2008年08月13日

みえっぱりなちびすけ

6時から7時まで塾にいっている小4のちびすけ。
チャリで15分くらいかかるところだし時間も小4にはちょっと遅いので私がいつも送迎を
しているのだが、 休みでうちにいる夫が迎えに行ってくれると言った。
ご飯の支度も出来ているし、迎えに行かなくてもいいし、と思いパソコンに向かっていたら、
夫が血相を変えてやってきた。
「迎えに行くのを忘れてた!!!」 ・・・時間は7時半がく〜(落胆した顔)

あわてて出て行く夫とあわてて塾に電話する私。 塾はずっと話し中。
夫からはちびすけがいない、見つからないという電話が来る。

青ざめて、すぐに探しに行こうと玄関に出たらちびすけが帰ってきた。

汗だくで息を切ってぐちゃぐちゃに泣きながら・・・。

ちびすけは強きな子だが、おばけとか誰もいない家とか暗いところが大嫌い。
そんな子がそんな時間に暗い道を一人で歩いてくるなんてと想像したら涙がいっぱい
出てきて、「怖かったでしょう。ごめんね。」と抱きしめようとしたら、
「オレ、全然平気だし。 怖くなかったし。」
って、目にいっぱいの涙のまま言う。

「怖かったよー。お母さんのばかー。もう嫌いだー。」くらい言ってくれてもいいのに
平静を装っているみえっぱりなちびすけは珍しくかわいかった。

でも、今朝起きた時、「昨日のつかれがとれていないよ。本当はすごく怖くて緊張していたんだふらふら
って照れくさそうに本音を話したちびすけでした。
本当にごめんね。

posted by コダックもどき2号 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ちび小4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック