2009年07月09日

兄ちゃん、救急車に初めて乗る!

お気ラク兄ちゃんの起こしてくれたメンド〜でお恥ずかしい出来事ふらふら

もう今からひと月半もたつかなあ。
その頃、お気ラク兄ちゃんは少々食欲が落ち、小5の弟ちびすけと同じくらいしか食べない日が数日続いていたんだ。

そして迎えたあの土曜日、夫は早朝から不在、アタシはと言えば、お気ラクの分のお弁当をひとつ置いて、ちびすけとサッカーの試合へと出かけたんだ。

兄ちゃん、行って来るよ〜わーい(嬉しい顔)

ん〜・・・眠い(睡眠)

てな具合だ。

試合には見事に全敗して、へろへろになって帰宅すると、ちょうどお気ラク兄ちゃんが塾とダンスの連チャンに出かけるところだったんだ。

言葉を交わす間もなく、行って来まーす(・∀・)と言って出かけてしまったお気ラク君の後ろ姿に「気をつけてね」とだけ、声をかけた。

普通の家庭なら当たり前の挨拶の「行ってきます」なのだろうが、お気ラク兄ちゃんの中学時代には聞いたこともなかったような気がする。
お互いに、ずいぶん穏やかになれたのだろうか?わーい(嬉しい顔)


しかしその夜、外出先の夫からメールが入った。
お気ラクが具合悪いらしいから連絡をとってみて、と。

うちはヘンピな場所にあるから、ケータイは圏外であることがとーーーっても多いふらふら

そんなこんなで、アタシに連絡がつかないので、遠方の夫に連絡したらしい。

さて、お気ラクとなかなか連絡がつかずに苛立ち始めた頃、ようやく連絡がつくと、はあはあと荒い息遣いで途切れ途切れにしゃべる。

お・・・かあ・さ・・ん、やば・・・やば・いたらーっ(汗)
オレ・・・まじ・・・・・・やば・いか・・・も・・・たらーっ(汗)

居場所を聞いたら、うちの駅まではまだ8つほど。
ふらふらでホームを間違えて電車に乗り、行ったり来たりしていたのだと言う。

朦朧としてとにかく歩けない、体がしびれるんだと言うがく〜(落胆した顔)
駅のホームなら、ふらついて落ちたら大変だ。
とにかくホームの真ん中で座るなり寝るなりして、近くの人に助けを求めるように言って電話を切り、駅の電話番号を調べて電話し、駅員さんに事情を説明して保護を頼んだ。

そして、救急車騒ぎだふらふら

試合から帰って、夕方からビールを飲んじゃっていた私は運転するわけにいかない。
時間はもう11時に近い。

眠っているちびを起こしてタクシーに乗り、大枚を払って救急搬送先の夜間診療の総合病院まで行くと、点滴を受けて眠っているお気ラクが!

血液検査などしていただいての診断結果は、
・本人の話から、
  最近の睡眠不足や食事をきちんと摂っていなかった
  朝からお弁当を1食以外に飲食せず、塾にブレイクダンス
 とは、そりゃムリでしょう。
・感染症にかかりはじめのようなので、それも一因。
・自分自身の中で、これでもうおしまいだ、とパニックになり過呼吸を引き起こした結果、体にしびれがきたんですよ。

とのこと。

ご飯くらい食べろよ!飲み物くらい飲めよ!ヾ(。`Д´。)ノ
と、怒り心頭のわが気持ちを押し殺し、ほっと胸をなでおろすアタシに、

お母さんがいつもオレにうるさく言っていてうざかったけど、本当にそのとおりにやばいことになった!って思ったら、腕や足がしびれていきて、オレ、まじ、死ぬかと思ったよ( ゚ д ゚ )。

と、静かだけど興奮気味に話すお気ラク兄ちゃん。

そして、病院のベッドの兄ちゃんの横で眠ってしまっている弟のちびすけを見ながら、お医者さんはお気ラク兄ちゃんにこう言った。

「まあ、君もこれで懲りたでしょう?明日になったら弟にあやまるんだよわーい(嬉しい顔)」と。

それから、
「数日中に熱が出るかもしれないよ。」とも付け加えた。

これ、高校入学後始めての中間テストを3日後に控えていたときの話ふらふら

この日は、夜中の2時半に帰ったんだけどさ、
┐( -"-)┌ヤレヤレ イツマデ テガ カカルノヤラ...、って感じだったな( ̄∀ ̄) 。
posted by コダックもどき2号 at 12:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 兄高1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一度、怖い目にあわないと、わからないよ!
なんて、いいますが、
事故にならなくて、なによりでした‥(;´Д`)

それにしても、良いセリフをおっしゃるお医者さんですね。
Posted by かぼぴ at 2009年07月10日 09:47
かぼぴさん、おひさしぶりです!
心配ありがとう。
高1になってもまだご飯の心配までしないとならないのかと思うと、親として情けなーい(>_<)
お医者様には面倒をかけた上、教育的な指導まで・・・。ありがたや!
Posted by コダックもどき2号 at 2009年07月10日 12:42
コダックもどき2号さん、はじめまして。

うちにも高校1年の能天気な男の子がいますから、状況がよく分かります。
高校生になり、行動範囲も交友関係も爆発的に広がって、自分では大人になったように思っているのでしょうが、実際はまだまだ子供で親がかり、ホントに手がかかりますよね。

息子は朝はお腹が空かない子なので、朝食はほんの一口しか食べません。
この暑い中、胃袋が空っぽなのは心配なので、あの手この手で食べさせようとしますが、うまくいきません。

背が伸びるのも後1〜2年、牛乳を飲め!とうるさく言っているのですが、炭酸ばかりで…。
このままじゃ、小さいおじちゃんになっちゃうよ〜〜と脅していますが、効果はありません(^^ゞ
Posted by Alice at 2009年07月13日 12:59
aliceさん、初めまして!
今、作る体が一生の財産になるのに、どうしてわからんのか(>_<)
うちのお気ラクも小柄なので、本当にこの1〜2年が勝負。
たくさん食べて牛乳を飲んで、さっさと眠っちゃってよ!って感じです(^_^;
お互い苦労しますね!
コメ有難うございましたあ(^o^)
Posted by コダックもどき2号 at 2009年07月16日 20:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121777629
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック