2010年01月20日

登校拒否12日目

先日、小5のちびすけの担任の先生に電話をした。
学校で何か変った様子を見せていないだろうか?今までと変らないだろうかと心配してのことだ。

先生は、
特に気づきませんよ、前よりもさらに頑張っている様子が見られるし、ほめることがたくさんありますよ。
とおっしゃる。

胸をなでおろす。
そして打ち明ける。

実は家庭内でぎくしゃくすることがありまして・・・。
ちびすけの兄が・・・その・・・去年の暮れから登校拒否気味で、今年に入ってからは1度も登校していなくて・・・どうしても言い合いになってしまうことがあるので、ちびすけに影響がないか心配しております。


それは心配ですね。
お兄ちゃんには何か打ち込めることなどあるのですか?


はい、あります。そちらの方は、それはそれは熱心に打ち込んでおります。

それなら大丈夫ですよ。お母さん。
打ち込めることがあるお子さんは、どこかで必ず立ち上がれる日が来ます。




そこまで伺って涙がとまらなくなった。




どうにもこうにもならず悶々と過ごしたこのひと月あまり。

私という人間は、学校に通うのは当然で、学校は楽しいのが当然で、勉強をきちんとするのは普通で当たり前のことだとずっと思ってきた。
わが子が登校拒否になろうとは夢にも思わないでいた。
人事だと思っていた。

それを根底からわが子が覆してくれたのだ。

これまでずっとわが子をお気ラク兄ちゃんと称してこの日記を綴ってきたけれど、お気ラクなのは私自身じゃないか!

・・・もう、自暴自棄になっていた。



だけど、先生のこの一言で救われた。



高校のことで迷って、悩んで、雨戸を閉め切った部屋にこもり、食事をまったくとらない日も何度もあるような日々が続いていたお気ラク兄ちゃんだった。

それなのに、
何を甘ったれた事を言っているんだ。
そんなわがままは世間で通用しないのよ。
とにかく高校に行きなさい。
欠席が増えると進学に影響する。


そんなことばかり言う私にお気ラク兄ちゃんは口もあまりきかなくなっていた。

もともとから小さい顔のほおがこけ、青白くなってきたと感じた日に初めて思った。
このままでは、この子は死んでしまうかもしれない、と。



友人にばったり会った。
私の顔を見て、何かあったとすぐに見破られる。

そしてその夜メールが来た。

青春の迷いの時期なのかもね



そんな暖かい何気ない励ましの一言が、泣いている私の心を軽くしてくれる。



息子の弱い部分を受け止めて、また這い上がっていけるように後押ししようと考えた。



お気ラク兄ちゃんの部屋には、年末にクリーニングに出して、帰ってきたそのままの学生服が壁にかかったままだ。

この学生服をまた着る日が来るのかどうかはわからない。

だけどお気ラク兄ちゃんは、高校をやめてしまうことにメリットがあるとは決して思っていない。

打開策を模索しているのも事実だ。


だったら母親として今私に出来る事は、今までどおりのあたりまえの普通の笑顔で彼と接し、応援し、普通に暮らしていくことだけなのだろう。



そんなわけで、暗ーく綴ってきたけれど、これからどうなっていくのか、実際のところ私には見当がつかない。


ごはんだけはしっかり食べて、笑って生きていて欲しい。
今の私の一番の願いはこれだ。


そして、ひとつわかったことは、ここに吐き出すためにキーボードを叩いていると、お気ラク兄ちゃんへの私のまずかった対応の仕方とか発言とかを思い出して反省が出来るっていうこと。


これを書き溜めて、ブログ本にして隠しておいて、何十年か後によろよろになった私を年寄り扱いでもしたら、
控えおろう!!!
って、印籠のように出してやるっ!(=`(∞)´=) フンッ!
楽しみに待ってろよ!・・・ふふ(`∀´)

こんなに心配かけさせて┐( -"-)┌ヤレヤレ...。
ラベル:登校拒否
posted by コダックもどき2号 at 23:45| Comment(16) | TrackBack(0) | 高1兄の登校拒否と小5ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする