2013年05月27日

子供は親を選べないから

連ドラはブルーレイで録画しておいて、後日にCMを飛ばしてちゃっちゃと観るのが習慣のアタシ。

25日(土)の21時から第1回目が始まったNHKのドラマを観て、身につまされる思いになった。

タイトルは「島の先生」

舞台は奄美諸島の人口80人ほどの小さな島。
「留学」という形で小学生と中学生を受け入れる小中学校がある。

中学生を担当する先生役はこの学校出身の仲間由紀恵。

教科書を塗りつぶされ、3か月あまり登校せずに自室に引きこもっている都会の男子中学生を、
その母親が島の学校に体験に連れて行く。

学校でいじめられているという息子のことを心配していると言いながらも、
自分の主張ばかりしていることに息子が不満を抱いていることに気付いた仲間由紀恵に強く反発した母親は、「息子を預けられない」と言いだし、息子が海で大きな魚を釣り上げたと聞いても、目を吊り上げたままさっさとその場を離れる。

その晩、置き忘れた男子中学生のケータイを恐る恐る開いてしまった仲間由紀恵は、
「消えろ消えろバカバカ…」と長く続く嫌がらせメールを見てしまう。

嫌がらせを受け、常日頃から優秀な弟と比較されていた男子中学生の心の闇の原因がみえてきた。

そしてついに、仲間は確信に触れた質問をする。

すると、それまでは頑なに口を閉ざしていた男子中学生が、学校に行けなくなった理由をついに告白。

そして、「お母さんは、僕をここに捨てにきたんだ」と泣く。

一方、島で数日過ごすうちに、島の人々の温かさに触れた男子中学生は、他の島に連れ行くと強く言う母に対して「島に残りたい」と土下座して頼むが、母親は「どうしていつも私を困らせるの?なんでわからないの?」と怒る。

そこで、仲間由紀恵が母親に言ったことは、「(あなた自身が)どうしたらいいかわからないんでしょ!」

怒って荷物を引きながら一人でどんどん船着き場に向かう母親に、生徒たちの里親役の石坂浩二が歩み寄り優しく声をかけると、母親は涙を流し声を詰まらせる。

前後した部分があるかもしれないけど、大体こんなストーリー。


う〜ん、お気ラク兄ちゃんとアタシのこれまでの様子を映しているようだ…と思ったのが本音。

アタシ自身の気持ちに余裕がなく、何もかもがしんどかった。

中学の反抗期の頃は逃げ出したい気持ちで一杯だったし、兄ちゃんのいいところを探すことが出来なかった。
高校で不登校になってしまった頃は、二言目には「高校に行った方がいいよ」と更に追いつめていた気がする。
登校拒否に関する何もかもを受け止められない自分がいたと思う。
いや、兄ちゃんが不登校になった要因にはアタシも入っていたのだろうと、いま、改めて感じる。

子供は親を選べないから気の毒だ。


来年は成人式を迎える兄ちゃんに尋ねてみた。 あの頃の心境と、アタシに何を思ったかを。

  「あの頃のことは何がなんだかわからないんだよね。 
   今から考えたら、チューボーの時はカッコばかり気になるタダのバカだったし、母さんうざかったし、
   高校の時は毎日の何もかもが最悪だった。」

と語ってから、こう付け加えた。 

  「でもさあ、今はまあ、なんか、いいんじゃね?(^_^)」



再放送はみつけられなかったけれど、29日の午前1時40分から5分だけダイジェスト番組があるのをみつけた。

「島の先生」は全部で6回。 あと5回残っているので、28日(火)の夜までにダイジェスト番組を録画予約しておくことをお勧めする。

お子さんを持つ方、持ちたいと思っている方には、とにかく是非みていただきたいドラマだ。

posted by コダックもどき2号 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 不登校について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

今じゃないでしょっ(−−〆)

箸にも棒にもかからない推移状況の成績で明るく生きてきたちびだが、

いよいオシリに火もつく中3となった。

定期テストもいよいよ目前に迫ってきた昨今、学校から帰ったちびが熱心にしていることは、

1位  アニメ(主にナルト・ポケモン・ワンピース・コナンなどの民放もの)鑑賞ふらふら
      …鑑賞といえるのか疑問点が残るが…

2位  パズドラ(i Podでやっているゲーム)ふらふら 

3位  ルービックキューブふらふら

4位  読書ぴかぴか(新しい)

そして、やっと5位に試験勉強が入るもうやだ〜(悲しい顔)

ここで頑張らないでどうするんだ!ちびexclamationと叫びたくなる気持ちと血圧上昇を抑えるのに毎日大変なアタシである。


本人的には、「オレは十分頑張っているんだ」と強く主張しておいでだが、

おいおい、まずい結果で終わった2年の成績をカバーするためには、努力が全然足りないのだよ!

しかも、いま読んでいる本のタイトルが「中学生の勉強法」だから、絶句する。


この本、春休みにアタシが買ってきたもの。

言うまでもなく、「この休みにこれを読んで、来る中3の受験勉強に活かしたまえ!」という意図である。

しかし、コヤツ、定期テストの1週間前になってから読み出すふらふら

読み終わった頃にはテストも終わってるんじゃないか?

この本、いつ読むのexclamation&question  今じゃないでしょったらーっ(汗)
って感じだ。



思い起こせばこのブログ、ちびが小4、お気ラク兄ちゃんが中3の時から始めた記憶がある。
そう思って読み返してみると、ちびの方が兄ちゃんの時よりはまだ大分マシのような気がする。

ふと楽観的に考えてみたが、いかんいかんあせあせ(飛び散る汗)

兄ちゃんよりまだマシなんていうレベルではお話しにならん!

とにかく、とりあえずは、火が付いたオシリをやさしくやさしーーーく鞭打たねば!


posted by コダックもどき2号 at 14:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ちび中3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

酔っぱらいが語る義理と人情

ちょっと番外編


今、ワタクシは酔っています。

それっていうのはー、
今日、
中3のちびのサッカーの大事な試合があったんだけどねー、
ここでは書いちゃいけない色々なことが重なって、
勝てないながらも、せめて引き分けにはもっていけたかもしれない、
そして勝ち上がれたかもしれない内容だったのに、
結果として敗退になっちゃったのね。


それは、今、こうやってクダ巻いていてもしょうがないんだけど、

しょうがないんだけど、

やっぱりすっごく悔しくて、

ちびとメンバーが気の毒で、

一部始終を観ていたワタクシは、

いま、この時間も「試合をやりなおせーちっ(怒った顔)」っていう思いが頭の中をぐるぐる駆け巡って
血圧が150まで上がってしまっている次第で…



…まあそれは置いておいて、

そんな試合の中で、重要な戦力のチームメイトもひどい痛手を負ってしまったのですよ。

それで、夕食の時に、

「あの子は骨折をしてなければいいけど、どうだったのかな? 連絡してみた?」

なんて聞いてみたのね。



返ってきた言葉がね、

ちび   あの時、「大丈夫?」って聞いたし、
     疲れているからわざわざメールとかしなくていいんじゃね?

お気ラク兄ちゃん   俺もそう思う


で、これは年代の差なのか?ふらふらイマドキの、いわゆる「さとり世代」だから?と思いきや、

夫さえも、「男はそんなもんだよ」って言うし…


なんでそんなにドライなのか? 私には理解不能。

あなたがたには義理も人情もないの??????どんっ(衝撃)

って思って、いま現在どツボの泥沼状態。


自分が結婚した夫と、自分が育てた子供だから、私が悪いのだろうな。

だけどさ…

なんか残念な気持ちで一杯なんだ、今。

私がおかしいのかな?

私が江戸っ子堅気のオヤジの娘だから、家族には暑苦しすぎるのかな?

義理人情って、もう死滅するのかな?


って酔っぱらいの戯言でしたあふらふら ごめんなさーいあせあせ(飛び散る汗)

タグ:義理と人情
posted by コダックもどき2号 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする