高校にはほぼ転校できないことがわかった。
さらに、今から息子を受け入れてくれる可能性がある高校は多数あれども、街の塾のように小規模である高校が多いことがわかり、少なからずも落胆した様子を見せていた。

けれど、相談が終わる頃には明らかに前を向いているお気ラクの姿があった。

気持ちを汲んで話を聞いてあげることの大切さを思い知らされた気がしたなあ・・・うん。



お気ラク兄ちゃんは結局、修了式まで欠席を通した。



アタシはと言えば、転入や転校の希望を叶えてあげたい気持ちがある一方、高校を替わって履歴書に余計な事を書くことになれば、就職などの際にはマイナス要素になるだろうなあ・・・なんて考えてもみる。


悩んでいるお気ラクには、そんな親の気持ちを考える余裕はないだろう。
そう言うアタシだって、お気ラクの気持ちがわかりきっているわけではないんだろうなと思う。



どんなことを想い考え過ごしているのか。
今後のことについて語らないお気ラクがこれからどうするのか、わからず決まらずに過ごしながら春休みになってしまった。



頑張っているダンスは着々と成果を挙げて様々なイベントをこなし、コンテストに出られるまでになった。


だったらついでに、今の高校にも頑張って行って卒業してみたらどうだいexclamation&question コラッexclamation お気ラクよ爆弾
posted by コダックもどき2号 at 22:53| Comment(12) | TrackBack(0) | 高1兄の転校への道程と小5ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コダックもどき2号さん
頑張ってるね

お気楽兄さんの苦悩もわかるけど
同じ母親の立場として
コダックもどき2号さんの気持ちを汲んで
話を聞いてくださる場所はあるのかな?
心配だよ

そばにいて 支えることはできないけど
ここで気持ちを吐き出して

お気楽兄さんのダンス見てみたいなぁ〜
ニコ動などでUP キボンヌ(笑)
Posted by KERO at 2010年03月26日 23:12
大変な思いをしていたんだね、コダもどさんと兄ちゃん。
うちはまだ中学生だけどピピの学年にはたくさんの不登校の子がいるんだよ、クラスに2人は必ずいるの…多いでしょ?
全員同級生だから親も子もよく知ってる子も多い。本当に家から出てこない子もいるし、学校には来ないけど外にはどんどん出て行く子もいて近所の方々は変な目で見てたと思う。でもね、うちの学校の先生はみんなの前でこういったの
「学校に来れない、でも習い事や買い物、外に出る目的のある、それができる子はどんどん外に出てかまいません。家にずーっといる子は本当に外に出ることができなくなる子が多いのです。保護者の方々も平日の学校の時間にその子たちに会っても普通に話しかけてあげてください」って。
私も最初は、学校に行かないでなんで本屋にいるの?とか思ったけど…そうだなって思った。
学校は高校は行くのが普通だと思っていたけれど…うちの中学には高校で不登校になり、何かを探して中退し、何かを見つけて高卒認定をとり、今、教職についている先生もいる。
お兄ちゃんもダンスという道を進みつつ、いろんなことを思い悩んでいるんだね。

この状況が続けばコダもどさんもいろいろ考えてしまうよね。
長々とコメントしてしまった上に、何言ってんだかわからない私だけど…ごめんね。
どうしてもコメント残したかったから…

(追)
コダもどさんの妄想どおりになったら私、北海道から飛んで行く妄想してます
Posted by ラフェッタ at 2010年03月26日 23:35
コダもどさん、大丈夫?
私は憧れの高校に入学したにもかかわらず、高2から授業はさぼり放題になった。
規律の厳しい学校だったら、どうなっていたことか(自由な校風なのでやってこれたけど)
どうして勉強するのかに始まり、とっても悩んで苦しかった・・。
結局、とりあえず進学したいと思う大学に向けて、3年秋から猛勉強して(すごくやばい成績になってたけど、とにかくやった)入ったけど、
1〜2年、そして3年になっても、どんなに考えてもわからないし、誰のアドバイスも自分にはフィットしない、自分はどう進んでいったらいいのか真っ暗だったよ。
その点、お兄ちゃんにはダンスがある!ダンスに打ち込める情熱がある。支えてくれる家族がいる。
そこはホントにうらやましいよ。
一つのものにとことん打ち込むことで、他の何かが見えてきたり、そのエネルギーを転換できることだってある
かもしれない。
春から動きがあるのか、もっと時間がかかるのかわからないけど、
冬中、枯れたように見えた我が家の木々にも、いつのまにか芽が膨らんできている。
お兄ちゃんの中で、何かが時間をかけて芽生えてきたら、と願ってます。

Posted by ミロママ at 2010年03月27日 13:03
KEROさん、こんにちは。
いつも励ましを有難うm(__)m

教育相談のコーナーばかり探していて、「悩める母」の相談場所は考えていなかったよ。

でもね、「近くの親戚より遠くの友人」っていうでしょ。
この日記を知っている、信頼できる唯一の近所の友人以外ではKEROさんたちブロ友さんが絶対的にうちの事情を知っていて、話を聞いてくれて、心から励ましてくれる人なの!

こうやって何ヶ月も更新できないでいても、気にかけてくれるKEROさんたちは大事なお友達です。

ニコ動っていうのはどうやって投稿するのかな?
お気ラクが撮らせてくれたら、研究してやってみようか?あはは(^o^)丿
Posted by コダックもどき2号 at 2010年03月28日 17:37
ラフェッタさん、こんにちは。
そちらもそろそろ少しは暖かくなってきたかな?

ピピ君の学年では登校拒否くんがクラスに2人ってびっくり!

・・・だけど、ラフェッタさんのコメの、先生のお話に感動したよ。

ナイーブな事情で登校できない子に対する暖かい周囲の目っていうのは、気持ちを明るくして後押しくれると思う。
うん、絶対そう思う!


もう次年度は数日後。
高校を変るにしても、年度初からはもう不可能。

なんとか目をさまして頑張って、「見返してやるぞ」くらいの意気込みを見せてもらいたいと願うばかりよ。

それにしても、アタシの妄想どおりになったら・・・きゃーーー、どうしよう?
山田くん・山ピー〜〜〜〜〜(●^o^●)

最後にふざけたことを書いたけど、ラフェッタさん、お忙しいでしょうに、こんなうれしい話を丁寧に書き綴ってくれてアタシは心から感謝感激しています。いつも本当にありがとう。m(__)m
Posted by コダックもどき2号 at 2010年03月28日 18:02
ミロママさん、こんばんは!(^o^)丿

ミロママさんの高校・大学時代にそういう苦悩に満ちた時期があっただなんて・・・

だからこそ、あんなにあったかい思いやりのある気持ちで4boysを見守って育てられるのかな?
長く悩み、だけどそれを克服できた人の強さや暖かさには凄いパワーがあるんだろうな。

苦悩している時に逃げ道がなければ、おかしくなっちゃうよね。

ダンスがあって良かった。あの中3の秋に、お気ラクがダンスのテレビ番組を見て衝撃を受けなかったら、私達家族がダンスの練習の後押しをしていなかったら、今は一歩も家から出ない状態だったかもしれないよね?
だから、ダンスを制限したり、やめさせるようなことを言わなくて良かったんだよね?

ミロママさんが言われるとおり、あのお気ラクくんだってエネルギーを転換できる時がやってくるかもしれないよね。

涙が出るような励ましを有難う。

私もしっかりとお気ラクの気持ちを受け止めていけるような気がしてきたよ。

ミロママさんの辛かった過去のことまで書いて、辛い本人の想いを私に教えてくれて、本当に有難いことです。

一番お気ラクなのは、本当はアタシなんだろうな・・・今、改めて自分のことをそう思う。

KEROさんにもラフェッタさんにも伝えたけど、いつも支えになってくれて、本当に感謝しています。
m(__)m
Posted by コダックもどき2号 at 2010年03月28日 21:22
コダもどさん、1年ほど前にこの本を見つけて、Amazonで購入しました。直接的な解決にはならないだろうけど、子育てにも、また私自身のことにも一つの指針を与えてくれました。もし、良かったら読んでみてください。
「SOURCE ソース
マイク・マクマナス著 ヒューイ陽子訳  出版社VOICE」
Posted by ミロママ at 2010年04月01日 23:36
久しぶりに、でもいつも気になってブログチェックしてました。
ほんと、子育てっていろいろありますね。自分の身体から生まれてきたのに、すべてがわかるわけでもなく、思うように育つわけでなく、でも愛おしくって、愛情がある分、マジで腹が立って・・・。
何があっても、親子の関係って切れないし、いつも子供の見方でいたいけど、難しい。
ごめんなさい、なんだかまとまりがなくって。
新しい季節、何かいいことが始まりますように。
Posted by GON at 2010年04月08日 12:09
ミロママさん、有難うm(__)m。
探して読んでみますね。

まだ登校しないで粘っているの。
困ったよおー(;_;)
Posted by コダックもどき2号 at 2010年04月12日 11:55
GONさん、お久しぶり!
GONさんは希望に満ちて生まれてくるまっさらな赤ちゃんをとりあげているんだよね。

お気ラクが生まれて初めて対面したときの幸せな気持ちに帰って子育てのやり直しが出来たら、どんなにいいだろうと思う。

でも、今は現状を受け止めて、今後をどうしていったらいいのか考え思いやり行動するのみなのかな?

もうわからなくなってきちゃって苦しいけれど・・・でも、頑張ります。

心配と応援を有難うm(__)m。
とってもとっても感謝しています。
Posted by コダックもどき2号 at 2010年04月12日 12:02
お久し振りです♪

コダモドさん、お元気ですか?なんか色々ありすぎて…毎日が愚痴になっちゃいそうなのでブログをやめてました(^_^;)
コダモドさんも、色々あるんですね。お互い頑張りますか〜\(^_^)(^_^)/
また再開することにしたので、暇ができたら遊びに来て下さいね。
Posted by いちご at 2010年04月25日 19:16
いちごさん、お久しぶりです。
そちらも何やら大変だそうで、同情します。
お互い頑張りましょう!と叫びたいところだけど、我が家はまだ撃沈状態。

気持ちにゆとりが出きたら私もまた再開します。

来訪ありがとうねーーー!!(^^)!
Posted by コダックもどき2号 at 2010年06月01日 14:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック