2008年10月31日

とらぬ狸の皮算用ふたたび

今日の中学の懇談会では、やはり3年生は当然かなりの受験モードだということで、中には、
ぴかぴか(新しい)詰めて勉強をしていて体を壊さないか心配ですぴかぴか(新しい)
とおっしゃるお母様もいらして羨望のまなざしで見てしまった。
コダもども一度くらいは是非人前で言ってみたいものだ。

社会科の授業中には、試験科目となる重要科目の勉強をやっている生徒がいるとか、
宿題や提出物を自宅でやらず休み時間にやっている生徒がいるなど、この時期ならではの問題が起き、
男女ともに服装の乱れや時間のルーズさなどの指摘もなされた。

なんだかどれもこれもみんなお気ラク兄ちゃんのことばかりを言っているように聞こえてならなかったバッド(下向き矢印)
こういうのを被害妄想とでもいうんだろうか?
ゆううつになるバッド(下向き矢印)

勝手に思い込み、穴があったら入りたいような気持ちで小さく小さくなっていたが、
学校によっては部活動の成果を大きく評価するところもあるという説明にわくわくし始めたら、
えーっと、この中ではお気ラクくんは部活で地区大会入賞と県大会出場を果たしていますから、
この加点は大きいですね。
しかも3年連続なので、さらに評価される可能性も出てきます。いや立派ですぴかぴか(新しい)グッド(上向き矢印)

わーっ!まじっすか?
小さく小さくなっていたコダもどは、まるでハヤタ隊員がベータカプセルを使ってウルトラマン
に変身するように握りこぶしを天にむけて突き出してどわーっとデカくなったグッド(上向き矢印)

そして舞い上がってマヌケな発言をするふらふら
あ、いえいえ、こんなことでしか点数をとれないものですから・・・

それから、部活で内申20点加点だわ、やった!なんて内心で喜んだりもする。

これで数検が受かればさらに10点加点
他には、えーっと他にはないから、合計は・・・

と、さびついた暗算2級のあたまを動かすと、ひらめき結構いけるではないか!
部活の県大会出場は大きかったな、うん、てなことをおでこにしわを寄せて考えていた。
その時のコダもどの顔には「ただいま、取らぬ狸の皮算用中」と書かれていたに違いない。

あとの評価点はもう、テストまでの残りの数週間をどうやって過ごすかにかかってくるのみだ。

家に帰ってお気ラクにおそるおそる確認する。
「こういう話を聞いたんだけど、まさかやってたりしてないよね?」
「社会ではやってないよ。他の科目ではやってるけどね。 宿題は休み時間にやってるよわーい(嬉しい顔)

はあーふらふらこの子は期待を裏切らない子だ。
入試本番でも期待を裏切らないでほしいもんだ。
posted by コダックもどき2号 at 23:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

売り言葉に買い言葉で元の木阿弥

ちょっと調子がいい日が続いたんだけどねー。
だめだなー。
言っちゃったわー。あーあ・・・。

もうこれ以上切れようにないほど短くなっていた堪忍袋の緒がまた切れて、言っちゃったわ。

昨日は、漢字テストの点数でコダもどを喜ばせてくれた、うちの高校受験生お気ラク兄ちゃん。
漢字のテストなんて100点とってあたりまえでしょうが!と言いたい所をぐっと我慢して
うんとほめたコダもどだったが、それをいいことにさーっと友達の家に遊びに行ってしまった。

さて、今日は今日とて学校から帰ってこない。
ご飯が出来る頃にも連絡もない。
さてはまた友達の家に行ったな!
まったくもう!
   (ケータイ持ってるんだから連絡くらいしなさいよっ!)

ケータイにメールをうつ
「ごはんだよ」

今日はキューピー3分クッキングの煮込みハンバーグだ。
あったかくておいしいうちに食べさせたい。

しかし返事はない

ご飯を小4のちびすけと二人で食べ始める。
ハンバーグはおいしいんだけど、このたまねぎがちょっとさー・・・と言いながら、
トマトソースのたまねぎのみじん切りをちまちま取っているちびすけを
むっとした顔でちらっと見たら、「わかったよー、食べるよー、ちぇっ」と言う。

ちぇっはやめなさい、感じ悪いから!と注意すると、それに対してもちぇっと言うふらふら

それにしてもふわふわハンバーグにトマトソースがあっておいしい。
さすがはお料理番組だと感心する。

しびれを切らし、メールをする
「連絡くらいいれなさい! さっさと帰ってきなさい! ご飯全部食べちゃうよ!ちっ(怒った顔)

今度は返事が入った
「はいはい」

人を馬鹿にした返事だ!
しかし「はい、は1回でいいの!」なんてまたメールをするのもばかばかしい。

帰宅したところでひととおりの文句を言う。
よその家だってご飯の時間があるだろう、迷惑だろう、暗くなってからの帰宅は事故や犯罪が怖いから心配なんだよと。

「わかってるよ」と返されてむっとして返す。
「わかってるならちゃんとしなさいよ!」

「疲れているんだから静かにしてよ!」
「だったらさっさと帰ればいいでしょ!」

もう、ほとんど、売り言葉に買い言葉状態だ。

「だいたい、もうあと2〜3週間で内申に響く最後のテストがあるっていうのに毎日遊んでばかりで、
こんな時ぐらいちゃんと勉強したらどうなのっ!」
ついにタブーとしていた単語を出してしまった。内申・・・。勉強・・・。

数年前までなら、「わかったよ、ごめんなさい。ちゃんとします。」と素直だったが、もう今はムリ。
あとはご想像におまかせする。

視界の片隅では、とばっちりを恐れてか、ちびすけがあわてて塾の宿題をやりだした。

あーあ、またやっちゃったふらふら
言い過ぎちゃダメだってわかってるのに、わたしのバカーーもうやだ〜(悲しい顔)
これじゃあ元の木阿弥じゃんもうやだ〜(悲しい顔)
         ↑ (語源の由来を確かめましょう)

明日からお気ラク兄ちゃんがどう出るか、またひやひやものだわ・・・もうやだ〜(悲しい顔)

posted by コダックもどき2号 at 23:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 兄中3 ちび小4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

やっぱりお気ラクはお気ラク

洗濯物を取り込んでいると、向こうから高校受験生のお気ラク兄ちゃんが帰ってくる姿が見えた。

基本的に学校に持参してはいけないはずのケータイを握りしめ、耳にはIi Podのように
イヤホンをしている。
また、Greeeeenでも聞いているのか(eは多すぎたかな?)?
耳と手がふさがっていたら、何はさておきこの上なく危険じゃないかちっ(怒った顔)と思いながら
さらに見ていると、Yシャツのボタンをはずしはじめた。
次にはYシャツのすそをズボンから出し始めた。

坂道を登って帰ってきて暑いのはわかるけど、何で歩きながらやっちゃうかなふらふら
うちの玄関はすぐそこに見えているんだから、玄関に入ってからパンツ一丁にでもなんでも
なってくれればいいのにさ。

お願い、近所の人に見られないで、恥ずかしい・・・と願ったら、ご近所のどなたさまもあらわれず、
みっともない姿を見られずに無事ご帰宅。

ちょっと一言言おうかと思ったら、ただいまあと明るい声で玄関を開けて入ってきた。
はあはあいいながらもにこにこしているので、言うつもりだった「一言」を言うのをやめておいた。

だいたいいつも仏頂面で帰宅するのだが、今日はなんでにこにこ???
と思って顔をみつめていると、「お母さん、昨日やった漢字の小テスト15点だったよ。」だと。

「はあ?15てん?・・・がく〜(落胆した顔) 」 (ちょっとちょっと待ってよー、うそー、やめてーふらふら)
と思った瞬間、お気ラク兄ちゃんニヤリと笑い、
「また100点満点で15点だと思ったんでしょーがーわーい(嬉しい顔)。ところがこれが20点満点なんだな。
はっ、どうだい!」ときたもんだ。

従来のお気ラク兄ちゃんなら100点満点で15点なんてざらだったのに、こうきたか!

うーん、おかしい。これはNEWお気ラク兄ちゃんとでも改名すべきかと考えていると、
さらに驚くべきご発言が!
「今日やった漢字小テストは間違いなく100点だと思うからさ!
おれ休み時間にめちゃ練習したからさ!」

おいおいどうした、どうした風の吹き回しか、
どうやらホントに今更ながらフツーの人なみに勉強に取り組みだしてくれたのか、
なんだか寿命が少し延びたような心地がする、あーよかった、
と一人にやつきながらコーヒーを入れ始めたら、

じゃあオレ、これから友達んち行ってくるわ。行ってきまーす!
と風のように出かけて行ってしまったふらふら

やっぱりただのお気ラクでしかないんだな。はあ・・・もうやだ〜(悲しい顔)

さきほど入ったニュースでは、県立高校では見た目の判断がされないはずであるようだ。
こんなニュースが知れたら、うちのお気ラクはお行儀の悪いままお受験に臨んでしまいそうだわ、と危惧するコダもどでございます。

posted by コダックもどき2号 at 23:52| Comment(7) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

隣の芝生は茶色い

うちの小4のちびすけは私の小さい頃に似ていて、髪の色が薄茶色である。
中身すっぽぬけだが見た目は重視の、ヘアメイクにいつも余念がない兄ちゃんは
従来より弟の髪の色がうらやましくて仕方がない。


さて、一昨日の中学の合唱発表会に関することを、昨日ここに記してみた。
それはもちろん、私が座った保護者席側から見た、あるいは聞いたことを書いたのだが、
今日はお気ラク兄ちゃんから、舞台にたった生徒側からの話を聞けたので、さらに記してみる。

合唱発表会の会場は曲の合間には出入りもあり、ざわざわする。
ましてや背が決して決して決して高くないうちの高校受験生のお気ラク兄ちゃんは、
席からたっても気がつかないことがあった。

それは保護者たち、つまり生徒のママたちの髪の色だった。

若いママはさておいて、我々のような年代になるとおしゃれで年を誤魔化すしか
自分をましに見せる方法がなくなるではないか。(あ、一緒にしちゃってごめんなさーいわーい(嬉しい顔)
さらに、色々な面で苦労をかけられるハハについては、白髪隠しというケースも出てくるふらふら
(はい、コダもども、生え際だけはやっています。 こういう白髪は、ストレスが関係するケースも
あるらしいね、はは。)

お気ラク兄ちゃん曰く、「オレ、すっげえむかついたんだよ。 舞台にあがったらさあ、
お母さんたち、みんな茶髪なんだよなー!
こどもには文句をいうくせに、自分たちの髪の色見てみろよって!いいなあ、自分たちだけ!」だと。

それから、思い出したように、「おれさあ、よくクラスの女子から言われるし。
お気ラクの弟見たよー。めちゃかわいいねー。髪の毛、茶髪だし!ってさ。 ちびすけずるいし!」

なんで語尾が「し」で終わるかなと思いながら聞いてあげていると、ちびすけ登場。
間髪を入れず、空気も読まずに以下のように発言してくれた。

「おれさあ、めちゃいやなんだよね。 兄ちゃんの学校の女子がさあ、ねえ、あれお気ラクの弟じゃない?かっわいーい!髪の毛ちゃいろーーい!キャー!」って言うんだよ。 おれ、すげえ恥ずかしいし」

言い方はきわめて上機嫌がく〜(落胆した顔)

それを聞いてさらに兄ちゃん不機嫌のドツボ。 「おまえすっげえむかつく。 消えろ!」

お気ラク兄ちゃんも決して髪が真っ黒ではないのだが、隣の芝生はどうにも青より茶色にみえるようだ。

posted by コダックもどき2号 at 23:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 兄中3 ちび小4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

凝っちゃうのもいいけれど

昨日行われたうちのお気ラク兄ちゃんの中学生活最後の合唱発表会。
昨年までは来るなと言われていたけれど、今回は聞きに来てもいいよとお許しが出たので、
喜んで拝聴。

ひと月あまり前からの朝レンの成果は手にとるようにわかった。
いつもは一生懸命に立てていくヘアスタイルも、今日は幾分控えめにしていった。

お気ラク兄ちゃんのクラスは、よく歌声が合っていてまじめな取り組みようが伝わり、
目頭が熱くなってしまった。

歌い終わって舞台からおりるクラスの面々が指揮者とピアノ伴奏者と両手をパチンと叩き合い、
お互いに成功を喜び合う。
どの顔も満足感でいっぱいだった。

ピアノの伴奏も素晴らしかった。

先生の講評によるとピアノ伴奏者は7月からこの発表会にむけて練習をしてきたという。
まったく、アタマが下がる。


うちのお気ラクはピアノが弾けない。
習おうよと何回か誘ってみたが、運動系の習い事に夢中でダメだった。

ちびも何回か誘ったがだめで、コダもどが小1の時から使っていたピアノは、
狭い家の中でいつしか邪魔にされ、寄付へとまわったもうやだ〜(悲しい顔)

かわってあらわれたのが親戚からまわってきた電子ピアノ。

昨夜、合唱発表会の成功で興奮さめやらないお気ラク兄ちゃんは何を思ったか
この電子ピアノを人差し指で押し始めた。

「お母さん、この楽譜読める? 弾き方教えてよわーい(嬉しい顔)。」

しばらくぶりで楽譜というものを見たコダもど、シャープが3つついている楽譜を見て
ちょっと意識が遠のくが、解析してやってみる。んんんんー。今更ながら難しいふらふら
指なんて動くわけがない。楽譜の読み方すら忘れかけていたのだからふらふら

PCのキーボードならばそこそこブラインドタッチで入力できるが、
素晴らしい音色を奏でてなんぼのピアノとなるとそうはいかない。

それでも思い出して教えると、そこはおバカでもさすがに中3。
指のうごきは別としても飲み込みは早い。
「おれ、ピアノ弾ける人、そんけーするわ」といいながら、苦労して弾いている。

お互いにおもしろくなり、茶ばんで物置のにおいがする定価160円と書いてあるソルフェージュを
引っ張り出してのめりこんでいたら夜中の12時をまわってしまった。

そうこうしているうちにそこそこソルフェージュが弾けるようになったお気ラクは、
すっかりいい気分になったらしい。
父は北海道へ旅立ち、弟とうるさいハハはお昼からサッカーの試合へと出かけて不在の今日は
お気ラクにとっては何とも楽しい我が家。

今夜弾いてくれたら、昨夜からさらにかなり上達している・・・。
どうやら今日は一日ソルフェージュ三昧だったらしいふらふら

あのー、受験勉強はどうなっているのでしょうか?
あなた、音大でも目指すおつもりですか?
それとも、今度はミュージシャンになるとか言い出すんでしょうか?

ともあれ、何事も一生懸命やることは大事。
何もせず、暗くカリカリして過ごした夏休みから一変して、明るく頑張ろうとする兄ちゃんなら、
お気ラクでもいいか!って思う。
ここから挽回!

ラベル:反抗期 中学生
posted by コダックもどき2号 at 23:57| Comment(8) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

予防接種から考察する兄弟の学習機能の差異

今日はインフルエンザの予防接種を受けにいった。
受けたのはちびすけのみ。

ご承知の通り、インフルエンザの予防接種は、10歳のちびすけなら1ヶ月くらい間隔を空けて
2回打たなければならない。
今日打ったら、11月末までにもう一度打ち、12月末までには効果があらわれるということだ。
それから、有効期間は約3ヶ月とのこと。
これでこの冬はばっちりだ。

高校受験生のお気ラク兄ちゃんは、もう大人と同じ扱いで、1回でOK。
逆算したら11月の半ば頃に受けるのがベストかなと思っている。

昨年はひどい目にあった。
お気ラク兄ちゃんが中学から頂戴してきたA型インフルエンザをコダもども頂戴し、
ともにタミフルを飲めずに二人で苦しいクリスマスとお正月休みを過ごしたもうやだ〜(悲しい顔)

お気ラク兄ちゃんは、「オレは受けなくていいんだ。ちびすけと違っていつもきれいにしているから
インフルエンザにはかからない!」
と、自身たっぷりに、余計な一言まで言って受けなかったのにさちっ(怒った顔)
まったくアタマにきたよちっ(怒った顔)

「兄ちゃんは受けなくてずるい。」と文句をさんざん言いながら予防接種を無理やり受けさせられた
ちびすけは、へっちゃらのぴんぴん。
一冬を半そでTシャツに上着1枚で過ごし、欠席0ぴかぴか(新しい)

結局二人そろってひと月あまりを調子悪く過ごしたのを覚えているちびすけ。
さあ、そろそろインフルエンザの予防接種を受けないとね、と言うと、
「うおう!あの注射のおかげで去年、おれはずっと元気だったんだよねわーい(嬉しい顔)。受ける受けるー!」
って揺れるハート

一方、学習機能を標準搭載していないお気ラク兄ちゃん。
「えーーーーーっ!受けなくていいよーーー!めんどくせーし!」 と、のたまうおバカ。

(君は人生を左右する受験を控えているんだろーがふらふら)

ちょっとおーーーちっ(怒った顔) 去年のふゆーーーーと言いかけたら、
あっ、そうだった。すいません。おかあさま。はい。受けます。喜んで。はい。どうもーわーい(嬉しい顔)
と言って逃げ出した。
まずいことがあると必ず笑ってごまかして逃げ出す困ったお気ラクだ。


目ご参考  インフルエンザに関しての我が家の経験(タミフルをのんでいました)
       小学生の時にインフルエンザにかかったことがある兄ちゃんは、すごい幻覚をみました。
  
     @ トイレのドアが6枚ならんでいて、コレだ!と見当をつけて、開けて入ろうとしたら
           頭をドアにぶつけた
     A 天井からナイフがたくさん降ってくるーーーーと夜中にわめいて逃げ回った
     B 天使の寝顔で眠っているちびすけを指差して、おじさんの死体が転がっている、
        ほら、死んでいるよー!と恐怖におののきわめいていた
posted by コダックもどき2号 at 23:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 兄中3 ちび小4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱりやればできるんだよ

高校受験生の兄ちゃんは、この時期にきて、最低な評価を頂戴した科目があった。
それはその先生の予告どおりだった。
その予告にさらにやる気を落としたお気ラク兄ちゃんであったのは事実だ。

コダもども相当な意地っ張り。
「提出物はきちんと出すのが当たり前。まじめな態度で授業に臨むのも当たり前。
だけど、気に喰わない生徒に対して納得いかない言葉を発する先生に
媚は売らなくてもいいんだよ」、とお気ラク兄ちゃんに言ったことがある。

が、今日は、廊下で会ったその先生に挨拶ができたそうだ。
こんなことは当たり前の事なのだが、ちょいワル中学生には見栄や意地があり、
難しかったことなのだろう。

相当反抗していた先生に対して最低レベルのマナーは守ろうと考えアタマを下げられた。
先生は相当面食らったことかと思う。

けど、それだけで、君は理性ある大人に一歩近づくことが出来たと思うよぴかぴか(新しい)
やっぱりやれば出来るんだよ。
母は心からうれしいわーい(嬉しい顔)。うん。


一方、本日の小4のちびすけ。

お風呂に一人で入ると、ちゃんと洗ってるかどうか怪しいし、今日は入らないなんて言わせない。
ちびすけの足はくさいし、外で何をやっているかわかったもんじゃないからバイキンの塊だ。
いや、バイキンそのものといっても過言ではない。

だいたい毎晩、「おかあさーーん、一緒にお風呂に入ろうよー」とゴキゲンな様子で誘ってくる。

さっきも、一緒に入ったら、洋服を脱ぐのが早いちびすけは、
コダもどがお風呂のドアを開けたら
すでにもぐっちゃっている。
浴槽でもぐっているのだ。
もぐっているのは珍しいことではないのだが、今夜は水泳用のゴーグルを持ち込んでいるふらふら
しかも、きれいにお掃除して入れたばかりのお湯がにごっているではないか!
不審に思って聞いた。
  「ねー、アタマ洗った?」
  「洗ってない・・・と思う・・・たぶん」

たぶん?これじゃあ体も洗ったかあやしいものだ。ふらふら

そして、きわめつけは水浴び。
手桶にお水を入れてジャバーっとアタマからかけて笑っている。
コダもどにかからないようにちゃんと気をつけてやっているのだが、やはり7滴くらいは飛んでくる。こちらはその跳ね返った水で心臓がとまりそうだもうやだ〜(悲しい顔)

お気ラク兄ちゃんと一緒に風呂に入らなくなってどれくらいたつだろうか。
今はまだ、かわいいちびすけとのお風呂タイムをせいぜい楽しんでおこう。
posted by コダックもどき2号 at 00:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 兄中3 ちび小4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

喜ぶべきか喜ばざるべきか

うちの高校受験生、お気ラクお調子者兄ちゃん。
今朝はうっかり二度寝。

お気ラク兄ちゃんはとてもだらしない。
何事においてもだらしない人間は朝も起きないものだが、このお気ラクは、
これだけはきちんとできる不思議な輩だ。


さて、そこここで、今週末あたりは合唱発表会だという情報が聞かれるが、
うちのお気ラク兄ちゃんの中学も例外ではない。

9月に行われた体育祭の直後からは、この合唱発表会にむけてクラス一丸となって
毎朝の練習に励んできた。

だいたい、こういうイベントの朝レンをリードするのは、何事にも一生懸命な女子らしい。

朝レン開始時刻に遅刻をすると、
その熱心な女子たちから非難の声が一斉に浴びせかけられるそうで、
本人曰く、「うちのクラスの女子、めちゃこえーんだ。ちょっとでも遅れるとすっげえ怒るんだよ。
やべーんだよお」と。

・・・よほど怖いらしい。
万年遅刻スレスレ男のお気ラク兄ちゃんは必死に早起きして、朝シャンしておぐしを丁寧に整え、
ご飯もしっかり食べたうえで、「やべー」とか「うわー」とか騒ぎながらあたふたと出かけていくのだ。


まえおきが長くなったが、今朝は二度寝をしてしまったせいで、
これまでにない大ピンチになったらしい。

帰宅して開口一番、「お母さん、オレやべえ。明日遅れたらまじやべえ」
(だから、そのしゃべり方はアタマ悪そうに見えるからよしなさいって!)
「明日は、ぶん殴ってもいいから6時半に起こして!」
(えっ、ぶん殴っていいの?今までの分、まとめてやっちゃうよ)
「オレ、今日9時に寝る」
(はあ、どうぞ。でも勉強は?)
「あっ、今日の分の勉強はこれからちゃんとやるから!」
(どんどんやってちょうだい)
と矢継ぎ早に言って、自分の部屋にこもった。

そーっと覗いたら、名探偵コナンを読んでいたふらふら
その後はちびすけを呼びつけて遊戯王カードで 「1回だけだぞ!オレのターンだっ!
お前、ズルするなよ」なんて言っているのが聞こえた。
呼びつけて誘っておいて、「1回だけだぞ」ってのもないんじゃないすか?
それにしても、これが今日の分の勉強の一部か・・・

今朝の未明に、フツーな兄ちゃんは平和だけど物足りないんだって書いたけど、
やっぱりフツーじゃなくて、ちゃーんとネタを提供してくれる。

喜ぶべきか喜ばざるべきか、そこが問題だ。
合唱練習も追い込みだ。中学生、ガンバ!
(言葉遣いが悪くて失礼)

posted by コダックもどき2号 at 21:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

提出物は出せたけど・・・

今日も今日とて、フツウの受験生なみに今日締め切りの提出物をきっちり出してこれたと
楽しげにいうお気ラクお調子者兄ちゃん。
こんなにフツーでは「お気ラク」も「お調子者」も返上して、ただの「兄ちゃん」に戻らなくては
ならない。

素晴らしくうれしい事なのである。
あの、お気ラク兄ちゃんがこんなにフツーなことができるようになったことは!
フツーであるって、こんなにきらきらぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

弟のちびすけとの関係も良好だ。
あれだけ大喧嘩していたのがうそのようだ。

お気ラク兄ちゃんが変わりはじめたのは中学生になってすぐ。
その激変に夫もコダもども戸惑い困惑したが、一番動揺したのはちびすけだったかもしれない。
兄のストレス発散の相手に選ばれたちびすけは、しかし、ちょっとやそっとじゃ兄に
負けてはいない。
5歳離れていたって、同レベルだ。
だが、結局痛い思いをして泣いて悔しがり、泣き寝入りするのだ。

家でのストレスを小学校で発揮して、随分と担任の先生から注意いただいた。
この頃は、毎日泣いて暮らしていたな。

なんか平和〜。こんな平和な日がずっと続いてほしい。
しかし、どこか物足りない。
子育て愚痴自己啓発ブログを書き綴ってきたコダもどとしては、一番のネタの提供元の
兄ちゃんが、フツーのまともな中学生になってしまうと、今後の展開に困ってしまうのである。

と、そう思っている矢先、ちびすけと自転車の修理に出かけていると、
コダもどのケータイに塾から電話が!
「あのー、お気ラク兄ちゃんさん、まだ来ていないんですけど、家は出られましたか?
お家に電話をしたらどなたもお出にならないのですが・・・」
時計を見ると、予定の時間から15分が経過。
あのアホが!

あわてて兄ちゃんのケータイに電話したら、・・・まだしっかり寝ていたがく〜(落胆した顔)
きゃー、何時だと思ってるのよ。ちょっとちょっとしっかりしてよ、おにーちゃんふらふら

やっぱり「お気ラク」はまだまだとれないっすねもうやだ〜(悲しい顔)

また明日にはなにかやらかしてくれるだろう。
でも、元気で明るく過ごしてくれればそれでいいわ揺れるハート
まだまだ、やりなおしはきくわい。ガンバ!
posted by コダックもどき2号 at 00:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

ほめておだてて気に登らせて落ちないように見守る

お母さん、今日、席替えしたんだ。
そうしたらね、班のメンバーに好きな子がいたからすごくうれしかったんだ揺れるハートと照れくさそうにいった
小4のちびすけ。

この好きな女子のことは、1年生の時から一途に好いているらしいことはわかっていた。
垢抜けていて、かわいくて、頭が良くて、礼儀正しい高嶺の花。

その話をしていたら現れた高校受験生のお気ラクお調子者兄ちゃん。
開口一番に「お前、その子にコクりたいなら、まずその性格を直せ!」

「別に、オレはコクろうと思ってないし!兄ちゃんに言われたくないし!」と、とりあわないちびすけに
不満な兄ちゃん。
ちょっと考えてから、「お母さん、その子はどんな子?」と聞いてくる。

前述のとおりに兄ちゃんに説明すると、あまりに非の打ち所がないと判断したようで、
小さな声で「くそっ」とくやしがりながら去って行ったわーい(嬉しい顔)

弟をかまってみたくて仕方ないようだ。あるいは、また優越感にひたりたいのかふらふら

そんなひまがあったら英単語の一つでも覚えればいいのにね。はは。

お気ラクお調子者兄ちゃんは、先日奈落の底まで成績を落としてからというもの、
遊び気分が抜けきらないとは言え、ぐいぐいと奈落の底から這い上がってきているぴかぴか(新しい)
手遅れに近い、遅いスタートだが、本当にマジに頑張り始めたのだ。

ずっと怠ってきたレポートや宿題を提出すれば、どれも5段階の4以上の点をもらって返されている。
毎日、帰宅するとすぐにうれしそうに返却されたものを見せてくれる!

もっと早くからこういうふうにやっていたら、高校を選べたのにな・・・って思うがもう仕方ない。

とっても悔やまれる。
こうなってしまった原因には、部活や習い事の両立問題などもあったと思うが、
コダもどががみがみ言い続けてきたのも要因として見逃せないと自負している
(自負って、本当はいいことに使うんだよね?)。
親がコドモのやる気をこそいでしまったのだから、お気ラク兄ちゃんには悪い事をしたと
心から思っている。これからが挽回のラストチャンス!
ほめておだてて気に登らせる!そして落ちないように見守る!

JR福知山線の、あの悲惨な事故に関するニュースで、今日、興味深い記事があったので、
反抗期・受験期のご子息ごご息女との関係に苦しんでおられる方がおいでなら、
是非およみいただきたいと思う。
参考になること間違いなし! → YAHOO NEWS

しかし、こういうこと、社会人の世界でマジに研究するんだね。いいことだけど。
posted by コダックもどき2号 at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 兄中3 ちび小4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

バカにつける薬ないかね

いよいよ後がなくなってついに仕方なく受験勉強を始めたお気ラクお調子者兄ちゃん。
内申決定まで残すところ2ヶ月あまり。

とりあえず提出物をきっちり出す。
こんなことは当たり前のことなのだが、これをやらないが為にひどい成績を頂戴していたのだ。
ここらできちんと出来るところを見せないとオトコもすたるってもんだ。

塾に行く直前にあわててやっていた宿題を、ここ数日前からは余裕をもって終わらせている。
これも当たり前のことだが、お気ラクお調子者にしてみれば素晴らしい快挙だぴかぴか(新しい)

ところが、今日ときたら、ちびすけと、その優秀な友達である帰国子女くんと、鼻血をよく出す
これまた優秀な鼻血くんに、宿題の理科の問題を読み上げ始めた。
天体関連の問題だから小4でも多少はわかることだ。

宿題のペーパーの裏面にはその解答に結びつく解説が載っているのだが、それを読むのも考えるのも面倒で、優秀な小4たちに聞いているのだ。

小4たちも1問目は考えて答えたが、2問目3問目になったらさすがに難しくてわからない。
こうなればすぐに違う話題に変わる。

ちびすけQ   :鼻血くんはめちゃ偏差値高くて100超えてるよなー。最強だし!
          帰国子女くんもめちゃ勉強していて、すっげえいろんな事知ってるし!

鼻血くんA   :(無言で笑う)

兄ちゃんA   :(宿題をやりながら小さい声で)偏差値100なんてありえねーし

帰国子女くんA:あたりまえじゃん!オレ、めちゃ勉強させられてるもん!
           明日だって塾のテストだし!


ちびすけQ   :帰国子女くんもめちゃ頭いいから偏差値100だよね!

兄ちゃんA   :(宿題をやりながら小さい声で)だから、偏差値100なんてありえねーし

鼻血くんと帰国子女くんA:うん、そうだね。でもちびすけは偏差値マイナス100だよね。ははは。

ちびすけ    :そう!オレ、最強のバカだしわーい(嬉しい顔)

兄ちゃん:   あははははは。お前ホントバカだもんなーーわーい(嬉しい顔)

コダもど:  ふらふら(ちびすけ、そんなこと自慢するなーーー!)
       (兄ちゃん、じぶんのこと棚に上げて屈託なく弟を笑うなー!)

・・・さて、どこかに、このバカたちにつける薬はないもんかね?もうやだ〜(悲しい顔)
posted by コダックもどき2号 at 01:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 兄中3 ちび小4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

塾長の面談トークと鼻笛

今日は小4のちびすけと高校受験生のお気ラクお調子者兄ちゃんの塾の面談に行ってきた。

ちびすけは中学受験をする予定でないし、計算がちょっと遅いこと、漢字が苦手な事を除けば、あとはいい。
ただ、この2つの事項が一番重要な気がするのだが、いちおう努力をしているので良しとしよう。

やっぱり問題は兄ちゃんだ。このお気ラクお調子者は、3年のこの時期に成績をガーーーーーンと下げてくる大したお人。

貧相な数字が羅列されたそのテスト結果表やら内申やらを見るたびに、コダもどはそこはかとない悲壮感にかられ、猛烈な虚脱感に襲われる。

で、塾長先生はと言えば、

「イヤー、まいりましたねー。うまくいっていないとは聞いていましたが、
ここまで下げてくるとは思いませんでした。いやーまいりましたね。
ただでさえお気ラクくんの中学は内申が厳しくて有名ですからね。
このままじゃ第1志望がまずいのはもちろんですが第2志望もまずいかもしれないな、うん。
何しろお気ラクくんがしっかり取り組んでくれないとどうしようもないので、おかあさん、
こういうことも考えておきましょう。
取り敢えずイケそうな高校をもっと広い視野で見て、範囲を広げてみましょう。
隣の県のこの高校では、お気ラク調子者兄ちゃんくんのこの偏差値・この内申で入っても、
3年後にはこんなにネームバリューのある大学に合格出来ている生徒さんが多数います。
目先だけで考えずに、入ってからの中身が濃く、3年先の進学に有利なところを考えてあげましょうよ」

と。

この塾長先生はセールストークが実にうまい方なのだが、それにも増して、
親が落ち込まないようにとても気遣いのある、それでいて毅然とした態度で面接に臨んでくれる。
お気ラク兄ちゃんも信頼しているようだ。

将来の明るい道すじが見えたことに一人歓喜しながらも反面どろどろに落ち込んで帰宅すると、
ちびすけが飛んできた。

「おかえり」と言いながらドアをしめると、「ただいま」とちびすけが言う。逆でしょ!
この子はいつもコダもどにからかわれて、つられてこう言うからおもしろいのだ。
母さんが言うべき事は「ただいま」、君が言うことは「おかえり」だよ、ちびすけくん。

またやられたと悔しがるちびすけに、まだまだ修行が足りないなと声をかけ、
ためいきをついてから手洗いうがいをする。

待ちかねたようにちびすけがリコーダーをもって登場し、わざと後ろ向きになって「花笛」を吹くよ、ちゃんと見ててね。」と言う。
・・・えっ?聞くんじゃなくて見るの?

そしてくるりと振り返って「鼻笛」を鼻で吹いてくれた。
おかしくておかしくて、いやな落ち込みが吹っ飛んだ。
かわくて大事なちびすけだ。

それにしても内申ってなに?
全国統一テストかなにかで決めれば納得いくんだけどな。
相性悪い科目なら、この時期でも最低評価さえ下されちゃう。
あーあ。ごきげんとりも難だけど、要領悪いのも難だね。

posted by コダックもどき2号 at 23:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 兄中3 ちび小4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

ぶたもおだてりゃ気に登り結局逃げ出す

昨日から、二人そろって小テスト100点の話題でもちきりの我が家。
こんなにほめられることも滅多に無いので、この時とばかり、夫とコダもどとで二人を
ほめてほめて褒めちぎり、気分をうーんとよくさせた。

するとどうだ。
いつもどおり、中学からハアハア言いながら帰宅(帰路はずっと上り坂だから)したお気ラク兄ちゃん、
呼吸を整えてから、ちびすけと、遊びに来ていたちびすけの友達の帰国子女くんに向かって
こんなことをのたまった。

「よう!わーい(嬉しい顔) オレさあ、数学で100点とったんだぜ。お前らこれできるか?
エックス2乗+3エックス−・・・・・

「中学の数学なんてわかるわけないしーー」とあきれてブーブー言う小4たち。

おいおい、こんなちびっこたちに対して優越感を感じて、お前さんはどれだけうれしいのかい?
低レベルで母さんは情けないよもうやだ〜(悲しい顔)、と腹の底で思うだけにとどまらせ、
PCに向かって黙って聞いていたら、まだ調子に乗って次の問題を出す。

じゃあさー、エックス−4の2乗イコール・・・

「だからわかるわけないじゃんって言ってるでしょ!ちっ(怒った顔)」と、しまいには小4たちもムッとしている。
あいかわらず低次元なお気ラクだ。

小4がかわいそうになったコダもど、ちょっとこのお調子者を戒めてやるかいと思い、
こういうやり方はよくないなと思いながらも、
「じゃあさー、帰国子女くん、兄ちゃんに英語の問題出してみる?」と聞いてみた。

帰国子女くんは小4にして英検3級なのだ。
兄ちゃんがちゃーんと勉強しているなら、ほぼ互角のはずだ。

さあ、お気ラクお調子者兄ちゃんどう対処するか?!と思ったら、素直に、
「あっ、ゴメンナサイ。ワタシが悪かったです。スイマセン、センパイわーい(嬉しい顔)」と言って笑って逃げてしまった。
そう、兄ちゃんの英語の成績は奈落に近いのだ。
しっかりしておくれよー。にいちゃーんもうやだ〜(悲しい顔)

でもね、神経にさわらないように、内申という単語を使わず、
将来困るよ、自分が大変な思いをするんだよ、自分が恥をかくんだよということを
たまーーーにだけ言うように心がけていたら、お気ラク兄ちゃん、笑うことが多くなったんだよ。
穏やかになったんだよ。
それだけで、うれしくて救われた気持ちでいるんだ。母さんはわーい(嬉しい顔)


ところで、ぶたもおだてりゃ気に登るって慣用句(?)ことわざ(?)あるのかな??って、
ちょっと思うところあって調べてみたら、ことわざ辞典には載っていない。
で、PCで検索したら、どうやらこういうことらしい。→ヤッターマンのぶたもおだてりゃ気に登る
いやあ、知らなかったっす。
ちゃんとしたことわざor慣用句かと思っていた恥ずかしいコダもどでしたふらふら
ラベル:小学生 中学生
posted by コダックもどき2号 at 22:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 兄中3 ちび小4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

溺れるものは藁をもつかむ

今日は我が家にしてはとびきりびっくりな高得点ニュースが舞い込み、いやはや驚いた。
なんと兄ちゃんもちびすけも100点をとってきたのだぴかぴか(新しい)

以前に我が家の兄弟のテストの100点について語った事がある
         ↓
算数100点!やればできるじゃん

まずは小4のちびすけが学校から帰るなり、「お母さん、コレ見てびっくりしないでよ」と
裏返して差し出したB5版の紙。
おっ目もしかしてまた算数で100点とれたか?と思ったら、超苦手な漢字のテストが100点ぴかぴか(新しい)
しかも、どえらく丁寧できれいな字で書いてあり、点数の100 とともに大きなはなまるが
ついているじゃあないか。

漢字テスト一発合格は過去に2回しかなく、ましてや100点とるなんてことはありえるはずも
なかった事!
手放しで拍手わーい(嬉しい顔) 今年のノルマ300%達成!


そして、高校受験生のお気ラク兄ちゃん。

つい先日、数学の小テストで92点をとってきたのも記憶に新しいのだが、立て続けに行われた
数学の小テストで今度は100点をとれたそうだぴかぴか(新しい)
ノルマ50%達成!

もしも兄ちゃんのアタマの上に吹き出しがあるとしたら、
ほーらどうだい、たいしたもんだろ!オレだってちゃんとやってるんだぞ
と書いてあるであろうその得意げな態度に、
驚いたことが世の中にはあるもんだと思いながらも、これまた手放しで拍手。

初めてこの育児愚痴ブログを読んでくださった方は、あらまあ、なんて大げさな!
とお思いだろうが、いつも読んでくださっている貴女ならこの素晴らしい快挙に
驚きの色を隠せないであろう。

さて、大喜びしているハハたる私コダもどに、兄ちゃんからの追加のストーリーが聞かせられた。

この100点の話、職員室に当番の用事で行った時に数学の担当の先生から聞かされたそうで、
クラスでは100点は一人だけだったとの事目

普段から、社会科を含む暗記科目がどうにもならないお気ラク兄ちゃんのことだ。
その話を聞きつけた社会の担当の先生が、「えーーーーーっ!?おまえが100てんーーー?
うそだろーーーーがく〜(落胆した顔) 何かの間違いですよね?○○先生!」 と、それはそれは大きな声を
出して驚いたとかふらふら

そういえば、中学は科目毎に専門の先生が見てくださるのだった!

こんな情けない話をおもしろおかしく話す息子に情けなさを感じながらも、
これで社会の先生の、お気ラク兄ちゃんを見る目が変わってくれるといいなと
えげつない欲を出し、わらにもすがろうとする思いの醜いコダもどであった。

書きながらいねむりしちゃった
おやすみ手(パー)

ラベル:小学生 中学生
posted by コダックもどき2号 at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 兄中3 ちび小4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

それぞれに困ったもんだ

数検の申し込みをちゃんと済ませてごきげんに帰宅した高校受験生のお気ラク兄ちゃん。
数学だけは頑張るからわーい(嬉しい顔)」ってのたまう。

・・・お前さんはまだわからんのか。
数学だけ勉強しても行きたい高校には行けんのだよ。
暗記科目、何とかならんかねふらふら

そして、数検の問題集を手にしながらも、弟で小4のちびすけとその友達を誘っている。
「よう、たまには一緒にゲームしようぜいわーい(嬉しい顔)

えーーーっ!たまにはー???
いつもやってるじゃんちっ(怒った顔)
何が、たまには、なのよ。

たまには勉強しなさいよと言いたいところだが、帰宅したばかりだし、少々は目をつぶってあげようと仏心を出したら、結局5時に友達が帰るまでマリオカートを楽しそうにやっていた。

数検の問題集は、ひとり寒そうに、モノ悲しげに、2011年7月24日には粗大ごみ化してしまう予定の、大きいテレビの下に入り込んでいた。その問題集の心には悲しいすきま風が吹いていたに違いないもうやだ〜(悲しい顔)


一方、最近のお気ラク兄ちゃんの大活躍のおかげですっかり影がうすい、わたしのかわいいちびすけ。

ちょっと目を離すと、苦手な国語の音読の宿題をさぼり、すました顔で適当なことを言う。
「連絡帳には宿題って書いてあるけど、本当はやらなくてもいいんだ」と。

「やってもやらなくてもいいことを、先生はわざわざ連絡帳に宿題って書かせることないわよ!」と一蹴すると、目をあちこちに泳がせながら、「あ、そうだった!やらなくちゃいけなかったかもしれない」だってふらふら


そして私、コダもどと言えば、2人だけしかいない息子の名前をいい間違えるのが日常だったが、最近では息子の名を呼ぶのに、間違えてペットのインコ達の名前まで出すようになった。

特に兄ちゃんに文句を言っている時だな。オカメインコのしゅんちゃんの名前が出てきちゃうのは。

「ちょっと、母さんに向かってうざいとは何よ!。いつもいつもシャワーをジャージャー流しっぱなしにして!水道代天引きするわよっ!しゅんちゃん!」って、こんな具合だ。

しゅんちゃんこういう時にはさすがの兄ちゃんも反抗を忘れてプッと吹きだして言う。
「オレ、しゅんちゃんじゃないし。オレ、鳥なみかよわーい(嬉しい顔)

まったく我が家はどいつもこいつも困ったもんだ。
なんでこうなのよふらふら


(えっ?ワタシ何か話題にされてる?)
posted by コダックもどき2号 at 23:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 兄中3 ちび小4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

高校受験の最終手段

元気ならばそれでいいんだけど、いよいよ後がなくなったお気ラク兄ちゃん。
言えば反発する、言わなきゃやらない。
最近は、同じやらないなら言わないで穏やかに過ごすことを選んだコダもどである。

それにしても、第1志望校の学校説明会に行くのはいいが、先立つもの=この場合はお金じゃなくお勉強=が伴わないとどうにもねーふらふら

お気ラク兄ちゃんはイジでも第1志望をまげないつもりのようなので、こうなったら、何回も学校説明会に通って、お情けで入れてもらえるようにするのも最終手段としてナイスかもしれない。(現実問題としてそんな手段が通用するとは思えないけど!)


以降、優秀なご子息・ご息女をもたれる貴女にはまったく関連無く、時間の無駄となる話を書くので、為念!

知り合いからこんな話を聞いた事がある。
中学校3年間ろくに勉強しないで、最低ラインのぎりぎり限界うえの公立に落ち、最低ラインぎりぎり限界したの公立にかろうじて入学した男子の話。

それなりのお子様たちが集まる学校に入学し、それなりのお子様とおつきあいしながらも学年トップの成績を保った。

友人とうまくおつきあいしながらもトップを保てた秘訣は、
@友人とはちゃんとおつきあいする
Aだけど、勉強はきちんとする
Bおつきあいを断って勉強するときもある

でも、それでは友人たちから疎まれいじめられるのでは、と思ったらまだ続きがある。
Cテスト前に勉強を教えてあげる。またはノートを見せてあげたりして成績アップに協力する。

この手法でトップを保ったということだ。
そして、その結果待っていたものは、大学の推薦入学および大学の学費の半額免除ぴかぴか(新しい)

おおー、こんなこともありうるのか!!
まるで、その昔の新田義貞の鎌倉攻めの伝説のように一気にみちが切り開かれ成功したような気分にさえなってしまったこの事例ぴかぴか(新しい)

これを聞いた時から目の前が明るくなったような気分でいた。
・・・だけど、この新田義貞の有名な稲村ガ崎のお話、私コダもどが小学校の時に習ったのとだいぶ違う見解になったことが今、わかってしまった。

特にお若いお母様あるいは勉強熱心なお母様はとうにご承知のことかと思われるが、おばさんのコダもどは承知していなかったので大変ショックであった。

さあ、これを読んでみてくださいまし。そして、貴女のご子息・ご息女、貴女自身に確認してみましょう。
あ、くれぐれもうちひしがれないようにお願いしますよ。
新田義貞のウィキペディア(Wikipedia)稲村ガ崎

伝説は伝説のまま、美しく語り継いでいって欲しかった・・・。
そして、我が家のお気ラクくんに奇跡はおきないと暗示しているようで、また奈落の底におちていくコダもどでしたもうやだ〜(悲しい顔)

今日は、どこぞやで飼育されているシャチの出産に初めて成功したらしけど、せめてシャチさんのお子様には、我が家の分まで元気におりこうに育って欲しいと願う。

ラベル:中学生 高校受験
posted by コダックもどき2号 at 22:04| Comment(10) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

兄ちゃんもついに一念発起か?

よみがえって参りました。いつものコダックもどき2号でございます。

本当はいつまでもくよくよねちねちとしている性分ではありますが、ビールを飲みまくり、あったかいコメに再び泣き、コメ返しをしながらまた泣き、1日かけてよみがえりました!
励ましていただき、感謝カンゲキです。
気持ち切り替えました。

カラオケこどもは笑顔で励ますよう努力をしていくコダックもどき2号。
コダックもどき2号に暖かい1票を、どうぞよろしくお願いいたしますーわーい(嬉しい顔)

さて、昨日のお気ラク兄ちゃんは一念発起(??)。
いつもはメールでこそこそ友達とやりとりしているのに、家電(いえでん:最近はうちの電話をそう呼ぶそうだ)で、聞いて頂戴と言わんばかりに大きな声で話をしている。

内容は数検の申し込みについて目

電話を切ってから、締め切りの迫った数検の申し込みをするから、今度の学校までに三千円ちょうだいねわーい(嬉しい顔)とかわいい顔で言う揺れるハート

おおーっ、何と素晴らしいご発言。こんなご要望を聞けるとは夢にも思わなかったよ。お母さんは涙で前が見えないよわーい(嬉しい顔)と言ったら、ムッとした顔で「って、笑ってるじゃんちっ(怒った顔)

まずいまずい。またやってしまったふらふら

そしてこれから数検の問題集を買いに行くからお金を頂戴ね、と。
はいはい、そんなことなら喜んで差し上げましょう。
じゃあ、階段においておくからねと話した。

時間は4時。
ちょっと友達のうちに寄ってから本屋さんに回るからねと言うので、暗くなるまでには帰っておいでよと言って送り出した。

・・・階段にお金が置きっぱなしだったのに気づいたのは、しばらくしてからのこと。
ケータイに電話をすると、「あー、お金忘れて買えなかったから、今日は友達の家だけにすることにしたよ。本屋さんは明日!」と弾んだ声で言うだけ言ってプツッ。

こりゃー!。君は何を第1目的に出かけたんじゃー!と、ひとこと教育的指導をしようと思ってケータイにかけなおしたら、ハハの逆襲を予測したのか、もうしっかり電源を切っている。

こんなことだけには知恵が働くお気ラク兄ちゃんとのバトルはまだまだ続くのだふらふら

今日の兄ちゃんは、ひととおりぶつぶつお約束の文句を言いながら模試。
夫は・・・自分の世界・・・F1、スポーツ観戦。
小4のちびすけとコダもどは地域の運動会。
ちびすけはリレーで地区優勝。
コダもどは年寄りの冷や水。
間違えて綱引きに出て、肩こり腰痛、帰宅後には近年まれに見る3時間のうたたね。
・・・3時間ってうたたねレベル超しているよね。ははは。

おやすみー手(パー)

posted by コダックもどき2号 at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

成績より大事な事

お気ラク兄ちゃんの成績が恐ろしく下がっていた。
中3のこの時期にきてのことだ。

実際泣けた。三者面談の席で不覚にも涙が出てしまった。
頑張りきれない人間に育ててしまった自分が情けなくて。

下がった理由の多きは、意欲のなさと授業態度の悪さ(騒いだりするわけではなく、私語や姿勢の問題)が占めるとのこと。

本人、それなりに努力を始めていたのはわかっていた。でも、全然足りなかった。遅かった。
最近は一生懸命やっているよ、授業態度もよくしているよと言っていたので信用し安心していた。

成績が下がったこともショックだが、それよりも何か、裏切られたような気持ちばかりが先行して、そんなことを思ってしまう親としての自分が悲しくてしかたなかった。


でも、成績が悪いなんて、そんなことたいした事ないやと思わされることが、今日あった。

うちの兄弟のハトコにあたる、まだたったの4歳のコにガンがみつかり入院したということ。
こんなにかわいそうなことあるだろうか?
わずか4歳で大変な性を背負い、命をかけた闘病生活が始まったのだ。

本人はもちろんママとパパ、おじいちゃんやおばあちゃんたちのつらさにははかりしれないものがあるだろう。


思いだした。
お気ラク兄ちゃんは今まで2回の手術、計3回の入院をしたことがあった。
あの時どれだけ健康のありがたみがわかったことか!

思い出した。
どんなにきかん坊でもどんなに成績が悪くても、元気に友達や家族と過ごせることがどんなにそのコにとって幸せなことか。
そして、コドモが元気に過ごしているのが親にとってどんなに幸せなことか。

思い出した。
日々の当たり前の営みをあたりまえにできることがどんなに平穏無事なことか。

マヌケなコダもどなので、明日は忘れているかもしれない。
でも、元気でいてくれるだけでいい、そう思った今夜は、成績なんて二の次だと思えた。

実際のところ、兄ちゃんの反抗には本当に誰にも言えないほど思い悩み苦しんできた。
どうにもうまくいかなくて、泣いて暮らしていた時もあった。

でも今やっと思考錯誤して、ようやく落ち着いて接することが出来るようになったら、とらえて受け止める余裕ができてきた。
そうしたら、兄ちゃんもおちついてきた。

元気でいてくれればそれでいいんだ。
ほめて励ましていけばいいんだ。
楽しく暮らせるように見守ればいいんだ。


ブログの作り方を教えてくれた友人に大感謝。
彼女のおかげで、私の気持ちの居場所が見つかったのだ。
有難う。本当に有難う。あなたからは学ぶことが本当にたくさんあります。

それから、励ましてくれるコメ友のみなさんにめぐり合えた事に感謝。
何も言わず、でもいつもそっと見てくれているそこのあなたにも、有難う。

・・・なんか、卒業の言葉みたいになっちゃったけど、私はここにいて、今夜も自己啓発育児愚痴ブログをかいています。

明日は(も)みなさん、波風たたない平穏な日でありますように、おやすみ手(パー)

posted by コダックもどき2号 at 00:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

2次方程式で立場逆転

うちのお気ラク長男。ハハたる私はちょっと前までただの「兄ちゃん」と表記していたが、
最近「お気ラク」を追加し、「お気ラク兄ちゃん」へと格下げにしてしまった。

この高校受験生のお気ラク兄ちゃん、たまーーーーーにテストが思うように出来て、思った通りの点がとれたらもう態度のデカいことデカいこと!

昨日の数学の小テストが92点だったのだ。
クラスメイト全員93点以上だったとういケースも考え得るが、今日はこの可能性は考慮せず話そうふらふら

夜のご飯が終わって、今日はご機嫌なお気ラク兄ちゃんは、テストに出た問題のうちのひとつを私に出した。

お母さん、因数分解だからね、因数分解の問題だよと、それはそれは一生懸命に広告の裏に書き出す。

やってみてやってみてと矢の催促なので取り組んでみると、あれまあ、まったくわからない。

理数系さっぱりダメなコダもど。
「だいたい、数学なんてもともとわけがわからないし、因数分解も2次方程式も
どっちがどっちだか忘れているし、主婦の生活に全然必要ないし」、なーんて醜い言い訳をしながら、それでも紙に書いて考えていると、「えーーっ!?なんでそうかなー。2次方程式だよ。わかんないのーーー?」とすごく大きな声で高慢ちきに言い放ってくる。

てやんでえ!何としてでも問いてやるわい!と思ってまた取り組むが、すぐに、「ねー、因数分解ってどうやるんだっけ?」と聞いて、お気ラク兄ちゃんにあきれられた。

なんだい、ちょっとばかりテストができたからってさ!ふんっ!なーんて大人気なく思ったが、
考えてみたらこれって、普段のコダもどとお気ラク兄ちゃんとの関係を逆転させただけのことじゃない!?
こんな風に言われたら、やる気なくすよねふらふら
反省反省。

そして今夜は、してやったり、って感じで高飛車にふるまい優越感にひたり鼻歌を歌うお気ラク兄ちゃんでした。

でも見ててよー。
明日は三者面談よー。また、立場逆戻りよーん。
おーっ、ほっほっほっ。
って、かわいいわが子笑い飛ばしてどうするのよ、アタシのばかーもうやだ〜(悲しい顔)

おやすみー手(パー)

ラベル:因数分解 中学生
posted by コダックもどき2号 at 00:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

継続は力なり

今日も今日とて、小4のちびすけの崖の上のポニョのリコーダー練習で早くから起こされ、
意識朦朧としたままテレビをつけると、朝から日本人のノーベル賞受賞の話題。

ノーベル賞って何だっけ?と聞くちびすけに、平和賞とか物理学賞とかのいくつかの部門の賞が
あってね、毎年世界中でそれぞれたった一人の一番立派な研究や発見や貢献ができた人が
選ばれて表彰されるすごいものなんだよ、と教えた。

物理学ってなーに?と聞くちびすけに、ニュートンの万有引力の法則の話をすると、
そっか!目
だから、宇宙にはその力が届かなくて、そのせいで空気とかがないんだねぴかぴか(新しい)って、
もう目をきらきらさせて話す。

そうそう、そうなのよ。よくわかったね。すごいすごいと褒めちぎった。
本人、まんざらでもない顔をしている。

虫や粘土こね、折り紙のヒコウキつくりやブロックでのへンな武器作りばかりのちびすけだが、
どこでどう興味がわくかわからないものだ!
これはもう将来物理学者か、と一瞬思ったが、すぐに何事もなかったかのようにリコーダー練習に
戻った。
やっぱり将来はオーケストラでクラリネットでも吹くか!

それにしても、継続は力なり。

あれだけイマイチだったリコーダー演奏だったが、今ではほとんどつかえないで
きれいにふけるようになった。

ノーベル賞受賞が決まった教授陣も、それこそ継続は力なりを地でいった結果だ。
高校受験生のお気ラク兄ちゃんにも身に沁みてわかってほしいのだが・・・なんとも・・・。

でもね、お気ラク兄ちゃん、今日はうれしそうに帰宅した。
今日の数学の小テストは90点以上絶対かたいって。
すごく内申に厳しくテストも難しい兄ちゃんの中学で、小テストとはいえ90点以上をとれるのは
彼に限らずかなり難しい事。

うちのヘンなお気ラク兄ちゃんはヘンなので、数学だけが得意科目である。
これだけはきちんと勉強してきた。
まさに継続は力なり、だ。
さあて、実際は何点とれているんだろうか?

おやすみー手(パー)

posted by コダックもどき2号 at 23:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 兄中3 ちび小4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

寒くないのかね?

すっかり寒くなってきたのに、まだ家では上半身はだかで勝手な人生を楽しんでいるうちのお気ラク兄ちゃん。
夏からずっと上半身はだかのままのヘンな人だ。

我が家が位置するところは南の楽園ではないし、ホテルのように素晴らしいコンディションの室温であるわけもない。

暑い暑いと常に言っていた真夏と今の気温とでは文字通り温度差がある。

では寒さを感じないのかと思うと、そうでもない。 あー、なんでこんなに寒いんだろうと訴えるので、これはもうヘンな人というレベルをはるかに超越している。
やることとなすことおかしいのに、これ以上おかしいところを増やさないで欲しいもんだ。

昨夜なんて、あまりの眠さと冷えでこの「何でこうなのよ」の更新を途中でリタイアし、お風呂で温まって寝ちゃおう!なんて私が思っているのに、兄ちゃんってば扇風機をつけてハリーポッターの最新作を読み直している。

受験勉強をするわけでもなく遅くまで起きていてまったく!とは思ったけれど、読書ならまだましかなと思い、早く休まないと体を壊すよと一言言って放っておいた。
扇風機なんかかけて・・・なんてまた余計なことを言ったら、「ワルいー?別にいいじゃん!」って反発させるのはわかっているから波風立てずにやりすごしちゃおうって寸法

いずれくる、今は小4のちびすけの反抗期の方が実はもっと恐ろしいのではないかと危惧しているコダもどだが、学校に行くときも放課後友達と遊んでいる時もいまだにTシャツにビーサンのサンシャインこぞうのちびすけはまだまだかわいい。
このかわいいうちをもっと楽しんでおこう。

今日はめずらしくこの時間の更新だけど、もうババシャツ着ちゃって遠赤外線ソックスにひざ掛けで深夜にPCに向かっていると、PCデスクをコタツに変えたいと思う寒がりのおばさんのこのごろでございます。

余談だけど、いつだかに書いたテレビの朝バナナダイエットね。
アレ以来、バナナ買えなくて困っているんだけど。
コドモのおやつに皮剥くだけのバナナってナイスなんだけどなあ・・・。
いつまでつづくかなあ・・・。

ラベル:小学生 中学生
posted by コダックもどき2号 at 16:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

反面教師

お気ラク兄ちゃんが小さい頃は、とても手をかけ甘やかした。
フルタイムで仕事をしていたせいもあったし、初めての子だというのもあったのか、転びそうになればその直前に手を差しのべてしまっていた。

だからなのだろう、お気ラク兄ちゃんはいつでもお気ラクで、自分で事前に計画を練って行動する力に非常に欠けている。

ダメハハのコダもどのせいでこんなふうになってしまって失敗したと思っているのだが、世の中には反面教師というプログラムがある。
今からでも、このプログラムをお気ラク兄ちゃんの頭脳にインストールしようと何度も試みているのだが、いつもエラーになってなかなかうまくいかない。
時間を喰ったあげくむなしく失敗に終わる。

このいらだちをどうしたものかと思うが、何故か弟のちびすけにはインストールがされている。

インストール先を間違えたのかと思ったが、そうじゃない。

お気ラク兄ちゃんは、出かける時に雨がふっていればもちろんカサをさしていく。
「かさ!かさ!オレのかさ!どこ!くそっ!どこだー!遅れるー!」と玄関でひととおり騒いでからあたふたと出かけていくがく〜(落胆した顔)
くそっ!は余計だし、それほど広い玄関じゃないしっ!

また、雨が降っていなければ、その時にどんなに降りそうでもカサを持っていく事は思いつかない。
それと、この件に関しての特記事項としては、兄ちゃんは玄関のドアを開けて初めて、あー、雨がふっているのか!と気づくふらふら

一方ちびすけは、出かける前には自分で空を見上げ、天気を心配してちゃんと折りたたみの傘をかばんに入れる。
いつだったか、ちゃんと用意してえらいねとほめたら、「いつもいつも兄ちゃんがカサを探して騒いでいてかっこ悪いから、オレはいつも考えて用意しておくんだ」と小さな声で教えてくれた。
ただ、そんなかっこいい事を言っているわりには学校に宿題を持っていくのを忘れたりしていることが頻繁にあるのだが!

世間では下のコの方が要領がいいって話をよく聞くけど、それってうちの場合、お気ラク兄ちゃんのおかげもあるって考え方もできる?

余談だけど、反面教師って毛沢東の言葉だったんだね。
不勉強のコダックもどき2号は知らなかった!恥ずかしいなー。
コレコレ→Yahoo辞書反面教師
知ったかぶりしてちびすけに教えようっとわーい(嬉しい顔)

ラベル:中学生 小学生
posted by コダックもどき2号 at 21:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 兄中3 ちび小4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

あなどるなよ、罰金総額と高校受験

何回目かの兄ちゃんの進路希望の調査が行われた。

うちのお気ラク兄ちゃんは第1志望と第2志望の公立高校以外何も考えていない。
見事に公立高校に合格することだけを視野に入れて頑張っているのだと言えばそれまでだが、兄ちゃんに限ってそうじゃない。
ただ、何も考えていないだけなのだ。
高校受験をなめるなよ、あなどるなよと今まで何度も言ってきたのだが、馬耳東風だったようだ。

今日がその調査表の提出期限なのに、朝になってからあたふたしている。
まあ、提出期限に間に合わせようとしているだけましなのだがふらふら

併願校はどこにしよう、何か書かなきゃ。やべー、お母さんどうしよう。やべー遅刻する。早くしてよ。ヤベー。

またどこかの国の故首相の孫である某ミュージシャンみたいにヤベーを連発している。

今頃何を言ってるんじゃとわが子ながらあきれ果てながら、自分が行きたい高校はどこなんだ、学校に行きながら自分で考えろと申し渡して切り捨てて、はいはい行ってらっしゃい、遅刻厳禁だよと玄関から押し出した。
本当にこのお気ラク兄ちゃんには驚かされることが多すぎてコダもどはひっくり返りそうだ。


今日も今日とて、ご飯までに帰ってくればいいんでしょ!と言いながらまた友達の家に遊びに行ってしまった。

「6時だからね、6時!6時に帰ってくるのよ!わかってるね!6時!」と、くどくどと言うコダもどに対して、
「はいはい。わかってますよ。遅れませんよ。6時ね。」
「帰ったらちゃんと勉強するんだからねっ。わかってるの?」
「はいはい。わかってますよ。やりますよ。」

へたに反発して長々説教されるのを恐れてか、やかましいハハをとりあえずやりすごす手段なのか、妙に従順で無抵抗だ。
くるか!、激しい反抗!っと構えていたのに、こうなるとこちらも調子は狂うしちょっと気持ち悪い。
慣れというものは恐ろしいものだ。

それにしてもおとといのあの大噴火から3日。
とりあえずは続いているお気ラク兄ちゃんの「ちょっと頑張り」

結局遅刻20分でおこづかいから罰金天引き20円の刑を課せられたが、どこ吹く風って感じの兄ちゃん。
たいした金額じゃないとあなどらないでよ!
勉強の成果も罰金総額もちりつもなんだからね!

posted by コダックもどき2号 at 22:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

今日の兄ちゃん

昨夜の大噴火のあと、内心はヒヤヒヤものだった。

何しろ、兄ちゃんの気持ちを乱さないように、少しでも穏やかに暮らせるようにと、歯に衣着せて注意してきた過去を一蹴してしまうような大噴火をしてしまったからねふらふら

いつもは自分のフトンから転がってきて私にくっついて眠っているちびすけは、夫のフトンにもぐりこんで眠っていたから、わがフトンは冷たい!
足が冷たくてなかなか眠れない間、、まずいことをやっちゃったかなと気に病み考えた。
たまっていたもの全部をぶつけてしまったとはいえ、言葉は選んだつもりだった。
今日から学校いかねー!とか、もう勉強なんてするもんか!とか、そういう最悪のリアクションも想定した。
・・・気がついたら朝だった晴れ

どんな感じで起きてくるかとどきどきしていたら、昨夜のことなど何もなかったかのように、
「お母さん、やべー!おれ今日8時までに学校に行かないと女子たちにころされるーーー。お弁当出来てるー!?」ときたもんだ。お弁当とは、絶対に内緒だが、早弁用の一口お弁当のことである。

合唱コンクールの朝レンを忘れていたらしいふらふら

拍子抜けもいいところだ。
それどころか、めずらしく前日に学校から配布された手紙をちゃんとコダもどに手渡していったがく〜(落胆した顔)
これは、これから雨がふるかなと思ったが、全国的にほとんど晴れの日本列島だったようだ。

気持ちのいい天気のなか冷たいフトンを干しながら、今夜は気持ちよくぐっすり眠れそうだなとほくそえむコダもどだった。

学校から帰宅した兄ちゃんは、「たまっていた提出物、全部だしてきたから」って、ぶっきらぼうだけどどこかはしゃいだ感じでぼそっと言った。

全身でぶつかったから、少しは心に沁みてくれたのかもしれない。
ほっとした。

昨夜は飲酒更新じゃなかったんだけど、どうにも興奮さめやらないうちだったので、はしたないボキャが頻発して失礼いたしました

今夜は恒例の飲酒更新でした。寒いけれど、今夜のビールはうまかったなー。

ところで、今、コダもどの横で勉強をせずパワプロをやっているバカたれはどちら様??

posted by コダックもどき2号 at 23:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

お気ラクが招く1時間の説教

久々とはいえまたやっちゃいました、大大大噴火もうやだ〜(悲しい顔)
今日の大噴火は本当にすごかったです。
窓が少し開いていたのに、我を忘れて怒り狂っちゃいましたふらふら

ケータイの修理が終わったから受け取りに行くと言って出かけたまま帰ってこない、うちのお気ラク高校受験生の兄ちゃん。
待てど暮らせど帰らない。
みんな夕食も食べ終わった。
お店はもうとっくに閉店しているはずの時間なのに、まだ帰らない。

しびれを切らし心配になってケータイに電話をすると、あはははと笑いながら「なーに?」と電話に出る。
なんなの?このリアクション?! なーにじゃないだろうがっちっ(怒った顔)

でも、そんな感情を押し殺して、大人であるコダもどは努めて冷静にたずねる。
「どうしたの?こんな時間まで。心配しているのよ。どこにいるの?」

「え〜?、○○のうち。あはは。」・・・また笑っている。
このバカたれは空気読めないのか?ちっ(怒った顔) このバカたれは。 この・・・。

ここでコダもどの「冷静」は、はるか宇宙の彼方まで飛んでいってしまった。そして、

・・・・・・・・・・・・・・・・「あははじゃないでしょーーーー!!!勉強もしないで一体何時まで遊んでるのっ!ケータイとりにいっただけでしょうがっ!何で友達の家にいるのよっ!こっちは心配しているのよ!ふざけないでよっ!バカッ!ちっ(怒った顔)

っと、ありったけの感情が噴出してケータイの向こうのバカたれに向かってわめき、ぶちっと電話を切ったふらふら

ぴーぴーぴちゅぴちゅとかわいくさえずっていたうちのインコちゃんたち、とばっちりを恐れてか、途端に黙りこくりコダもどの動静を見守っている。
鉛筆を削るのに余念がなかったちびすけもインコちゃんたちと同様なのか、いつの間にかコダもどの視界から消え失せている。

それから兄ちゃんが帰るまでの時間のはやいことはやいこと!
記録的な速さではあはあ言いながら帰宅したのを逃がさず捕まえて座らせ、もう堪忍袋の緒がきれたわよっ宣言して、とくとくと説教すること1時間。

兄ちゃんも久々にうんと説教されたせいか、途中、反論したり黙秘権を使ったりイヤーな目つきでこちらをちょっとにらんでみたりして反抗してくるが、こちらは

反抗期?そんなの、もうどうだっていい!反抗するならしてごらん!こっちだって反抗しちゃうんだから!
ってコドモみたいなことを言いながら、でも、確固たる態度で臨んだら、結局こちらの気持ちが伝わったようだ。

「今ちゃんと勉強しておかなくて将来困るのは自分なのよ。
夢はどうするの?努力しないで叶う夢なんかないんだから!
友達と一緒に進学したい志望校はどうなるの?
このままじゃだめなのよ!」


一時は志望校をあきらめて1ランク下の高校を目指すと言ったのに、志望校のレベルを下げるのではなく、自分のレベルを上げる、と言ってくれた。(言うだけは簡単だが)

頻繁に同じことを繰り返している我々母子だが、さあ、これからどうなることか。
高校受験まであと・・・、あれ?試験日はいつだ?
1月の後半くらいから・・・かな?・・・。2月の終わり位まで?・・・
おいおい、親ももっとしっかりしてよ!

今日は特別長い愚痴で終わることをお詫び申し上げまする。
おやすみーーー手(パー)

posted by コダックもどき2号 at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 兄中3の反抗と高校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする