2008年08月30日

パワプロにいそしむ兄ちゃん

今夜は珍しく中学生の夜更かし兄ちゃんが11時ころに眠ってしまった。
だから日本中がこんなゲリラ豪雨雷に見舞われるんだろうなふらふら

夜中にこうして自己啓発??にいそしんでいるハハの横ではいつもは熱闘パワフルプロ野球、
略してパワプロにいそしむ、高校受験を控える兄ちゃんの姿がある。
(自分のことをネタにハハがブログを書いている事には腹が立たないらしいから不思議だ。)

一時期、 ちょっと残酷な、 中学生に人気のゲームソフトを勝手に買ってきてやっていた時は
さんざん文句を言ってやめさせたが、 パワプロはきわめて健全なゲームなので
「これならいいでしょ!」 と言われてグーの音も出ない。 くそっふらふら

引くに引けない未熟者のハハは当然のように 「受験生なのに、 夏休みの宿題が完璧に
終わっていないのにこんなのやってる場合じゃないでしょッ?」 と弾き返すが、
「わかってるよ」 といつも同じ会話。

「打ったーー!打ちましたーーー!ホーーームラン! ホームランですっ!」 と実況中継と歓声とが
入り混じるとすごやかましいので、 そういう時はうっかりプロ野球中継でも見ているような錯覚に
とらわれて「誰が打ったのかしら」 とついゲームの画面を見てしまう。

「お母さん、ほら、23対2で勝ったよわーい(嬉しい顔) 安仁屋が打ったんだ、 と満面の笑顔。 ちょっと前まで
やっていた人気ドラマのルーキーズのメンバーの名前でやっているのだった。
もっとも私の記憶の中ではルーキーズのメンバーの名前は実在した往年のスター選手の
名前ばかりだったと思うけど、気のせい?

満面の笑顔なんて普段はめったに見せてくれないのでつい同調して喜んであげちゃってから
しまったと思う。 同調している場合じゃないんだ。 きりのいいところでやめさせないといけない。

2回に1回は目をつぶり、2回に1回は注意するというペースで叱咤激励する。
(ゲームを激励ししなくてもいいのだが・・・。) 
でもそれでは私のふつふつと煮えたぎるマグマは量産され火口に向かって上昇を続け、
時に天明の大噴火のような大爆発を引き起こし、 みんなとばっちりを避けて逃げ惑う。
      ↓↓ 
http://www.asamaen.tsumagoi.gunma.jp/eruption/index.html
←(歴史のお勉強をしましょう)

怒っちゃいけないんだって聞くけどねー、 怒らずにいられないんだよねーもうやだ〜(悲しい顔)
中学生の扱いって難しいけど、高校生になったらもっと難しくなるのかなー!?
posted by コダックもどき2号 at 02:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントにそうですよね。尊重すればどこまでもいっちゃうし、怒っても効果があまりないばかりか、こちらがエネルギーを消耗して疲れてしまう。
特に、初めての進路の選択時期なので、ついつい応援の力も入ってしまうというもの。
ちょっとでも、選択肢を広くしてあげたいと思う母心なんですけどぉ。
パワプロ、こちらでも大人気です。長男もたせていないのですが、ちゃっかり体験して、知っています。
Posted by ミロママ at 2008年08月30日 14:50
そう、母心!それそれ!
ありがたいとは思っていても、実感したのは子供をうんでからだったなあ。
たかが中学生の男子にはわかるまい。
それでも、少しでいいから気持ちを汲んで自分のためにいいものを吸収していって欲しいものですね。
Posted by コダックもどき2号 at 2008年08月30日 21:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105710761
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック