2008年07月08日

ちびすけのお宝と散らかった部屋

ちびすけの部屋は散らかっている。  部屋というよりはコーナーなのだが、 まあよくこんなに素敵なお宝を大事にとっているもんだと感心する。
消しゴムのカスをいっぱい溜めたお菓子の空き箱ぴかぴか(新しい)
3年くらい前に公園で見つけたコクワガタの頭ぴかぴか(新しい)
さびた鉄釘ぴかぴか(新しい)
ガチャポンのケースのかたわれぴかぴか(新しい)
これ以上削りようのないほどのちび鉛筆ぴかぴか(新しい)
枯れ木の枝ぴかぴか(新しい)
キャラメルの包み紙で作った紙ヒコーキぴかぴか(新しい)
なんだかわからない幼虫が入ったビンぴかぴか(新しい)
ズボンのポケットの中で洗われて、 きれいになったけどボロボロになった遊戯王のレアカードぴかぴか(新しい)
おととし転校していったクラスメイトに渡したはずのお別れの手紙ぴかぴか(新しい)
なんだかわからないさびた部品ぴかぴか(新しい)


こんな感じの数々。

男の子ってのは何度注意しても変なものを拾ってくる。  最近はさすがに少なくなったが、 必ず落ちている枯れ枝を持って帰ってきたものだ。

ミドリ亀を拾ってきた時には参った。  生き物なのでその辺に置いておきごみの日に出すわけにいかないし、 何より甲羅の胸の部分を怪我していて中が透けて見えるようなすごい亀裂が入っていた。  バケツに亀を入れ、 見つけたと本人が言う場所まで行き、 その付近の家全部にピンポンして 「オタクの亀じゃありませんか」 と聞いて回った。

交番にも届けたが、 結局飼い主は見つからずじまいでうちで飼うことにした。  もともとミドリ亀のカメ吉がうちにいたのですごく困る事はなかったのだが、 カメックスと名づけたこの亀の治療のためにカルシウムたっぷりの高価なお食事を用意せねばならず、 予定外の出費。  しかもカメックスはでかく、 怪我人のくせにすごい大食い。  カメ吉はえさの争奪戦にいつも負け、 甲羅干しの時には上に乗られてしまっているふらふら  これが万年生きたら今から何代先の子孫まで世話しないといけないんだろうあせあせ(飛び散る汗)

いずれ必ず竜宮城へ連れて行ってもらわなければならない。  ちびすけだけじゃなく、 水換えしてくれる夫とまめに日光浴させている私も一緒に連れて行ってもらいたいものだレストランファーストフードバービールバースデー

・・・兄ちゃんは留守番だ。

「学校の引き出しもすごいんでしょ!」 と聞いたら、 「クラスの○○○と○○○ (幼稚園からずっと一緒の女子の名前) が、 引き出しの中をきれいにしないとダメ」 って言って片付けさせられたんだ。 だからきれいだよ。」 ってうれしそうに自慢げに答えた。  しっかりしたお嬢さん方がしつけてくれてありがたいですわーい(嬉しい顔)   私が言うとむくれてやらないんだけどねむかっ(怒り) 

日曜に始まったTomorrowも良かった。  お医者さんものだけどスカイブルーともまた全然違う。  
昨日から始まったあんどーなつはちびすけが喜んだ見ていた。  和菓子を手で丁寧にまるめているのに興味を持ったみたい。  和菓子はおいしいので私も見る事にした。  また見るドラマが増えてしまった。  朝倉総理は大丈夫かなあふらふら

posted by コダックもどき2号 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ちび小4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック