2011年02月11日

思春期の起きない息子を起こす方法と兄の高校不登校のその先

ちびがお風呂に一緒に入ってくれなくなって、アタシはすっごく寂しい思いをしているのに、
夫ときたら逆にすっごくうれしそう。

だってさ、アタシと入らなくなってから、ちびが一人でお風呂に入るようになったわけじゃあないんだもんむかっ(怒り)
ちびにしてみれば、一緒に入る相手がハハからチチに変わっただけなんだもん。

これまでの夫はちびに拒否られていたのに、逆転してしまった。ちぇっ(;_:)


まあ、ちびもこの春には中学生になる。
成長している証拠なんだし、ネチネチといつまで愚痴っていてもしょうがない。
だったらせめてそのあったかいオフトンで暖まらせて揺れるハートと、寝室のフトンで眠そうにごろごろしているちびのフトンに足を入れてみる。

そしたらさ、ちょっと前までは喜んだくせにさ、すごい嫌そうなリアクションふらふら
まあ、これも成長の過程かと思ってあきらめようと思いつつ、これはまだ頑固に続ける嫌な性格のアタシ(`∇´)

ちょっと思い出したんだけど、
…なかなか起きない思春期の息子をママが起こすのにテキメンな方法だってTVで紹介されているのを見たことがある。
その方法っていうのが、寝ぼけた息子のフトンにスルッと入り込むってこと。ただそれだけ(*^_^*)。
それだけでギョッとして飛び起きるんだと!わーい(嬉しい顔)

そうだひらめきさっそく連休明けに試してみようるんるん




何となく予測してはいた。その先のことを。

その先にどんなことがお気ラク兄ちゃんに起きうるのか?
あらゆる想定のもとで考え、知らせてやらなければならない。

たとえば、高校中退という世間的な響き、そして目。

たとえば、将来、履歴書を書くときのとまどい、その履歴書を見た人間のリアクション。

たとえば、将来、高校時代のことを誰かに聞かれた時につかなければならないかもしれないウソ。

たとえば、将来、高校時代の話に花が咲いたときに、話についていけなくなること。

たとえば、正直に話した履歴を聞いて、お気ラクから離れるかもしれない人間がいるかもしれないということ。

たとえば、転校したくてもハードルがとても高いこと。しかもそのハードルは様々な難題を抱えていること。


考えればキリがない。もともと、どうしても物事をポジティブに考えきれないアタシが考えることだ。
めちゃくちゃ最悪のことばかり思いついて自己嫌悪に陥る。
しかも世間体ばかり気にしている。

もともと楽観的な夫も、この件に関しては顔が曇りがちになった。

これじゃあいけない。
なんとかして明るい先の道を探さなければならない。

お気ラク兄ちゃんの意思が固まってからは猛烈に動いた。
それまではずっと引きこもっていたお気ラクが、口を開いた。

「このままじゃダメだ。オレは高校で勉強したいんだ。
これから他の高校に行きなおせる方法を一緒に探してほしい。」


それまでも、色々な機関で何度も不登校相談をしてはいたが、
あらためてネットであたり、自治体の不登校相談にあたり、県の不登校相談や転校相談にあたり、
毎日のように二人であちこちに出向いた。


その結果わかった、いくつかの道。

@次の受験期に、あらためて志望校を受験する
  高2の途中なので、2年遅れてしまうことになる

A今の高校に通えない場所へ引っ越す
  この場合は即、転校可能

B高1の単位がすべてとれていれば、県が指定した高校を次の受験期に受験し、
 合格すれば高2から「編入」する。ただし、枠は極めて少ないのでリスキーである。

C高校卒業認定試験を受けて高校卒業の資格をとる
 ・中学を卒業していれば受験可能。
 ・すでに履修を修了した科目については試験が免除される。

Dサポート校や通信制高校に「転校」する。
 学校によって多少の違いはあるが、
 ・高校卒業認定試験を受けるための指導を受けられる。
 ・通信や通学で希望日数分の授業を受けられる。
 ・条件が満たされれば「高校卒業」ができる。
 ・とても費用がかかる。
 
Dとにかくとりあえず中退する


この中からどの道を選ぶか?
選んだ道を進んで、果たして良い結果が出るのか?

随分と考え、足を運び、検討した日が夢のようだ。
posted by コダックもどき2号 at 23:51| Comment(8) | TrackBack(0) | 高2兄の転校への道程と小6ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする