2017年04月23日

兄ちゃんの学費

大学を3年の時にお気ラク兄ちゃんが大学を中退する時、「やりたいことがみつかった、大学に行き直したい」と言う兄ちゃんの言葉を受け入れつつ、こちらから出した条件があった。

大学を辞めるのはいいし、今後も家にいるのも構いません。
家で食事するのもお風呂に入るのももちろんOKだし、光熱水道費も払わなくていい。

だけど、学費も交通費も自分で何とかして下さい。
キミには既に充分の学費を払ってきました。

来年はちびが高3の年。膨大な教育費がかかります。
キミの学費を出せば、ちびが大学に進学するための資金が不足します。

だから、もう1円のお金も出せません。
よく考えて決めてください。


かわいそうだが、もう、大人なんだから頑張ってもらう。
今さらながら、ライオンみたいに、コドモを谷底に突き落として這い上がってこさせるしかない。
這い上がれなかったら、またその時に考える。

…大学受験のやり直しは、費用面と卒業後の就職を考えて除外した。
専門学校なら受験勉強は不要だし、年間の学費は、大学の理工学部なみにかかるものの、半分の2年分で済む。

兄ちゃんの決意は固いらしく、専門学校に自費で入学することを選んだ。


さあ、それからが大変だ。
とにかく入学までにお金を貯められるだけ貯めなければならない。

なのに、バイトがなかなか決まらない。

スーパでの夜勤の品出しの仕事に応募 ⇒ 1〜2週間で結果を知らせると言われる ⇒ 2週間経っても返事が来ず、3週間経って連絡する。長期でないとダメと断られる

居酒屋のバイト ⇒ 1〜2週間で結果を知らせると言われる ⇒ 2週間経っても返事が来ず、3週間経って連絡する。禁煙でない居酒屋だったので、タバコ苦手ならムリと断られる

結果を知らせると言いながら連絡しないのは如何なものか?
「2週間以内に連絡がいかなかったら不採用です」と言っておけば済むことでしょ?と思う。

まあ、てな具合で、やっとのことで焼肉屋さんのホール係のバイトが決まった。


しばらくして


母さん、入学手続きが済んだよ
入学金とかを振込むから60万円を貸してください!


はあっ?あさってまでに60万円?

相変わらずのお気ラクぶりにびっくり仰天。

…あさって…それはムリ。それに、自分で何とかする約束だからね…






「いま、お気ラク兄ちゃんから電話もらったのよ。オレオレ詐欺かと思ったわ。学費60万貸して欲しいって!」実家の母からの電話の内容である。

「何で出してあげないのよ?しょうがないわねー 私が出してあげるわよ。かわいそうだわー。」



紛れもないオレオレ詐欺である。まず間違いなく母の元に60万は返らないだろう。ひどい奴だ

まあ、母もうれしそうだったから、ま、いいか!
いずれ私がそっと返しておこう。


ラベル:学費 専門学校
posted by コダックもどき2号 at 19:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 2017年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする